愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

お問い合わせ・資料請求 2020年新卒会社説明会エントリー

家づくり豆知識

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

家づくりでアレルギーの不安を軽減!無垢の木でつくる家の優しさとは?

近年、アレルギーに関する問題を抱える方も増えてきています。

特に子どもは、ぜんそくやアレルギー性鼻炎、
アトピー性皮膚炎など、
本当に幼い時期からアレルギー症状に悩まされてしまうような
ケースも少なくありません。

少しでも健康で快適に過ごしたい!
と思ったときには、体に優しい無垢の木を使った家づくりを
検討してみてはいかがでしょうか。

アレルギーで悩む方に、無垢材の家をつくるメリットをお伝えします。
 

   
室内環境の中で生まれる、三大アレルゲンを自然素材で抑制しよう
  

アレルギーの原因となる物質を、アレルゲンと言います。
どのような物質に対して、どんな反応を示すのかは、
人によって異なるもの。

アレルギーと診断された場合には、
まず自分自身の状況を知ることが大切です。

個人差もありますし、
それぞれの体質によってさまざまな物質がアレルゲンとなる可能性がありますが、
子どものアレルギーについて考えた場合、
ハウスダスト、ダニ、カビの3つが非常に多いとされています。

これらは、私たちの生活環境において、非常に身近にあるもので、
また目で確認するのが難しいという特徴もあります。

気付かない内にアレルゲンを吸い込み、
そしてつらいアレルギー症状を発症してしまう!
なんてケースも少なくありません。

特定の食べ物を除去しなければならない食物アレルギーも大変ですが、
そもそも避けるのが難しいハウスダスト、ダニ、カビアレルギーも大変なもの。

実際に咳や鼻水が続いていて、
風邪かと思っていたらアレルギーと診断されたということもあるのです。

ハウスダスト、ダニ、カビに対するアレルギーの場合、
室内環境をきれいに保つことが大切だとされています。

家族の中にアレルギー持ちの人がいる場合、
掃除や布製品のメンテナンスを、
こまめに頑張る方も少なくありません。

しかし現実的に考えると……
埃やダニをゼロにするのは難しいという実態もあります。
だからこそオススメをしたいのが、
「無垢の木でつくる家」です。

無垢の木には優れた調湿効果が備わっており、
室内の湿度を調整しやすいという特徴があります。

カビの繁殖の原因は、
室内にこもった湿気であるケースも多いもの。
無垢の木であれば、リスクを低減することができるでしょう。

またヒノキの香りには、
ダニやカビの繁殖を抑える効果が期待できるとされています。
良い香りに癒されながら、
アレルゲンの少ない環境を実現できます。

きれいな空気を実現しやすく、
アレルギーに悩む方々にとっても優しい仕様と言えるでしょう。

   
化学物質や有害物質も低減
  

アレルギーに悩まされている方は、
体に入ってくる物質に対して、
敏感に反応してしまう体質と言うこともできます。

とはいえ日常生活において全てのアレルゲンを排除するのは難しいことです。
自分や周囲の工夫によって上手に乗り切っていくのが望ましいものだと言えるでしょう。

快適な生活を実現するためには、
人間の体にとって余計な物は、
できるだけ排除するということがポイントとなります。

少し前に話題となった「シックハウス症候群」
という言葉をご存知ですか?

これは、住宅を作るために使われている建材に含まれている成分が、
人体に影響を与え、不快な症状に悩まされてしまうという症状を指しています。

せっかく手に入れたマイホームが原因で体調を崩してしまうなんて……
精神的なダメージも、非常に大きくなってしまうでしょう。

さて、このシックハウス症候群の原因の一つと言われているのが、
集成材に使われている接着剤です。

木材を組み合わせて作った集成材。
この集成材を作るための接着剤に、
ホルムアルデヒドという物質が含まれていると、
室内空間にそれが放出され、
シックハウス症候群の原因になってしまいます。

