家づくり豆知識

家づくり豆知識家のこと、木のこと、素材のこと

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

「元材木屋」が建てる家とは? 東濃ひのきの魅力も紹介

家族の生活スタイルの変化に対応するため、
そして理想の生活スタイルを手に入れるため、
注文住宅の購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

家づくりは、一生の間にそう何度も経験できるものではありません。
「失敗するのは避けたい!」と思えば思うほど、
「どこの工務店・メーカーに頼めば良いのだろう」と悩んでしまうものですよね。

広和木材は、愛知県小牧市から岐阜県中津川市のエリアにて、
多数の注文住宅を請け負ってきた工務店です。
今回は、そんな私共、広和木材の「強み」について、紹介します。

東濃ひのきをご存知ですか?

広和木材のこだわりの一つといえば、「東濃ひのき」です。
私共、広和木材が営業を行う岐阜県東濃地方は、
実は良質な「桧」を産出できるエリアとしても知られています。

このエリアの気候は、桧の生育にも適したもので、非常に美しい桧を育ててくれます。
整った木目や人を爽やかな気持ちにさせてくれる香り、そして美しい色合いは、
こだわりの注文住宅を作りたいと思ったときにも、
ピッタリの木材だと言えるでしょう。

さて、この「東濃ひのき」ですが、東濃地方で昔から生活している方の中にも
「知らない」「初めて聞いた」とおっしゃる方が少なくありません。
東濃地方を地元とする方々にとって、
豊かな森林や切り出された木材は「日常の風景の一部」なのでしょう。
よって、特別な存在として意識することも少ないのかもしれませんね。

「東濃ひのき」という地域ブランドが立ち上げられたのは、平成3年のことでした。
以降30年近くが経過した今、全国的にもその認知度が徐々に広まってきています。

私共広和木材では、「地元の優れた木材」として、
この「東濃ひのき」を積極的に活用した家づくりも行っています。
東濃ひのきを使った家では、
ひのき特有の豊かな香りを存分に楽しむことができます。

リラックス効果も高いと言われるひのきの家、
ぜひ広和木材で体感してみてくださいね。

元「材木屋」の経験値があるからこその、ご提案を

現在では多くの注文住宅を手掛ける広和木材ですが、
もともとは「材木屋」としてスタートを切った会社です。

周辺の森林から木材を切り出し、加工して売却するのが材木屋の仕事。
そしてそれをこなすためには、さまざまな樹種に関して
適切な知識と技術を身につける必要があります。

この知識と技術は、
現在の「無垢の木をふんだんに使った注文住宅づくり」にも
生かされているのです。

無垢材に対して、「体に良い」「見た目がオシャレ」など、
ポジティブなイメージを抱く方は少なくありません。
しかし無垢材には、集成材と比較して以下のような注意点も存在しています。

・扱いづらい
・性質が一定ではない
・割れや反りなどのトラブルが発生する可能性がある

もちろんこれらの注意点は、それぞれの材木の特徴をきちんと把握し、
適切に扱うことでクリアできるものばかりです。
しかし「無垢の家づくり」をオススメしている住宅メーカーの中には、
こうした知識・技術を持たないままで、
家づくりを進めてしまうケースも存在しているのです。

広和木材では、材木に関する知識を豊富に持ち合わせており、
それらをきちんと、お客様にもお伝えすることを大切にしています。
無垢材のメリットもデメリットも知っていただいた上で、
デメリットを最小限にする方法で施工を行う、というわけですね。

もちろん無垢の家づくりにおいては、
建築後のメンテナンスも重要なポイントとなります。
広和木材では、こちらにも重点をおいて営業を行っています。

また広和木材には、「元材木屋」らしく、自社製材工場が備わっています。
国産の無垢材といえば、高級木材であるケースも多いもの。
しかし自社製材工場を活用して中間マージンをカットすることで、
低価格を実現しています。

高品質の木材を使ったこだわりの家づくりを、
手が届く価格帯でお届けできる点も、
「元材木屋」の広和木材ならではの特徴だと言えます。

地域密着型の経営で、「家族の家」を建てる気持ちで頑張っています!

愛知県小牧市から岐阜県中津川市にかけてのエリアで、
注文住宅を手掛けている広和木材。
大手ハウスメーカーや大規模な工務店のように、
全国から多数の依頼を受けるわけではありません。

しかしその分、地域密着型で
「お客様にとって身近な立場の工務店」として、活動しています。

家づくりは、家族にとって非常に重要なイベントとなります。
「人生でそう何度もあることではないからこそ、力が入る」というのも、
当然のことですよね。

しかし会社としての規模が大きくなり、担当する軒数が多くなると、
施主様御家族とスタッフの間に気持ちのギャップが
生まれてしまうケースが少なくありません。

広和木材のモットーは、
「御家族の一員になったつもりで、家づくりに携わる」ということです。
お客様の夢が詰まった、心地よい空間を実現するため、全力を注ぎ頑張っています。

まとめ

材木屋からスタートした広和木材にとって、
「無垢材」は会社の根幹を担う重要な存在です。
長い経験の中で確かな知識と技術を身につけて来たからこそ、
自信を持って「無垢の家づくり」にも取り組んでいます。

注文住宅づくりでは、「まず何から始めれば良いのかわからない」と
おっしゃるお客様も少なくありません。

初めての家づくりでは、それは当たり前のことで、何も恥ずかしいことはありません。
ぜひ「家族」のもとを訪ねるような気持ちで、広和木材を訪れてみてくださいね。

pagetop