広和木材の家づくり

工法・構造について木造軸組工法(在来工法)

広和木材の家は木造軸組工法
(在来工法)

木造軸組工法(在来工法)とは家づくりで色区一般的に採用されている工法で、四季のある日本の風土い順応する様、先人たちの知恵が詰まった伝統的な工法です。

木造軸組工法のメリット

間取り、プランニングの自由度がとても高い

木造軸組工法(在来工法)は柱と梁を組み合わせて造る大変シンプルな構造です。その為設計の自由度が高く、様々なご要望に応じた間取り・レイアウトを実現可能です。
和風建築からシンプル・モダンなスタイルなど様々な意匠で設計可能です。さらに狭い敷地や変形した敷地、傾斜地や道路条件に制約がある敷地にも柔軟に対応できるため、限られた土地の広さをしっかりと活用できるメリットがあります。
また、子供の成長や家族の変化にあわせた間取りの変更・リフォーム・増改築が容易にできる事もポイントです。

エコで健康面にも配慮した工法

広和木材の木造軸組工法(在来工法)は地元産の東濃桧をはじめとした、材木屋だからこその目を活かし厳選した木材を使用します。
地元材や国産材を極力使う努力をする事で運搬にかかるエネルギーを削減したり、優良な木を育て地球温暖化対策にも優れた森林の整備に貢献します。
もちろん、ホルムアルデヒドやシックハウス症候群、アレルギー等の健康面にも十分配慮しながら設計・施工するため家族の健康面にも配慮した住宅を実現します。
これからの時代に求められた住宅といえるでしょう。

ジメジメとした日本の気候・風土に最も適している

ご存知の通り日本には四季があり湿度が高い気候・風土という特徴があります。
木造軸組工法(在来工法)は木材が湿度を調整し、身体に優しい空間を実現してくれます。日本人の生活スタイルに最も適した工法といえるのです。
最近では気密性も考慮され冬暖かい木造軸組工法(在来工法)も一般的です。

木造は地震に弱い...そんなことはありません

地震大国、日本。阪神淡路大震災をはじめ多くの地震災害を体験し、耐震対策は常に必須の条件となってきました。多くのデータ分析から大幅な法改正が行われ、木造軸組工法(在来工法)の耐震性は日々進化しています。木造軸組工法(在来工法)は地震に弱いというのは一昔前の考え方です。
現在も多くの木造軸組工法(在来工法)で建築された歴史的建造物はが残っています。腐ってしまわない様にしっかりとメンテナンスをしてすれば、100年・200年先でも木は強く美しく家を支えてくれます。

広和木材の家づくりの骨格

広和木材の家は様々な設計に対応(オプション)

税制優遇、構造から設備に至るご要望まで、様々な仕様に設計段階から柔軟に対応致します。

上記は一例です。その他にもお客様のご要望に応じたオプションをご用意しております。
お気軽にご相談ください。

pagetop