もちろん、集成材=シックハウス症候群というわけではなく、
近年では、適切な対策がとられた建材を使う業者も多くなっています。

とはいえ、高いお金を出して購入する家は、
ずっと住み続けていくためのもの。

余計なものは、できる限り排除した方が、
気持ちよく暮らしていけるのではないでしょうか。

   
安心して生活できる環境を手に入れよう
  

アレルギーに悩まされている方にとって、
家の中の環境づくりは非常に重要なポイントとなります。

自分自身の症状やつらさを、
周囲に訴えかけるのが難しい幼い子どもにとっては、
特に大切だと言えるでしょう。

また子どものアレルギー対策のためにと、
日々神経をすり減らすような思いで生活をしているママやパパも少なくありません。

家づくりのタイミングで、アレルギー対策にも考慮した環境を作りあげることで、
家族みんなの生活をサポートできるのかもしれませんね。

無垢の木でつくる家は、
アレルギーに対してメリットが期待できるだけではなく、
快適性や味わい深さといったポイントにおいても優れています。

アレルギーのために何かを犠牲にするのではなく、アレルギー対策をしながら、
自分たちのこだわりを詰め込んだ家を作り上げることができるでしょう。

   
まとめ
  

無垢の木で家を作ろう!と思ったときには、自然素材が持つ特色や、
メリット・デメリットを把握した上で、扱うことが大切です。

そのためには、無垢材に関して豊富な知識と技術、
そして経験を持っている業者に依頼するのがオススメです。

私たち広和木材は、
愛知県小牧市から岐阜県中津川市にかけての地域で、
自然素材をふんだんに使った注文住宅にこだわる工務店です。

「アレルギーでも安心して過ごせる家が欲しい!」
と思ったときには、ぜひお気軽にご相談くださいね。

家づくりは木材選びから!お客様と一緒に家をつくる工務店

家づくりとは、長い人生においても、
そう何度も経験することではありません。

だからこそ特別なイベントだと言えますし、
家づくりのステップが、どのように進んでいくのかわかりにくい
と言うこともできるでしょう。

家族にとって大切なイベントだからこそ、
一つ一つのステップを大切にしたい!
と考えるお客様も多いはずです。

このような思いに応えるため、
またお客様それぞれの気持ちを形にするために、
私たち広和木材では、
他の工務店にはない独自の取り組みを取り入れています。

今回は広和木材の特徴と共に、
私たちが実践しているちょっと変わった
独自の取り組みについてご紹介していきます。
 

   
木材にこだわる広和木材
  

広和木材は、岐阜県中津川市に自社製材工場を持つ工務店です。

初めてお打ち合わせをさせていただくお客様からは、
それっていったいどういうことなの?
なんてご質問を頂くことも多いのですが、
私共は、家づくりで使う木材を自社製材工場にて加工しています。

自社の製材を使うのは当然のことなのでは?
なんて思う方も多いかもしれませんが、
全ての工務店が製材の過程から家づくりを行っているわけではありません。

お客様それぞれの家の詳細を決定したら、
その内容どおりに製材所に注文を出し、
納品された木材を組んで家づくりを行う!
なんてケースの方が、むしろ一般的だと言えるでしょう。

広和木材は、もともと材木屋からスタートした工務店なので、
木材に対しては非常に強いこだわりを持っています。

品質の良い木材をご用意するのはもちろんのこと、
製材加工まで社内で行うことで、
手が届きやすい価格も実現しています。

無垢材なんて、高いんでしょ?
といったイメージを抱く方も多いかと思いますが、
広和木材においては、自然素材をふんだんに使いながらも、
手が届きやすい価格帯の家にこだわっています。

お客様にとっての家づくりは、
人生における非常に大きなイベントの一つです。

家の構造に使われている柱や梁の一本一本にまで愛着を抱いていただけるよう、
努力を重ねています。

   
木材選定で、かけがえのない思い出を
  

さてここからは、広和木材ならではの、
ちょっと変わった取り組みについて紹介していきます。

その取り組みとは、ずばり木材選定です。

お客様の思いがこもった、大切な家づくりだからこそ、
家の中で使う木材を、
お客様ご自身の手で選んでいただきます。

・キッチンカウンター
・造作家具
・スタディスペース

これらのスペースに使う木材は、生活の中で目につきやすいもの。

お客様ご自身の好みに合わせて選択することで、
より一層愛着を持てるようになります。

木材なんて、どれもそんなに変わらないのでは?
なんて思う方もいるかもしれませんが、
実際に工場を訪れていただくと、
そうではないということがおわかりいただけるかと思います。

同じ樹種であっても、色味や木目、節の出方によって、
かなり印象が変わってきます。

とにかく美しいものにこだわって選択する方もいれば、
個性があって愛着のわくものを選択される方もいます。

どれにしようかな?あれもいいし、これもいいねなんて会話を楽しみながら、
実際に目で見て、手で触れながら木材を選択していただくことで、
家づくりの重要なステップの中に、
参加していただきたいと思っております。

選んでいただいた木材が、
実際に家の中に使われているのを見て、
そうそう、これだった!
なんておっしゃるお客様も少なくありません。

家づくりの思い出として、家族と寄り添いながら、
毎日の生活をサポートしてくれることでしょう。

   
無垢の木の選び方のポイントは?
  

広和木材の家づくりにおいて、家の中に使われる木材を、
自分自身で選んでいただくという内容をお伝えすると、
選び方がわからなくて、困る!
なんておっしゃるお客様もいらっしゃいます。

