愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

お問い合わせ・資料請求

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  自然素材について , 豆知識  >  本当に快適な「無垢の家」を作るために、「無垢の木」の選び方を知ろう

家づくり豆知識

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

本当に快適な「無垢の家」を作るために、「無垢の木」の選び方を知ろう

注文住宅を建築する際には、自分たちのこだわりを詰め込みたい!と思うもの。
近年では、自然素材が持つ素朴で深みのある味わいに魅力を感じ、
「自宅に無垢材を採り入れたい」という方も増えてきています。

とはいえ、自然の素材を住宅に取り入れ、
なおかつ長期間快適に使い続けるためには、
「適材適所の木材選び」をする必要があります。

無垢材にあまり強くない工務店や住宅メーカーに依頼をすると、
失敗してしまうリスクも……。

愛知県小牧市から岐阜県中津川市周辺エリアで、
これから先「無垢材をふんだんに使った家が欲しい!」と思う方に向けて、
無垢材を選ぶ際のポイントについて紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

木材の種類は非常にたくさん!

 

住宅建築に使われる木材には、さまざまな種類があります。
そしてそれぞれの木材が、多種多様な特徴を持っているのです。

長く使い続ける住宅に無垢材を使おうと思ったときには、
これらの性質にまで目を向けて、
その場所に合わせて最適な木材を選ぶ必要があるでしょう。

以下は、日本の住宅建築で使われる主な木材と、その特徴です。

【ヒノキ】

日本で古くからつかわれている建材の一つで、高級木材として有名。
神社仏閣に使われるケースも多く、殺菌力や防水性に優れています。

【ヒバ】

シロアリや菌に強いという特性を持ち、住宅の土台や柱にも最適な木材。

【スギ】

日本で手に入れやすい木材で、比較的安価。
柔らかい木で肌ざわりが良く、構造材としても造作材としても使われています。
無垢フローリングにも人気の種類です。

【クリ】

非常に硬く、耐久性と耐水性、防虫性に優れている木材で、
住宅の中の造作材として広く使われています。
「非常に強い」という特徴があるため、住宅の土台に使われるケースもあります。

【ウォールナット】

美しい木目が特徴的な、高級木材の一つ。
非常に硬く、加工が難しいという特徴を持つ反面、
狂いが生じにくいので住宅建築にも向いています。

【ケヤキ】

ヒノキと並ぶ高級木材として知られるケヤキ。
非常に硬く、耐久性にも優れているため、
家の中でも特に重要な「大黒柱」にも使われています。
硬くて扱いにくい分、職人の腕が重要なポイントとなります。

このほかにも、海外から輸入される木材を合わせると、
非常に多くの種類が存在しています。
単純に「無垢材ならなんでもいい!」と考えていると、
耐久性が必要な部分にも関わらず、弱い木材が使われてしまうことも……。

安心して生活できる無垢の家を手に入れたいと思ったら、
どこにどんな木材が使われていて、それらがどういった特徴を持つ無垢材なのか、
しっかりと確認するようにしましょう。

もちろん、使っている木材に対して絶対の自信を持っている工務店やメーカーでは、

・どこにどのような木材を使っているのか
・なぜその木材が使われているのか

などの項目をしっかりと説明してくれるはず。
こうしたポイントも、家づくりに取り組む際の参考にしてみると良いでしょう。

 

予算と目的、そして雰囲気が重要

 

集成材と比較すると「高い」というイメージもある無垢材ですが、
木材の種類によって価格にはかなりの差があります。

同じ「無垢の家」でも、予算に合わせてどんな家づくりをするのか、
細かな調整が可能というわけですね。

無垢の注文住宅を検討し始めたら、
まずは「目的」と「予算」について検討しましょう。

土台や柱など、家の構造にあたる部分に無垢材を使うのであれば、
「耐久性の高さ」や「強さ」が非常に重要なポイントとなります。

一方で、室内のフローリングを無垢で仕上げたい!というときには、
木材の質感や硬さと共に、デザイン性が非常に重要なポイントとなるでしょう。

木材にはそれぞれ「味」があり、同じものは2つとして存在しません。
色や木目、そして経年変化など、デザイン面で選ぶ際のポイントも多々ありますから、
ぜひじっくりと検討してみてくださいね。

 

無垢材にもデメリットはあるからこそ、「プロの目」が必要

 

人や環境に優しく、メリットが多いと言われる無垢材ですが、
実はデメリットも存在しています。
具体的には以下のようなポイントが、無垢材を採り入れる際のデメリットとなります。

・反りや割れのトラブルが起きやすい
・隙間が生じることもある
・年月と共に、床鳴りやきしみが出ることもある

無垢材は集成材のように、均一な性質を持つものではありません。
湿気を吸ったり吐いたりすることで、微妙にその大きさや形を変えています。

住宅とは、何十年もの間住み続けていくものですから、
途中でトラブルが起きる可能性もあるのですね。

特に無垢材のデメリットを無視したまま話を進めてしまうと、
後々大きな問題になってしまうことも……。

無垢材のデメリットを最小限にするために、
絶対に必要なのが「無垢材に対する確かな知識」です。

自然のものだからこそ、徐々に変化していく無垢材。
きちんと調節して快適に住み続けていくためには、プロのサポートが必須です。

木材を選ぶ際には、それを扱う人についても確認しておくと安心です。

 

プロのアドバイスのもと、自分で選んでみませんか?

 

株式会社広和木材は、もともと材木屋からスタートした会社です。

もともと「木」を扱ってきた会社だからこそ、
「無垢材」に対する知識はピカイチで、
家づくりに適した木材を数多く取り揃えています。

理想の住まいを手に入れるためには、
木材の「質」や「種類」はもちろんのこと、
お客さま一人一人が愛着を持てることが大切です。

そのために広和木材では、製材工場を併設している中津川本社にて、
お客さまご自身にも「木材選定」にも関わっていただいております。

家づくりのプロと一緒にさまざまな木材を見比べながら、
自分の家に使う材料を決定していきます。

「木のことはよくわからない……」なんて不安を感じるときには、
製材や工務に関わるスタッフがアドバイスをすることも可能です。

家の中のカウンターやちょっとした場所など、
「自分たちらしさ」を出すためのポイントになるでしょう。

設備について

構造材について

壁材について

床材について

自然素材について

木について

その他豆知識