愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

お問い合わせ・資料請求

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  自然素材について , 豆知識  >  無垢材の魅力を徹底紹介! 各種無垢材の基礎知識

家づくり豆知識

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

無垢材の魅力を徹底紹介! 各種無垢材の基礎知識

近年の家づくりにおいて「自然素材」や「体に優しい家」
というキーワードを意識する方が増えています。

一生に一度の買い物とも言われる、住宅。

手に入れたときには、家族が自然と、心地よく過ごせることが一番です。

そのための方法はさまざまですが、
人気が高いのは「無垢材を使う」ということです。
フローリングや柱に使うと多くのメリットが期待できる無垢材ですが、
種類が多く、選定に迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、住宅建築で人気の高い無垢材について、
名前やその特徴などの基礎知識をお伝えします。

 

 

美しい木目と耐久性の高さが魅力の「オーク」

 

無垢フローリングを検討するときには、
必ずと言って良いほど登場するのが「オーク」です。
その秘密は、オークという木が持つ特徴にあります。

古い時代から、耐久性や耐水性の高さが注目されてきた樹種で、
ウイスキーの樽に使われていたのも、このオークです。

木面の色味も、薄すぎず、濃すぎず、
人気の「北欧インテリア」から「和モダン風」まで、幅広く対応可能です。
美しい木目が特徴の一つで、徐々にその色味を変化させていきます。

またオークは、非常に堅い木材です。
無垢フローリングと言えば、
「ちょっとしたことですぐに傷がついてしまう」
というイメージを抱く方もいるでしょう。

しかしオークの場合には、多少ラフに扱っても大丈夫です。
リビングやダイニングの他、子供部屋などに施工しても、
魅力的な空間に仕上げてくれます。

 

明るい印象に仕上げてくれる「タモ」

 

オーク材と同じように、ナチュラルな風合いを持つ「タモ」は、
色だけではなく、機能的にもナラと似た構造を持つ樹種です。

固さや耐久性も、オークとそれほど変わりがありません。
ただし、オークに特徴的な「虎斑」は、タモ材にはありません。

よって、オークを使ったときよりも、
部屋全体をスッキリとした印象に見せてくれます。

オークと似た特徴を持ちながら、
オークよりも安価に施工できるケースも多いので、近年人気を集めています。

無垢フローリングとして施工すれば、床が主張しない分、
家具やインテリアの魅力を満喫できる空間になるでしょう。

また加工しやすい樹種ということもあり、
家具やカウンターの素材としても用いられます。
キッチンカウンターや作り付けのデスクなどでも、人気の樹種です。

 

和風邸宅にもしっくりくる「チェスナット」

 

「チェスナット」は、日本名で「クリ」と呼ばれます。
食べられる実の方が注目を集めがちですが、
家づくりをする際の材料としても人気の樹種です。

チェスナットの特徴は、非常にはっきりとした木目です。
オークやタモほどではありませんが、固さと強さを持った木材で、
フローリング材としても人気を集めています。

またチェスナットには、「湿度に強い」という特徴もあります。
このため、キッチンや洗面所など、
湿気が多くなりがちな場所でも安心して使うことができます。

古い時代には、家づくりをする際の土台や枕木として活用されていたチェスナット。
湿気に対する強さを、昔の人もちゃんと知っていたのでしょう。

 

柔らかさと肌触りの良さが格別な「スギ」

 

日本家屋の無垢フローリングによく使われるのが「スギ」です。
独特の木目と、柔らかさが最大の特徴です。
色は薄く赤みがかっていて、
使用する木材によっては節が気になってしまうことも。

とはいえ、価格が安いこともあり、
「手ごろに導入できる無垢フローリング」として人気を集めています。

スギは柔らかい木材で、長時間立っていても足が疲れにくいという特徴があります。
長時間立って作業をすることが予想される場所に施工しておくと、
足への負担を最小限にできます。

ただし傷には弱いという特徴があります。
子どもがおもちゃを落としただけでも、すぐに傷がついてしまうでしょう。

「すぐに傷つく」という点が、
スギを導入する際の最大の懸念点だと言えますが、大丈夫です。

無垢フローリングは、いくら傷ついても「汚い」印象になることはありません。
また表面のメンテナンスをすれば、すぐにピカピカの状態を取り戻せます。

 

濃い色味、高級感が漂う「ウォールナット」

 

日本では「クルミ」と呼ばれる「ウォールナット」。
高級感あふれる、深い色味が人気の秘密です。

フローリングとして施工すれば、部屋全体を大人っぽく、
落ち着いた印象に仕上げられるでしょう。
濃い色の床は、モダンテイストからアジアンテイストまで、
幅広いインテリアに対応してくれます。

木材としての特徴は、衝撃に強く、加工しやすいという点が挙げられます。
このため、家具の材料としても人気を集めています。

チーク、マホガニーと並んで世界三大銘木の一つであり、
世界中で非常に人気が高い樹種です。

しかし一方で、人気の高さが仇となり、材料の減少が進んでいます。
状態の良いウォールナット材を手に入れることは大変難しく、
その分価格が高くなってしまいます。

限られた予算の中でもウォールナットを使いたいという場合には、
家の中の限られた場所のみに施工すると良いでしょう。

 

深みのあるツヤと明るい雰囲気が人気の「メープル」

 

楽器に使われることも多いメープルは、
「カエデ」や「もみじ」という名前でも知られる樹種です。

部屋全体を明るい雰囲気にしたいときにオススメの無垢材で、
衝撃に強いという特徴があります。
バスケットなどの、激しい運動が行われるコートのフローリング材として
採用されるケースも多く、強さを求める方にもピッタリだと言えるでしょう。

またメープルは、楽器の素材としてもよく使われています。
年数が経過するごとに、美しいツヤを楽しめるようになるでしょう。
お手入れが手軽なことからも、フローリング材として人気を集めています。

 

構造体にも使われる強さ「ヒノキ」

 

爽やかな香りが特徴的で、高級木材としても知られるヒノキは、
日本人にとってなじみの深い樹種だと言えます。
ヒノキの加工品は、日常的に目にする機会も多いはず。

適度な柔らかさと強さを持っており、
またシロアリなどの害虫に強いという特徴もあることから、
家の構造にも使われています。

土台や柱などに使われた場合は、
見えないところでしっかりと家全体を守ってくれることになります。

フローリングなど目に見える部分に採用すれば、
スッキリとした見た目と爽やかな香りで、
住む人の心を癒してくれることでしょう。

 

まとめ

 

世界にはさまざまな木材があり、同じ「無垢材」でも
それぞれで違った特徴を持っています。

どれもが異なる風合いを持つ無垢材ですから、
「見た目」にこだわるのも良いでしょう。

とはいえ、ほんの少し「木材が持つ特徴」にまで目を向けてみると、
より暮らしやすく、長持ちする家が作れるのではないでしょうか。

設備について

構造材について

壁材について

床材について

自然素材について

木について

その他豆知識