愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

お問い合わせ・資料請求 2020年新卒会社説明会エントリー

本社スタッフブログ

再登板

2019年4月18日

中津川本社 不動産・保険 今村

昨年6月に、広和の土地をご購入いただいた時に
初めてお会いしたH様。
いよいよお引渡しの日が近付いてきました。
という事で、私の再登板です。

それは火災保険の契約です。
お客様にとって最終打合せになるのでしょうか?

今はお引渡し前なので、広和木材の方で工事の保険に
加入していますが、それも引渡しと同時に切れてしまいます。
という事で、切り替わりと同時にお客様がかける火災保険が
スタートするように手続きをします。

不動産の仕事の時に、敷地内の四葉のクローバーの
ブログをあげさせていただいたので、
保険の仕事でもブログをあげさせていただきました。

なんだか、ちょっと、しんみりしています。
営業さんや監督さんはいつもどんな気持ちなのかな?

A様邸の御引渡しをさせて頂きました!

2019年4月17日

中津川本社 工務 三尾

こんにちは、工務の三尾です!

先日、中津川市でA様邸の御引渡しをさせて頂きました!!
昨年のブログにもあげさせていただきましたが、A様は高校からの友人です!
H様も友人で、A様も友人!同級生が家を建てる年代になってきたんだなと感じました!

A様のこだわりポイントを紹介させていただきます!

外観は、2色の洋瓦を使用し、サッシや外壁をホワイト系に統一した、
南欧風スタイルになっております!

内観は外観同様で、南欧風スタイルになっております。
居住空間は、LDKが1室のスタイルになっております。
キッチン腰壁には、南欧風の雰囲気を出すために、
パインの板を施工させていただき、ホワイトに着色しました!

リビングに隣接して、和室があります!
LDKとはガラッと変わった和テイストな雰囲気になっております。
和室の床高を、リビングより30cm高くして、腰かけれるようになっております。
床高を高くしたことにより、下部には引出収納を完備!お子さんのおもちゃや、
日用品が収納できるようになっております。

2Fには、御主人こだわりの書斎があり、
アメリカンカジュアルをテーマに雰囲気づくりをさせて頂きました!

もう一つのこだわりポイント!それはクロスです!
各部屋いろんなクロスをアクセントに仕上げております!

このクロス使いたいけど勇気が出ない、
かわいいけど使うところがないなど、思ったことはありませんか!?
家のスタイルや、考え方によって異なりますが、収納スペースや通路スペースなど、
居住空間以外に使用していけば、思う存分いろんなクロスを使用できますよ!!

H様同様、友人の家づくりに参加することができ、とてもうれしく思います!!
御引渡しをさせて頂きましたが、これからが長いお付き合いになります!
改めてよろしくお願いいたします!!!

また、近隣の方々には、多大なるご理解とご協力賜りまして、
本当にありがとうございました!

中津川市内で地鎮祭

2019年4月15日

中津川本社 営業 丸山

こんにちは。
営業の丸山です。

先日、中津川市内でH様邸の地鎮祭をさせていただきました。
H様はOB客様です。

またまたご用命いただいて嬉しいです。
天気にも恵まれ、心地よい中の地鎮祭でした。

立派な鯛にするめ、お供え物も沢山有り神様も喜んでいたと思います。

H様には今後、いろいろとお世話になります。
今後の工事に伴い、ご近隣の方々にも大変お世話になります。

これから着工です。

完成まで安全に工事を進めてまいりますので、
皆様よろしくお願いいたします。

H様邸の御引渡しをさせて頂きました!!

2019年4月12日

中津川本社 工務 三尾

こんにちは、工務の三尾です!

寒かったり暑かったり、気温の変化が激しい日々が続きますね。
中津川の桜は、今週が見ごろになってきました!!

先日、中津川市でH様邸の御引渡しをさせて頂きました!!
昨年のブログにもあげさせていただきましたが、
H様は広和木材の棟梁でもあり、私の友人でもあります!

H様のこだわりポイントを紹介させていただきます!

外観は、木材を化粧でだした和モダンな仕上がりになっています。
木造でつくったガレージがあり、駐車はもちろん、
お子さんが屋根下でプールにはいったり、
夏はBBQが出来るなど多目的スペースになっております。

内観は、リビングに入るとまず目に入るのが2本の丸太梁!!
梁の材種は桧なので、天井材も桧を使用しております!

各壁にも桧の板が施工されています!

床材とキッチン前のカウンターにはブラックチェリーを使用してまして、
無垢をふんだんに使った、大工さんの家!って感じの内観になっております!

 

家の中は、木の良い香りがします♪

 

友人の家を担当でき、とてもうれしく思います!!

御引渡しをさせて頂きましたが、これからが長いお付き合いになります!
改めてよろしくお願いいたします!!!