基本的には、お客様の好みに合わせて、
担当スタッフがしっかりとサポートいたしますから、
ご安心くださいね。

好みの雰囲気や用途に合わせて、
ピッタリの木材をご案内いたします。

可能であれば、
無垢の木の選び方のポイントだけでも頭に入れておいていただけると、
木材選びのステップを、
より一層楽しんでいただけるかと思います。

無垢の木を選ぶときには、
ぜひ以下の項目に注目してみてください。

・無垢の木、それぞれが持つ特徴
・色や木目など、無垢の木の風合いや雰囲気
・予算

木は自然に生きているもので、
樹種によってその性質は、驚くほど異なるものです。

たとえばスギは、柔らかくて傷がつきやすい一方で、
素足で踏んだときも優しいという特徴があります。

まずはどこに使用する木材なのかをハッキリさせたうえで、
その用途に合う特徴を持つ木材を選択するのがオススメです。

また家の中の目に付きやすい場所に使う木材は、
見た目の雰囲気も重要なポイント。

どんな雰囲気が好みなのか、
言葉で説明するのが難しいときには、
色や木目など、写真などでお伝えいただいても大丈夫です。

最後に、一言で無垢の木と言っても、
それぞれで価格は異なってくるもの。

無理のない家づくりを進めていくためにも、
予算についても意識しながら、
木材選びを行うのがオススメです。

   
まとめ
  

広和木材は、愛知県小牧市から岐阜県中津川市の地域で、
自然素材をふんだんにつかった注文住宅を、
数多く手がけてきた工務店です。

材木屋からスタートしたこともあり、
家づくりのステップにおいても無垢材を非常に重視しております。

無垢の家に惹かれている!という場合には、
ぜひ私共にご相談ください。

木材一つ一つにこだわりながら、
一緒に家づくりのステップを楽しんでいきましょう!

木に囲まれた家に住みたい!それなら広和木材の注文住宅へ

住宅は、一生に一度の高価な買い物だと言われています。

家族がずっとそこで生活していくことを考えると……
何よりも「落ち着き」を重視したい!と考える方も多いのではないでしょうか。

日本人にとって「ゆったりくつろげる雰囲気」
といえば、「自然の木に囲まれた空間」です。

木に囲まれた家づくりを行うためのコツと共に、
私共広和木材の強みについてご紹介いたします。
 

   
自然の木に囲まれた家って?
  

日本の住宅は、古くから「木」を使って作られてきました。

近年では、鉄骨など、木材以外の材料を使って家を建てるケースも増えてきましたが、
一般の住宅においては、まだまだ木造建築も多く採用されています。

四季があり、そして湿気も多い日本の風土には、昔ながらの木造建築が、
もっとも心地よく、また理にかなっていると言えるでしょう。

さて、そんな木造建築ですが、
「どこに頼んでも同じ」というわけではありません。

同じ木造建築を扱う工務店でも、無垢材をメインに使っているのか、
それとも集成材を積極的に採用しているのかによって、
出来上がりの質や雰囲気は大きく変わってくるものです。

「できれば自然の木に囲まれていたい」と思うときには、
やはり前者を選択した方が良いでしょう。

自然の木に囲まれた、リラックスできる注文住宅づくりを目指すのであれば、
ぜひ以下のような部分において、無垢材を使用してみてください。

・フローリング
・柱や梁などの構造

フローリングは、家族が素足で、じかに触れる場所でもあります。
ここに天然の無垢材を使用することで、非常に大きなメリットがあります。

・冬はほんのり温かく、夏はひんやり冷たくて快適
・適度な柔らかさがあり、足を傷めにくい
・フローリング表面に傷ができても、味になり、また補修もしやすい

冬に冷たい床を嫌がって床暖房を導入する方も多いですが、
無垢フローリングであれば、その必要がないぐらい、
天然の木材ならではの柔らかな雰囲気を感じとれます。

また柱や梁など、家の構造部分にも天然の木材を使用することで、
有害な化学物質が家の中に入り込むのを防いでくれます。

家の構造に関する部分は、
仕上げの段階で外から見えなくなってしまうケースも多いもの。

外から確認できない部分だからこそ、
「余計なリスクを発生しない」という点が、
大きなメリットとなります。

   
自然の木に囲まれた家、デメリットはあるの?
  

自然の木に囲まれた家、ここまでメリットを中心にお伝えしてきましたが、
残念ながらデメリットもあります。

一生に一度の家づくりにおいては、
このデメリットにもしっかりと目を向けて、意思決定することが大切です。

自然の木に囲まれた家づくりをする際に、
もっとも大きなデメリットになりやすいのが、
「良くも悪くも自然のままである」という点です。

集成材は、人間の手が加わっている分、その品質が一定化されています。
安定した材料を使い、安定した家づくりが行いやすいというわけですね。

しかし天然の木材の場合、そういうわけにはいきません。
強い木もあれば弱い木もありますし、時間の経過と共に乾燥が進み、
木材に変化が現れることもあります。

天然の木材を使ってしっかりとした家づくりを行いたい!と思ったときには、
「天然の木材について、きちんとした知識や技術を有していること」が
非常に重要なポイントとなります。

自然の木材の「弱み」は、上手に使うことで「強み」へと変換させられます。

木材の特徴に合わせて、その用途を考え、
しっかりと計算し尽くした上で家づくりを行えば、
非常に快適で、強い家が出来上がります。

価格も品質も一定化しやすい集成材を使った家づくりが
盛んに行われるようになった今、このような
「自然の木材に対する確かな知識や技術」を有している会社は、
非常に数が少なくなってきています。

また材料となる木材が高価なことも含めて、
家づくりが高額になってしまいやすいという点も、
デメリットの一つと言えるでしょう。

   
広和木材の強みとは?
  

