愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

お問い合わせ・資料請求

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  設備について , 豆知識  >  無垢フローリングとの相性も抜群の「床下エアコン」とは?

家づくり豆知識

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

無垢フローリングとの相性も抜群の「床下エアコン」とは?

新たに注文住宅を建築するにあたって、
どのような暖房システムを導入するのかで、悩む方も多いことでしょう。

近年は、経済性や環境への負荷、また家族の生活スタイルに合わせて、
多種多様な手法の中からピッタリなものを選択できるようになってきています。

中でも注目が高まっているのが「床下エアコン」です。

床下エアコンとはどのような暖房システムでどんな特徴を持っているのでしょうか。
メリット・デメリットを含めて、導入を検討する際に気になるポイントを紹介します。

 

 

床下エアコンとは?

 

床下エアコンとは、近年注目されている暖房方法の一つで、
その名前のとおり「床下に仕込んだエアコンを使って、部屋全体を温める」
というシステムとなります。

電気を使って温かい風を送り出すエアコンは、環境への負荷も少なく、
またそこで暮らす家族の健康にとっても優しい暖房器具だと言われています。

しかし残念ながらエアコンにもデメリットはあり、
「温かい空気は上の方へと逃げてしまいやすい」という点です。

家族の生活の邪魔にならないよう、
部屋の壁の天井近くに設置されたエアコンで部屋全体を温めようとするのは、
非常に効率が悪いというわけですね。

天井付近はとても暖かいのに、
足元がヒンヤリと冷えている……なんて感じた経験がある方も多いことでしょう。

さて、床下エアコンはこうしたデメリットを最小限にした暖房方法となります。

温かい空気を床下から部屋へと送り出すことで、
空気の流れを利用しながら部屋全体を素早く暖めることができます。

エアコンの風が直接当たらなくても、空間全体の温もりを感じられますから、
非常に快適に生活できることでしょう。

床下エアコンで暖房効率をアップさせることで、
決して性能が高いわけではないエアコンであっても、
「無理なく家中を温める」なんてことも可能となります。

 

床下エアコンはこんな人にオススメ!

 

このような特徴を持つ床下エアコンですが、
具体的には以下のような特徴を持つ方々にオススメです。

・できるだけランニングコストを安く、しかも快適な暖房器具を採用したい
・壁に目立つエアコンを設置するのが嫌だ
・床暖房を使いたいが、無垢フローリングを諦められない

床下エアコンで使うのは、あくまでも一般的に市販されているエアコンです。

暖房器具に多額の費用をかける必要はありませんし、
近年のエアコンはリーズナブルでも非常に高性能です。

今後、生活していく際に発生するランニングコストも抑えることができるでしょう。

室内のインテリアも、無垢材などを用いてこだわって仕上げたい方にとって、
エアコンが持つ無機質な雰囲気は、頭を悩ませる原因となるでしょう。

床下エアコンであれば、エアコン本体は床下に隠れてしまいますから、
見た目の問題もクリアできます。

最後に、近年非常に増えているのが、
注文住宅に無垢フローリングを採用したい!と願うお客さまです。

自然の温もりを感じられる無垢フローリングは、デザイン性も高く、
非常にオススメの床材ですが、
残念ながら「床暖房との相性が良くない」という特徴があります。

同じ「床下から温める」という暖房形式であっても、
床下エアコンであれば床材を選ぶことはありません。

無垢フローリングでも安心して導入できます。

 

床下エアコン導入で、覚えておきたい注意点

 

家の暖房システムについて検討する際に、
床下エアコンには多数のメリットがあります。
しかし実際に注文住宅に導入するためには、いくつかの注意点もあります。

・基礎断熱をする必要がある
・家を高気密高断熱化する必要がある
・吹き出し口など、温かい空気を送り出すための出口を作る必要がある

現在の一般的な住宅の場合、
断熱されているのは「基礎の上の床下から」となっています。

このような住宅の場合、いくら床下に温かい空気を送っても、
基礎からそのほとんどが逃げ出してしまうでしょう。

効率の良い暖房方法とは言えなくなってしまいます。

また限られた台数のエアコンで家全体を温めようと思ったときには、
やはり家全体の気密性・断熱性をアップさせる必要もあるでしょう。

最後は、温かい空気をどのように部屋に送り込むのかという工夫となります。

家族が快適に生活できるよう、きちんと計算して設置したいところです。

 

まとめ

 

メリットの多い床下エアコンですが、効率の良い形で注文住宅に導入するためには、
やはり高い知識と技術力が必要となります。

しかしこうした条件さえクリアできれば、
「床材を選ばない快適な暖房方法」として、非常に魅力的な存在だと言えるでしょう。

自然素材を使った注文住宅づくりにこだわる工務店・広和木材においても、
「床下エアコン」は魅力的な存在で、積極的に採用をすすめています。

岐阜県中津川市から愛知県小牧市にかけてのエリアは、
冬の寒さが厳しい地域でもありますから、
ぜひ積極的に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

・やっぱり床暖房の方が快適なのでは?
・床下エアコンと言われても、あまり想像できない

このような不安を抱えている場合には、
ぜひ愛知県の小牧支店にある新しい住宅展示場を訪れてみてください。

こちらの展示場は、実際に床下エアコンを採用した作りとなっており、
その特徴やメリットを直に体感していただける仕様となっています。

自然素材ともうまく調和する暖房システムですから、ぜひ注目してみてくださいね。

設備について

構造材について

壁材について

床材について

自然素材について

木について

その他豆知識