また、近隣の方々には、多大なるご理解とご協力賜りまして、
本当にありがとうございました!

こんにちは!!

2019年4月11日

中津川本社 工場 原

はじめまして!
4月1日から新入社員で入った本社工場
原 大翔(ハラ タイガ)といいます。

年齢  :18歳
誕生日 :2000年 8月19日
血液型 :A
出身  :岐阜県中津川市
出身校 :中津川工業高校
家族  :祖母・父・母・妹2人・弟
新居は広和木材で建ててもらいました!
好きな食べ物:肉まん
苦手な食べ物:酢の物
趣味  :テニス 読書(小説をよく読んでます)
行ってみたい所:沖縄 沖縄の海で釣りをしたいです。

 

4月7日に花見に参加させていただきました。

貝や海老などの海鮮物や色々なお肉を食べさせてもらいました。
とてもおいしかったです!

たくさんの方と話をしまして僕も少しずつ馴染んできて
広和木材の家族として成長できてきたと思います。

参加させていただきありがとうございました!
とても楽しかったです!

まだまだわからないことだらけですが、様々なことを教えてもらい
自分なりに学習して頑張っていきたいと思います。

我が家の桜の木

2019年4月10日

中津川本社 工務 吉田

本社の吉田です。
4月に入り我が家の桜が開花しました。
満開になるにはまだかかりそうです。

頑張り中、我が家の桜の木!

(なかなか良い感じの写真が撮れました。)

改革!

2019年4月9日

中津川本社 営業 藤井

皆さん、こんにちは。
営業の藤井です。

最近、私だけかもしれませんが
少しだけ花粉が落ち着いてきたかなと思う今日この頃です。
ただ天気がよく変わる為、
体調管理には気を付けたいものですね。

さて先日の4月1日は、新たな元号「令和」が発表されましたね。
1日の正午前後はドキドキしたのを覚えてます。

まだまだしっくりきていない私ですが、
普段の業務にも関係してきますので早く馴染めるようにしたいと思います。
また、1日には新たに新入社員も加わり、
広和木材としても心機一転改革をしていく年だと思います。

さて先日より、中津川市内にて浴室の改修工事をさせて頂いております。
お施主様より浴室が寒いとのご相談を受け、
サーモタイル貼りの工事の依頼を受けました。
また、電気温水器からエコキュートへの変更工事依頼も受けました。

広和木材へご用命頂き、誠にありがとうございます。

快適に生活が出来るよう、新築以外にもこのような改修工事も承っておりますので、
家の事で何かお悩み等がありましたらいつでもご連絡を頂ければと思います。

安全第一での作業風景です☆

五平餅作り

2019年4月8日

中津川本社 積算 高津

こんにちは!
本社、積算の高津です。

ブログ初投稿させていただきます。

先週のお休みにおばあちゃんの家へ行き、
いとこみんなでお手伝いをして五平餅を作りました。

五平餅といえば、
朝ドラ「半分、青い。」で凄く話題になりましたね♪

おばあちゃんが作る五平餅は昔から、わらじ型です。
わらじ型の五平餅で育ってきた私は、
地域によって形も味も様々ということを大人になるまで知りませんでした。
(何年も前の話です☺笑)

買って食べる五平餅も好きですが、
やっぱりおばあちゃんの手作り味噌の五平餅が一番です♪

中津川市内で解体お祓い

2019年4月5日

中津川本社 営業 丸山

こんにちは。

営業の丸山です。

これから中津川市内にてO様の工事が始まります。
O様との出会いはOB客様からのご紹介でした。

そして先日、O様邸の解体お祓いを行いました。

雪見障子、オサランマ、立派な和室がある日本家屋です。

日本家屋の良いところを残しての増改築工事となります。

解体お祓いは無事に執り行う事ができました。

O様には今後、いろいろとお世話になります。
今後の工事に伴い、ご近隣の方々にも大変お世話になります。

これから着工です。

完成まで安全に工事を進めてまいりますので、
皆様よろしくお願いいたします。

冬に逆戻り

2019年4月4日

中津川本社 製材 今井

こんにちは。
先週は暖かい日が続き、桜の開花情報も聞こえて来ましたが、
4月に入って寒の戻りでしょうか。
朝、散歩に出かけたところ、薄っすら雪化粧した田んぼに氷が張っていました(*_*)

新しい元号も発表され、暖かい春が待ち遠しいですが、もうすぐです。
仕事もプライベートも気持ちを新たにしてがんばりましょう!

原木勉強会 〜陸編〜

2019年4月3日

中津川本社 工務 三尾

こんにちは、三尾です。

先日ブログで紹介させていただきました原木勉強会の、
陸で学んだことを紹介させていただきます。

海に浮かんでいる状態の原木を購入した後は、
陸にあげられ製材工場で製材されます。
その製材工場には、たくさんのかなり大きい原木があり、大迫力でした!!!
大きい原木の中に、ウォールナットもあり、
輪切りにしたら良いテーブルが出来そうだなと思いました!!

