愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  その他豆知識 , 豆知識  >  憧れの「平屋住まい」! 気になる魅力とそのメリットとは?

家づくり豆知識

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

憧れの「平屋住まい」! 気になる魅力とそのメリットとは?

広い土地が必要になりますが、地続き上ですべての家事ができ、
年を取った時もしくは親の介護が必要になった時にも
バリアフリー環境が作りやすくなり、
生活が便利になるのが平屋暮らし。

最近では若い夫婦たちからの注目を浴び、
人気が出てきている平屋ですが、
具体的にはどんな魅力やメリットがあるのでしょうか?

気になる「平屋」暮らしについて、ご紹介いたします。

 

 

家事がスムーズ!

 

平屋建て住宅のなんといっても一番のメリットといえば、
家事動線がスムーズになることです。

例えば重い洗濯ものを持ってバルコニーのある二階に
上る必要もなくなれば、物を運ぶため両手がふさがっている時に、
扉を開けたり閉めたりして狭い廊下を通って……というような、
動線を邪魔する障害物が平屋建ての場合は少なくなるからです。

二階建ての場合、階段スペースや
そこにつながる廊下スペースを作らなくてはなりませんが、
平屋の場合にはこの階段や廊下スペースがなくなり、
部屋の間仕切りも少なくなるため、
廊下を通って各部屋へ移動しなければならなかったところが
部屋から部屋への移動だけで済むように。

たくさん買い物をした時に重い荷物をパントリーへ運ぶのも、
たくさんの洗濯ものを物干し場へ運ぶのも、
また重たい布団を運ぶのも平屋ならスムーズです。

自分が一番家事しやすい間取りと空間づくりができるのが、
平屋の最大のメリットと言えるでしょう。

 

介護が必要になってもリフォームがいらない!

 

平屋は階段がないのはもちろん、
よりスペースを効率良く広く使うために個室間の移動に使う
「廊下のない間取り」が選ばれることが多い住宅です。

そのため個室間の移動は主に
リビングダイニングスペースを通ることが多く、
狭い廊下を通る必要がないため介護が必要になった時にも通路に幅がとれ、
移動がしやすくなるというメリットがあります。

また家事も地続き上ですべてこなせるため、
家事をしながら介護をしながらの生活もしやすくなるというメリットが。

さらに廊下がない分間仕切りや扉が少なくなるため、
室内の見通しが良く、家族が今何をしているかや
どんな状態かを見通せるというメリットも。

介護中は家族から目が離せなくなることが多く
自由が利きにくくなるため、
この見通しの良さは家族のためだけでなく、
介護する方にとってもうれしいメリットではないでしょうか。

将来自分が年を取った時に困ることにも対応でき、
さらにご家族の体調に不安が出てきた時にも
対応しやすくなるのが「平屋」なのです。

 

廊下や階段スペースを有効利用でき、部屋が広くなる!

 

廊下や階段のためにとられる必要なスペースを省略でき、
その分のスペースを居室として有効活用できるのが平屋のメリットです。

廊下や階段がなくなると、
そこに向かうための間仕切りや扉が必要なくなるため、
空調が効きにくく家自体の断熱性能を高める必要はありますが、
その分風通しの良さや光の入りやすさがあり家全体に開放感が漂います。

この開放感が平屋の室内をより広く感じさせてくれるため、
狭い床面積の平屋でも気持ちよくゆったりと暮らすことができます。

また平屋の場合、日の当たりやすさやプライバシーを確保するため、
一般的に家を建てるのに必要な敷地面積を広く確保するのが通例です。

そのため庭やバルコニーなども広く作られることが多く、
大きな空や外に広がる空間を窓から眺めることで
より室内が広々と感じられるのです。

実際の床面積以上の開放感と広々とした空間を感じられるのも、
平屋ならではです。

 

平屋は災害に耐えられる?

 

最後に一番心配な面としては、平屋が災害に耐えられる建物なのか
どうかということではないかと思います。

どんな住居に関しても言えることですが、
平屋にも耐えられる災害と耐えられない災害とがあります。

例えば平屋は二階がないため、
水害で床上浸水が懸念されるような場所にはあまり向いていない建物です。

また地震の場合は平屋も二階建てでも地盤の固さや建物の構造や広さ、
使う資材の関係でどちらも耐震性においては一長一短あり、
一概に平屋だから地震に強いと言えないケースも。

ただし台風のような強風が懸念される地域では、
建物自体が低いため風の影響を受けにくくなります。

また地震が起きた時に「素早く外に避難できる」という意味では、
平屋の方がメリットが多いと言えます。

ご家族が安心して住める家を造るなら、
ぜひ建てる場所の自然災害の傾向、地盤の良さ、
平屋そのものの耐震性や耐災害性などを専門家に話を聞き、
考慮した上で平屋を選んでいただくと
より安心して住んでいただけるのではないでしょうか。

普段のライフスタイルから感じる不便さや困りごとを解消し、
より快適に、より便利に暮らせるのが平屋住宅の最大のメリットです。

敷地面積が多く必要とされることが多く、
また建物の形状からどこにでも建てられる住宅ではありませんが、
もしも条件が合う土地が見つかれば、
限りなく「ぜいたくな暮らし」を実現することができます。

また平屋は敷地面積を広く必要とする分、
窓から入る光や庭の緑をより多く楽しめ、
自然との一体感が楽しめる住宅です。

平屋を建てるのは難しそう……と考えず、
ぜひまずはプロに相談してみましょう!

意外と手の届くところに「憧れの平屋生活」が
待っているかもしれません。

壁材について

構造材について

自然素材について

床材について

木について

その他豆知識