愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

お問い合わせ・資料請求 2020年新卒会社説明会エントリー

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  床材について , 豆知識  >  無垢フローリングで人気が高い樺桜材とは? 木材の特徴とメリットを紹介

家づくり豆知識

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

無垢フローリングで人気が高い樺桜材とは? 木材の特徴とメリットを紹介

無垢フローリングは、自然の風合いや味のある見た目で人気を集めています。

インテリアの一部として、こだわりを持って採用されるお客さまも多く、
樹種別の人気の有無は時代と共に徐々に移り変わってきています。

近年人気が高まってきているのが、樺桜材です。

樺桜材とはどのような特徴を持つ木材で、
なぜ人気が高まっているのでしょうか。

気になるメリット・デメリットについて、
材木店からスタートした工務店・広和木材がお伝えします。

 

 

優しい色合いでインテリアに馴染みやすい樺桜材

 

樺桜材の人気が高まっている理由としては、
ズバリ「見た目が良い」という点が挙げられるかと思います。

せっかくの注文住宅ですから、自分たちらしい個性を演出したい!
と考えるのは当たり前のこと。

住宅の床面を彩ってくれる無垢フローリングは、
そのための一つの要素というわけですね。

無垢フローリングと一言で言っても、
どんな木材を選択するのかによって、見た目の雰囲気は大きく異なってきます。

樺桜材の見た目は、節が少なく、美しい木目と色を楽しめるもの。

パイン材よりも黄色みが少なく、
部屋全体をナチュラルで明るい印象にできるという特徴があります。

樺桜材を無垢フローリングとして採用すれば、
部屋全体を上品な印象にまとめられます。

北欧テイストの家具や鮮やかなアクセントカラーとの相性も抜群で、
部屋のインテリアを積極的に楽しみたい方からも、
非常に人気の木材となっています。

 

樺桜材の特徴とは?

 

では具体的に、樺桜材とはどのような特徴を持つ木材なのでしょうか。
「見た目」以外のポイントも、紹介していきます。

「樺桜」という名前を聞くと、「樺なの? それとも桜なの?」なんて、
疑問を抱く方も少なくありません。

樹種に関する知識があれば、
「樺」と「桜」がそれぞれ全く別物であることはすぐにわかるからです。

「樺桜材」と表記する際には、実際の樹種としては「樺」に当たります。
なぜ「桜」という文字が使われているのかというと、
そこには日本における特殊な事情が関係しています。

日本で樺桜材と呼ばれるものは、ヨーロッパでは「バーチ材」と呼ばれています。
広葉樹の一種である「マカンバ」や「ミズメ」などを原料にして作られています。

この木材が日本に入ってきたときに、
主な使われ方は「桜の代用品として」でした。

バーチ材と桜には、「柔らかさ」や「木材としての様子」など、
多数の共通点があったのですね。

樺桜材の見た目が薄いピンク色をしていることからも、
「桜」という名前が使われることに、抵抗がなかったのでしょう。

「桜と同じように使われる樺材」という意味で、
「樺桜材」という名前が広く浸透していきました。

現在では、単に「桜」と表現した場合でも、
この「樺桜材」を指すほど、人気の木材となっています。

ちなみに、本物の桜から作られた木材は、
樺桜と区別するために「本桜」「真桜」などと表記されています。

広葉樹らしい重厚さと、緻密な肌質を持つ木材で、
上品な雰囲気を作りやすい特性を備えています。

 

樺桜材を活用するメリット

樺桜材を無垢フローリングに活用するメリットは、実にさまざまです。
導入しようかどうか迷ったときには、
ぜひ以下のポイントを参考にしてみてください。

・節が少なく、均一的な見た目を作りやすい
・薄い色で、上品で明るい空間を作ることができる
・耐久性に優れている
・狂いが少ない
・肌ざわりが心地よい

樺桜材を使うメリットとして、
もっとも多く挙げられるのが「見た目」に関するものです。
ナチュラルな風合いの空間を作るためには、
樺桜材だけではなくパイン材も人気。

しかしパイン材ならではの独特の風合いが好きではない方にとっては、
樺桜材が持つ上品さは、何よりのメリットとなるでしょう。

また小さなお子様がいるご家庭では、無垢フローリング特有の「節」が、
独特の模様は「目」みたいに見えて怖い!とおっしゃるケースもあります。
節が少ない樺桜であれば、こうしたご家庭でも採用しやすいでしょう。

また広葉樹から作られる樺桜材は、重厚感があり硬いことでも知られています。
加工するのは難しいものの、耐久性に優れており、
また反り返りや狂いなどのトラブルが生じづらい木材です。
快適な空間を長くキープしていけそうですね。

 

欠点は少ないもののデメリットも……

 

木材にはそれぞれ特徴があり、メリットもあればデメリットもあります。
デメリットも正しく知っておくことで、
間違った使い方をしてしまうリスクも減らせることでしょう。

樺桜材の場合、見た目が優れている割に
デメリットは少ない木材だと言われています。

一点だけ挙げるとすれば、
「きちんとお手入れをしないと傷みやすい」という点でしょう。

こまめにメンテナンスを施すことで劣化を防げますが、
この作業を「面倒だ」と感じる方にとっては、
あまり向いていない木材だと言えるのかもしれませんね。

 

まとめ

 

美しい見た目と使い勝手の良さが魅力の樺桜材は、
無垢フローリングの材料としても非常に人気が高まっています。

もし自宅に採用すれば、美しい見た目と共に爽やかで優しい風合いを
素肌で感じることができるでしょう。
全体的にデメリットが少ない点も、
導入する際のメリットの一つだと言えるのかもしれませんね。

無垢フローリングで失敗しないためには、
各木材に関する正しい知識が必須となります。

岐阜県中津川市から愛知県小牧市にかけてのエリアでは、
私ども広和木材がご相談を承ります。

自然素材をふんだんに使った注文住宅に興味を抱いたら、ぜひご相談ください。

設備について

構造材について

壁材について

床材について

自然素材について

木について

その他豆知識