本社スタッフブログ

梁からカウンターへ

カテゴリー
2016.06.15

本社工場の箕川です。

 

今回は広和木材ならではの、
木使い(気遣い)のお話しです。

リビング吹き抜けの天井にど~んと見えているのは、
化粧丸太の梁材です。

これは、杉や桧の丸太の乾燥材を使うのですが、
間取りによって、端材が出ることがあります。

短い端材のまま、ベンチや踏み台などにも使えるのですが、
今回、素性の良い桧が出て来ましたので、製材してみました。

以前にも紹介した、ベテラン製材機が働いてくれます。

セッティングして、横割り。

縦割りっ、と。

根張り部分(木の根元)のカーブが、いい味出してます。

太い木が長年、風雪に耐えて来たのが想像できます。

端材3本分で、カウンターがこれだけできました。

しかもほぼ無地!

せっかくなので、一枚。

表面プレーナー仕上げっ、と。

もともと太い桧なので、きれいな赤身と木目が出てきましたよ。

さて、どこで使うかといえば。

例えば神棚。

こんな感じや……

こんなとこだったり……

アイディア次第です。

新築・リフォームに限らず、
DIY等で使いたい方もどうぞ。

工場に展示中です。

お気軽にご相談ください。

pagetop