自然の木に囲まれた家づくりのメリット・デメリットを紹介したところで、
ぜひ知っておいていただきたいのが、私共「広和木材の魅力」についてです。

広和木材という社名にも表れているとおり、
私共は「元材木屋」です。
つまりもともとは、自然の木を相手にして、
さまざまな加工や出荷を行っていた会社なのです。

当然のことながら、各種木材が持つ特徴はしっかりと心得ておりますし、
技術力も備わっています。

また元材木屋ならではの強みとして、家の原料となる自然木材を、
割安に入手しやすいという点が挙げられます。

質の高い材料を使い、確かな知識と技術で家をくみ上げ、
さらにコスト面でも手が届きやすいというのが、
広和木材の家づくりの特徴と言えます。

岐阜県中津川市から愛知県小牧市にかけてのエリアで
「自然の木に囲まれた家づくりがしたい!」と思ったときには、
ぜひ広和木材にご相談くださいね。

   
まとめ
  

初めて注文住宅の購入を検討し始めたときには、
「いったい何を重視して工務店を選べば良いのだろう」と迷いがちです。

また、もしかしたら「自然の木に囲まれた家の魅力が、よくわからない!」
なんて方もいるのかもしれませんね。

確かに「自然の木に囲まれた空間」の良さは、
実際に体験してみないとわかりにくいポイントでもあります。

広和木材の展示場や完成見学会においては、
自然の木に囲まれた空間の魅力を、
目いっぱい楽しんでいただくことができます。

ぜひご来場ください。

キッチンにこだわりたい!おしゃれなキッチンの特徴とは?

家づくりにおいて、どこを家庭の中心とみなすのかは、
それぞれの家族によって異なるでしょう。

「家族みんなで美味しいものを食べながら、
心温まる時間を過ごしたい!」と思ったときには、
「キッチン」を中心に据え、家づくりを検討してみてはいかがでしょうか。

これまでキッチンに対して、「生活感が出やすく、
できれば隠しておきたい場所」と考えていた方も
多いのではないでしょうか。

しかし近年、そんなキッチンのイメージは大きく変わってきています。

家族みんなが自然に集い、楽しげな声に包まれると共に、
オシャレで洗練されたデザイン性の高いキッチンを作り上げるためには、
どんなポイントにこだわると良いのでしょうか。

愛知県小牧市から岐阜県中津川市にかけて、
多くの注文住宅を手掛けてきた工務店・広和木材がご紹介いたします。

 

   
オシャレキッチンの特徴その1
「広々ワークトップのアイランドキッチン」

  

現代風のオシャレなキッチンと聞いて、
あなたはどんなキッチンを思い浮かべますか?
「家の中心」に据えるのであれば、存在感も抜群の、
アイランドキッチンを選択するのがオススメです。

アイランドキッチンは、これまでの「隠す」イメージから一転して、
「魅せるキッチン」に仕上がっています。

家族や知人が、ごく自然にキッチン周りに集まって、
仲良くみんなで料理できるような……そんなイメージのキッチンなのです。

アイランドキッチンのメリットは、
広々としたワークトップを確保できるという点でもあります。

キッチンに立つメインの人はもちろんのこと、
反対側からでも、料理のお手伝いをすることが可能。

ワークトップに段差がないことで、使い勝手が良く、
なおかつオシャレで洗練された雰囲気に仕上がることでしょう。

アイランドキッチンは、「自宅でみんなを招いてパーティーをしたい!」
「将来的に自宅で料理教室を開催したい!」なんて方々にも人気の仕様です。

オシャレで素敵なキッチンなら、毎日のお料理ももっとはかどりそうですね。

   
オシャレキッチンの特徴その2
「見せる収納でオシャレさと使いやすさを両立」

 

見る人に「オシャレだな!」と思わせるキッチンの特徴その2は、
ずばり「収納」です。

キッチン周りのごちゃごちゃとしたアイテムは、
「できるだけ隠したい!」というのがこれまでの主流でした。

しかしオシャレなキッチンにおいては、
「あえて見せる」スタイルをとるのがオススメです。

キッチンにこだわる方は、料理に使う各種アイテムも、
こだわりを持って選んでいるもの。

「見せる収納」で整理整頓することで、
まるでカフェやレストランの厨房のような、
オシャレな雰囲気を演出できます。

見せる収納であれば、趣味で集めたお皿やカップが、
そのままインテリアになります。

使うときにも、サッと取り出すだけですから、作業効率も良くなります。

「どんなお皿を買おうかな?」なんて、
キッチンが出来上がったあとも自分好みに成長させやすいので、
ぜひ採用してみてはいかがでしょうか。

   
オシャレキッチンの特徴その3
「ダイニングとのつながりにも個性を」

  

