家づくり豆知識

家づくり豆知識家のこと、木のこと、素材のこと

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

木の住まい

高温多湿な国、日本。
その特有な気候にもっとも適した住まいは木の家です。
たとえば調湿効果であったり、肌ざわりや温かさであったり、香りであったり。
木の家に住むということは日本の文化。
木の力は人と住まいを優しく守ります。

  • ヒノキ

    材質が綿密で、心材は淡紅色、辺材は白色、加工性に優れる。シロアリや腐朽菌に対する耐久性が高く、 古くから
    家屋や神社仏閣などの建築用材として利用されています。
    また、ヒノキの香りには鎮静作用があり、日本人の生活にもっとも密着した木材の香りの一つです。

  • スギ

    古くから造林され、木目の美しい、日本固有のなじみの深い木材です。
    心材はアカミと呼ばれ、桃色から濃赤褐色までかなり幅があり、黒に近いものもあります。辺材はシラタと呼ばれ、ほとんど白色です。十分乾燥させたスギは、やわらかで温かく、構造材はもちろん造作材としても多く使われてきました。

  • ヒバ

    心材は淡黄色、辺材は黄白色で独特の香りがあり 他の木材に比べ、シロアリや腐朽菌への耐久性が最も高く、その成分は抗菌剤としても利用されています。輸入材であるベイヒバは同じヒノキ材ですが、樹種は違い香りも違います。
    心材は鮮やかな黄色、辺材は黄白色で、国内ヒバと同じように高い耐久性、抗菌性があります。

  • マツ

    国内のマツは数種類ありますが、代表的なものとしてクロマッとアカマツがあります。
    クロマツは海辺、 アカマツは内陸に多くみられ、心材は淡桃色から赤褐色と幅があり、辺材は黄白色です。強度があるので梁材によく使われます。輸入材であるベイマツは、北米 大陸に分布し、同じマツ科ですが樹種は違います。強度も高く大径で長い材なので、近年、梁材としてベイマツが多く使用されています。

  • ツガ

    心材・辺材ともに淡黄色で、針葉樹の中では堅木で年輪幅が狭く、重い。
    近年、 一般住宅に使われるのは輸入材のベイツガで北米大陸に分布し、安定した量が日本に輸入されています。
    性質は国産ツガに似ています。心材と辺材の色の差は少なく、白色、黄白色、 淡褐色とやや幅があります。

pagetop