本社スタッフブログ

輸入材です しかし…

2015.11.17

こんにちは。

広和木材が、標準仕様としている天井・壁等の下地材。

ドーブチ・タルキと呼んでいる材です。

樹種はホワイトスプルス。

マツ科の常緑樹で、産地はヨーロッパやロシア等です。

多くの木材メーカーは、産地で製材、梱包し、輸入され、そのまま現場へ運ばれて行きます。

出来上がってしまえば見えなくなってしまうのですが

構造材と仕上材をつなげる、大事な所。

品質にばらつきがあっては、良い仕上がりが得られません。

そこで広和木材の場合、国内加工品を使用しています。

先日、普段お世話になっている木材メーカーさんに、加工機械を見せていただきました。

この日加工していた米松も、外壁やバルコニーの下地として使用しています。

輸入した巾広の板を、加工、検品、梱包。

熟練の職人さんが作るJAS製品ですので、品質が安定しています。

ここから広和木材まで、直接運ばれて来ます。

同じ木材でも、何でも良いわけではありません。

たとえば

海外製品を購入する際の、正規輸入品と並行輸入品の違いみたいな感じでしょうか。

見えない所にもこだわっていますよ。

帰り道でみかけた蟹江町の看板。

かに丸くんだそうです。

pagetop