オシャレなキッチンに仕上げたい!と思ったときには、
キッチンとダイニングのつながりについて考えてみるのもオススメの方法です。

キッチンと横並びになるようにダイニングスペースを設置すれば、
ただそれだけでも個性的でおしゃれな空間に仕上がるでしょう。

キッチンカウンターをぐんと伸ばして、
そのままダイニングテーブルを兼ねてしまうという方法もオススメです。

天然の木材で作れば、それだけで
「家の顔」となる部分が出来上がるでしょう。

キッチンとダイニングのつながりは、
「ダイニングをどう使いたいのか」という希望によっても、
理想の形が変わってきます。

自分たちにとって使い勝手がよく、
なおかつオシャレなデザインを選択してみると良いでしょう。

   
オシャレキッチンの特徴その4
「素材にこだわって個性を演出」

  

キッチンをオシャレに仕上げたい!と思ったときには、
素材にこだわるのもオススメです。

例えば、自然で素朴なカントリー調の雰囲気に仕上げたいときには、
木材をふんだんに使用するのがオススメです。

注文住宅であれば、こだわりのキッチンを、
一から自分で作り上げることもできます。

木材ならではの優しい雰囲気を前面に打ち出すことで、
「自分の家だけの素敵なキッチン」を手に入れることができるでしょう。

木材だけではなく、タイルを使って
デザイン性を高めるのもオススメの方法です。

タイルにもさまざまな種類がありますから、
キッチンの脇の壁やカウンター部分、ワークトップなどに施工すると、
非常にオシャレな雰囲気に仕上がります。

どんな素材を選び、そしてどんな雰囲気のキッチンにするのかは、
それぞれの家族によってこだわりポイントが異なるものです。

「オシャレなキッチンにしたい!」と思ったときには、
ぜひスタッフへと「好みの雰囲気」を伝えてみてくださいね。

   
まとめ
  

せっかくの注文住宅だから、キッチンにこだわりたい!
とおっしゃる方は、少なくありません。

毎日の食事は、家族の健康づくりの元となるもの。
そして毎日の調理の負担は、決して小さなものではありません。

大変だけど非常に大切な家事だからこそ、
素敵で使い勝手の良いキッチンを採用したいものですよね。

オシャレなキッチンは、ちょっとした工夫で作り出すことができます。
私共広和木材は、オシャレなキッチンづくりにも全力で取り組んでおりますので、
安心してご相談くださいね。

家族が喜ぶ家は「吹き抜け」で作る! 3つのメリットで家族はもっと快適に

家とは、家族みんながリラックスして過ごせる、特別な場所。

愛知県小牧市から岐阜県中津川市にかけてのエリアで、
数多くの注文住宅を手掛けてきた工務店・広和木材には、
「家族みんなの理想を詰め込んだ、素敵な家を作りたい!」
とお考えのお客様が、数多く訪れています。

初めての家づくりにおいては、いったいどんなポイントにこだわれば、
家族の満足度を上げることができるのか、よくわからない……
と感じる方も少なくありません。

こんなときには「吹き抜け」を導入するのがオススメです。
吹き抜けの持つ魅力と共に、
導入することで家族にもたらしてくれるプラスαの効果をご紹介しましょう。

 

   
吹き抜けとは?
  

まずは「吹き抜けとは何か」という基本からチェックしていきましょう。

通常の住宅では、フロアごとに床と天井が作られています。
1階には1階の床と天井があり、その上に2階の床と天井が位置しています。

吹き抜けとは、こうした原則を取っ払い、
複数のフロアにまたがって作る空間のことを指します。

通常は1階と2階で区切るところを、あえて一つの連続した空間とすることで、
解放感のあるのびやかな雰囲気を作り出すことができます。

そうした吹き抜けは、オフィスビルの入り口や
マンションのエントランスなどで見かけることも多いのでは。

近年は、注文住宅のリビングや玄関に採用する方も増えて、
マイホームを建てる際のこだわりポイントの一つにもなっています。

   
吹き抜けが持つメリット3つ

 

マイホームに吹き抜けを作ると、
どのようなメリットが生まれるのでしょうか。
気になるポイントを3つ紹介します。

★日光を効率よく取り入れられる

住宅密集地での家づくりにおいては、
「どのようにして外から日光を取り入れるのか」
が非常に重要なポイントとなります。

「1階にリビングを設置すると、隣家の影響でほとんど日が入らないが、
2階にリビングを作るのはちょっと……」と考える方も少なくありません。

こんなときには、
ぜひ光を届けたい部分に吹き抜けを作ってみてはいかがでしょう。

高い位置から、太陽の柔らかな光を採り入れることができます。

★解放感があり、部屋を広く見せられる

吹き抜けを作り、空間を縦に広げることで、解放感を演出できます。
限られたスペースでも、吹き抜けを作ることで圧迫感がありません。
家族みんなが、リラックスして過ごせる空間を作ることができます。

★高級感がある

複数のフロアを突き抜けて作る吹き抜けは、
見る人にグレードの高い印象をもたらします。

本来、1階と2階、それぞれに「部屋」として活用できるスペースを、
あえて「吹き抜け」として「余白」にすることで、高級感につながります。

「マイホームが完成したら、周囲の人にお披露目したい!」
と思う方も多いはず。

吹き抜けがある家は、一目置かれるのではないでしょうか。

   
吹き抜けによって、家族の絆がより深くなる!
  