内装材材は、基本は目がきれいなものを良く使用しますが、
その中でも銘木と呼ばれるものがあります。
銘木は、木の目が複雑になっていてなかなかお目にかかれない希少な物です。
原木の外観から銘木柄の判断をする際は、
言葉では表現しづらいので写真で御紹介しますが、
「ちぢみ」が生じているかをみるそうです。初めて知りました!!!

原木をどのように製材するかは、小口をみて判断します。
小口は、中心から割れていることが多いので、割れにそって製材をします。
中心ではなく目にそって割れている場合は、その割れにそって製材するみたいです!

リフト等で原木を持ち上げたとき、小口の割れからたくさんの海水が出る場合は、
割れが深いと判断するそうです。
深く割れていると、その周辺が腐食していたり、
仕上がる材寸が小さくなったりするそうです。
小口をみる際、目が粗いと早く成長したということになり、節が出やすくなるそうです。
目が詰まっていると、節が出にくく無地が取れることが多い見たいです!

8m以上の原木を巧みにリフトを操り、運搬する作業員の方に感動しました!

常務が原木を割る位置をマーキングしたあと、製材機に搬入します。
その製材機の大きさは、広和にある製材機の2倍くらいありました!
搬入された時に、小口をみて教えて頂いたことがありまして、
マーキングする際に木の「あて」がどれだけあるかも見るそうです。
木の「あて」とは、斜面や育つ環境によって傾いた木や曲がった木にに良く出る部分で、
仕上げ材で使用したとき、曲がったりそったりする原因になる所です。
「あて」の見分け方は、今も勉強中であります!

どんな木の目が出るかは、割ってからのお楽しみだそうです♪

もう一つ学んだことを紹介します。
家を建てる際、良く「KD材」という言葉を耳にすることがあると思います。
乾燥している材の意味なのですが、「KD」は何の略か知っていますか?
僕は知りませんでした!!
「KD」は、Kiln Driedの略で、Kiln→窯、Dried→乾燥=窯で乾燥させた状態という意味です!
普段何気なく使っている言葉でも、
まだまだ知らないことがたくさんあるなと実感しました!

たくさん学んだことはありますが、まだ勉強中なのでまた紹介します!

今回購入した原木が本社に到着しました!!!
これから製材をし、乾燥させてからお客様の御家の一部となります!

以上が、僕が学んだ原木勉強会の紹介になります♪

原木勉強会 〜海編〜

2019年4月2日

中津川本社 工務 三尾

こんにちは、三尾です

広和木材は、材木の製材もやっているので、今回原木を2本購入したということで、
名古屋港へ原木の勉強に行ってきました。

知って見える方が多いと思いますが、原木の意味は、
山に生えている木を切りだした丸太のありのままの状態のことを言います。

市場に出回る原木の種類として、内装材に良く使用する「米栂(英語でヘムロック)」、
ウッドデッキ材に良く使用する「米ヒバ(英語でイエローシダー)」、
外装材に使用する「米杉(英語でレッドシダー)」、
構造材に良く使用する「米松(英語でダグラスファー)」、
内装下地材に使用する「スプルス(英語も同じ)」が多いそうです。

港で扱っているのは、輸入材が多いみたいです。
この中で、購入した材料は、内装材に良く使用する「米栂」になります。

原木の上等品の見分け方として、いろいろ教えて頂いたことを紹介します。

木は、どの樹種もそうですが紫外線が一番の天敵です。
なので、港に到着すると海へ沈めるそうです。
海に沈めることで腐食を防ぐ・紫外線から守る役割をしてくれます。

海に搬送する際、大きい船を使用するのかと思ったら、
軽自動車くらいの船で、原木を何本も搬送しているそうです!
海に浮いている原木の上を渡りながら、購入したい原木を見て回ります。

その時に、海に浮いている原木を足で回したとき、
きれいに回る原木は形も整っていて素性が良いといわれているそうです!
また、海に沈んでる側は節が出やすいみたいです。
実際海に浮いている原木の上を歩きましたが、
けっこう揺れるので、海に落ちないか少しビビりました(笑)

原木にもランクがありまして、
米栂の場合は、1番はHH、2番目はH、3番目はH°で表示されます。

HHの1番良いグレードでも、海に浮いている原木はたくさんあります。
その中から素性の良い材を手に入れるのは、
とても難しく奥が深そうでまだまだ勉強が必要だと思いました。

原木の勉強で、まだまだたくさん知らないこと・学ぶことがあると思いますが、
今回は海で学んだことを御紹介させていただきました!

次回は、陸編で原木の製材の仕方を紹介したいと思います!