吹き抜けは、さまざまな側面から
「家族のつながり」をサポートしてくれます。

ここからは、吹き抜けを作ることで
家族がもっと仲良くなれる理由について解説します。

★リビングと個室を緩やかにつなげる

お子さまが年頃になると、
「それぞれの個室にこもってしまって、出てこない!」
というお悩みを抱える親御さんも少なくありません。

こうした事態を避けるため、
あえてリビング階段を設置する方も増えていますよね。

リビングに吹き抜けがあれば、2階のその周囲に個室を用意すれば、
リビングと個室は緩やかにつながった空間になります。

室内窓を取り付けて、
内部の様子がなんとなくわかるようにしておくと、より効果的ですね。

★家族の気配を身近に感じられる

吹き抜けのあるお家は、
家全体に家族の声が届きやすいという特徴もあります。

リビングで遊ぶ子どもの声を、
2階で作業しているお母さんがキャッチできますし、
また当然その逆もあり得るでしょう。

お母さんが作る晩御飯の匂いが、ふんわりと2階まで漂うのも、
吹き抜けならではのメリットと言えます。

2階からひょいっと顔を出し、
「今日のごはんなに?」などというコミュニケーションも生まれそうですね。

★2階とのつながりが生まれ、スペースの有効活用につながる

吹き抜けは「スペースの無駄」と捉える方もいますが、
実はそうではありません。

あえて吹き抜けを作り、1階と2階を連続した空間にすることで、
「完全に隔離されたスペース」を減らすことができるでしょう。

自身の日常生活を思い描いたときに、
「エアコンや光が届かないところは、
できるだけ行きたくない」と感じる方も多いはずです。

そうしたスペースは、
家の中で自然とデッドスペースになってしまいがちなのですね。

吹き抜けを作り、その周囲に各部屋を配置するようにすれば、
このようなデッドスペースは少なくなります。

家中どこにいても快適なので、スペースが無駄になることはありません。

   
まとめ
  

吹き抜けには、家族の距離をもっと近づけてくれるさまざまな魅力があります。

家全体を素敵に見せてくれる効果も高いですから、
ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

広和木材では、これまで吹き抜けのある
魅力的な住まいを多数手がけています。

理想の雰囲気にしたいけれど、何をどうすれば良いのかわからない……
と悩んだときには、ぜひご相談くださいね。

経験豊富なスタッフが、しっかりアドバイスいたします。

大好きを詰め込んで作るデザイン住宅! 女性に人気のポイント5つ

家づくりを進めるときには、誰もが
「周囲に自慢できるような、素敵な住宅を作りたい!」
と思う方も多いはず。

中でも近年女性を中心に人気が高まっているのが、
「女性が好むデザイン住宅」です。

家族みんなで快適に過ごせるための住宅を作る上で、
女性の意見を重視するご家庭は、決して少なくありません。

そこで今回は、女性人気の高い、
家づくりのポイントについて紹介していきます。

家づくりのイメージを膨らませるための、参考にしてみてくださいね。

 

   
スタイリッシュなアイアン手すり
  

日本の住宅において、
「手すり」といえば木製のアイテムを思い浮かべる方も多いことでしょう。

素朴で柔らかな雰囲気を演出したいときにはピッタリですが、
「カフェのような可愛らしい空間」を思い浮かべる方にとっては、
「なんとなくイメージが違う……」というケースも多いはずです。

こんなときにオススメなのが、アイアン製の手すりです。

ヨーロッパの建築物などに使われる機会が多く、
フェンスや門扉、階段やベランダの手すりなどに取り付けられた様子を、
イメージできる方も多いことでしょう。

アイアン製の手すりは、階段や吹き抜けなど、
室内の限られた部分に使うだけでも、
全体の印象を大きく変えてくれるアイテムです。

また選ぶ手すりによって個性を演出しやすいという特徴もあります。

・緩やかなカーブを描くフェミニンなタイプ
・直線的でシンプルなタイプ
・手すりに装飾を施した華やかなタイプ

どんな手すりを選ぶのかによって、
家全体を好みの雰囲気に近付けられます。

  
ニッチ

 

住宅業界におけるニッチとは、壁の一部をくぼませて、
収納やインテリア空間として使えるよう細工した場所のことを指します。

壁の一部に穴をあけて、
飾り棚を埋め込む雰囲気を想像してもらうと良いでしょう。

壁に棚を取り付けると、10センチ程度は前に飛び出してしまうもの。

しかしニッチを活用することで、スッキリとした空間をキープしつつ、
インテリアスペースを確保できます。

ニッチの女性人気は高く、工夫しながら自分らしく楽しむ方が増えています。

・内部に照明を仕込んで飾り棚として使う
・タイルを張って、特別な空間に
・絵を飾ってアイストップに
・ニッチの中に各種スイッチをひとまとめにして、スッキリ見せる

ニッチは「どこにでも作れる」というわけではなく、
家全体の構造を見ながら設置場所を判断する必要があります。

ニッチを作りたい!と思ったら、
積極的に提案してくれる会社を選ぶのがオススメです。

   
カフェスタイルのオープンキッチン
  

女性がこだわる住設機器といえば、やはりキッチンです。

近年では、広々としているだけではなく、
オシャレな雰囲気も兼ね備えたカフェスタイルのオープンキッチンが人気です。

大人数でワイワイとお料理したり、
友だちを招いてホームパーティーを開催したり……。

素敵なキッチンは、さまざまな夢を思い描かせてくれることでしょう。

理想のキッチンを選ぶためには、
キッチン周辺の造作部分にこだわるのもオススメです。

「手元を程よく隠したい」「作業スペースを広くしたい」など、
細かな条件にも対応できます。

   
オシャレな壁面
  

部屋の雰囲気をよりオシャレに仕上げたい!と思う女性たちに人気なのが、
模様入りのデザインクロスやタイルです。

近年では、部屋ごとにテーマを決めて
それに沿った壁紙を導入する方も増えてきています。

キッチンや洗面所、トイレなどはあえてタイル貼りにして、
機能性とデザイン性を両立させる方法も人気。

タイル貼りなら、汚れが気になったときでもさっと拭くだけで
お手入れを完了することができます。

クロスやタイル貼りは、部屋が出来上がるまで具体的なイメージがつかめず、
ドキドキする!なんて語るお客様も少なくありません。

導入アイテムを決定する前に、
しっかりとサポートしてくれる工務店を選べば、不安も軽減できますよ。

   
海外ドラマのようなウォークインクローゼット
  

女性が快適に生活するために、
欠かせないことも多いのがウォークインクローゼットです。

洋服や靴、アクセサリーなど、全てを収納できる専用空間があれば良いのに……
なんて思う方もいるのではないでしょうか。

クローゼットもオシャレにしたい!という方に人気が高いのが、
建具なしで作るウォークインクローゼットです。

可愛らしい入り口を抜けた先には、
通路の両側にお気に入りの洋服がずらり……!

海外ドラマで見た憧れのクローゼットも、
注文住宅なら実現することが可能です。

クローゼットは、基本的に家の人しか出入りしない場所。

思い切って冒険して、
本当に気に入ったクロスや照明を導入される方も少なくありません。

こだわって作り上げることで、
家の中のどこよりもお気に入りの空間になるのかもしれませんね。

   
まとめ
  

今回は、女性好みの家を造るために、人気のポイント5つを紹介しました。

注文住宅の一戸建てなら、これら全てを取り入れて、
とことんこだわった理想のお家を作り上げることが可能です。

またもちろん人の好みはそれぞれですから、
この中の「アイアン手すりだけを導入したい」なんてアレンジもできますよ。

私共広和木材は、愛知県小牧市から岐阜県中津川市にかけて、
数多くの注文住宅を手掛けている工務店です。

「木材の良さを活かした家づくり」として知られていますが、
実は「自然の木材のナチュラルな風合い」は、
今回紹介した「女性が好むこだわりポイント」との相性も抜群です。

さまざまなご提案をいたしますので、
ぜひ好みの雰囲気についてお聞かせくださいね。

「家づくりハジメ」まずは何からはじめる? 迷ったら相談してみよう

2019年がスタートしました。
家族そろって、心温まるような時間を過ごされた方も多いのかもしれませんね。

一年の始まりの時期に、「今年こそは○○するぞ!」と目標を立てるのも、
一年を有意義に過ごすためにオススメの方法となります。

さて、1月のこの時期には、「仕事はじめ」や「学びはじめ」など、
さまざまな「スタート」を意識することも多いもの。

2019年、増税前のタイミングだからこそ、
「家づくりハジメ」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

具体的な「ハジメの一歩」を紹介していきます。

 

   
お正月は家づくりをスタートする絶好のタイミング!
  

お正月には、家族みんなが集まるケースも多いもの。
さまざまな会話を楽しむ中で、
ごく自然に「これからのこと」についても、目が行きやすい時期でもあります。

家づくりを進めていくために、まず大切なのは
「家族みんなの気持ちを、家づくりへと向かわせること」。

簡単なようでいて、実は意外と難しいポイントなのですが、
「何かを変えたい」と願いやすいお正月には、
比較的物事がスムーズに運びやすいのですね。

「2019年は新たなことに挑戦したい!」と思ったときには、
ぜひ「家づくり」にも目を向けてみてください。

2019年は、消費税の増税前に家づくりをスタートできる、
非常に重要なタイミングとなります。

「今年はこんな年にしたいな」「これからこんな生活ができたらいいな」なんて、
家族それぞれの希望から、ぜひ夢を膨らませてみてくださいね。
このステップこそが、「家づくりハジメ」における、非常に重要な一歩となるのです。

   
家づくりハジメには「不安」も付き物

  

お正月が開けて、「仕事はじめ」や「学びはじめ」など、
スタートする前は希望に満ちあふれていたにも関わらず、
すぐに現実にぶち当たってしまう……なんてことはありませんか?

世の中を、全て思い通りに動かすのは難しいもの。
「やっぱり無理だ」「本当に自分にやり通せるのか、
不安ばかりが募ってしまう」なんてケースも、決して珍しくはありません。

「家づくりハジメ」においても、それは例外ではありません。

「土地購入」や「住宅ローンの契約」など、
家づくりにはお金がかかるイベントも満載ですし、
そもそも「家づくりってどうやって進んでいくの?」なんて、疑問も付き物。

このようなモヤモヤが大きく膨らむと、
「家づくりハジメ」を意識したけれど、「具体的にどうすれば良いのかわからない!」
なんて落とし穴にもハマりがちです。

家づくりハジメは、「きちんとした情報を得る」ということが、第一歩となります。

家づくりハジメにおいて、不安ばかりが積み重なってしまうのは、
正確な情報を得にくいからです。

住宅メーカーは非常に多くありますが、
それぞれが「自社の強み」をアピールするため、さまざまな情報を発信しています。

その中から「自分に必要なもの」を見分けるのは大変ですし、
そもそも家づくりとは、お客様一人一人に応じて、状況が全く異なるものです。

・土地を所有しているかどうか
・どのようなプランで住宅ローンを組むのか
・家づくりにおいて、どこにどの程度比重を置くのか

工務店や住宅メーカーは、「世間一般向き」の情報を広く発信することはできても、
「お客様それぞれの状況にピッタリと合う情報」を発信することはできないのですね。

「自分たちにピッタリの情報を手に入れて安心したい!」と思ったときには、
工務店や住宅メーカーなどにアプローチして、
自分自身の希望もはっきりと確認していく必要があります。

世間一般向けの情報ではなく、
「自分たちの場合はどうなのか」という具体的な情報を集めていくことで、
家づくりハジメの不安は徐々に軽減されるでしょう。

   
広和木材の「家づくりハジメ」とは?
  

広和木材は、岐阜県中津川市から愛知県小牧市にかけてのエリアにおいて、
注文住宅を手掛けている工務店です。

地域密着型の工務店として、また「元材木屋」としての経歴を活かし、
自然素材にこだわった家づくりを進める企業として、
お客さまそれぞれの「家づくりハジメ」を応援しています。

広和木材に興味を抱いていただいたお客さまの「家づくりハジメ」は、
主に以下のようなステップからスタートします。

・弊社への問い合わせ(電話、メール、資料請求など)
・各種見学会への参加
・本社工場見学

縁あって、広和木材の注文住宅に興味を抱いてもらえましたら、
お打ち合わせをスタートします。

難しく考える必要はありませんから、ぜひ家づくりへの希望や理想、
現在のお住まいへの不満などを、お聞かせくださいね。

弊社スタッフが、こうした情報を元に、
「お客様にとって必要な情報」をお届けしてまいります。

・土地購入が必要な方には、売り出し中の土地の案内
・土地選びで悩んでいるときの、具体的な家づくりの提案
・土地が決まっている場合には、家を建築するために必要な事前調査や視察
・理想を叶える間取りづくり
・資金計画
・広和木材で注文住宅建築を進める場合の流れと、スケジュールについて

土地のこと、お金のこと、時間のこと……
家づくりに関して抱いていた「漠然とした不安」が、
徐々に晴れていくのを実感できることでしょう。

広和木材では、お客さまそれぞれが納得した上で家づくりを進めていけるよう、
あえて「申し込み」と「ご契約」のステップを分けて考えております。

気軽な気持ちで「家づくりハジメ」をスタートできますから、ぜひご活用ください。

   
まとめ
  

2019年こそマイホームが欲しい!と思ったら、
新年のこの時期に「家づくりハジメ」を意識してみてはいかがでしょうか。

岐阜県中津川市から愛知県小牧市にかけての注文住宅なら、
自然素材にこだわる広和木材が、徹底的にサポートいたします。

不安なこと、わからないことがあって当たり前ですから、
「マイホームへの希望」を胸に、ぜひお気軽にお問合せくださいね。

勇気を出して一歩踏み出し、
2019年を人生の記録に残る、素晴らしい一年にしましょう!

入学前に入居したい!消費税10%の前に!家づくりスタートのタイミングとは?

家づくりは、人生における一大イベントと言って良いでしょう。
何千万円ものお買い物を楽しむ機会は、そう多くはありません。

またお金の問題だけではなく、
「家を持つことで、この土地に根を張って生きていくんだ!」と、
身が引き締まるような思いになる方も、多いのではないでしょうか。

いずれにしても、家を持つということは、一大決心することになります。
スパッと決断できれば良いのですが……
自身や家族の状況によっては、難しいこともありますよね。

こんなときに気になるのが、
「みんなはいったいどんなタイミングで、家づくりを決断しているの?」
という点です。

多くの人が「家を作ろう!」と決断するタイミングについて、紹介していきます。

 

   
子どもが生まれたときに
  

家づくりを考え始めるタイミングとして、
非常に多いのが「家族の人数に変化が生まれるとき」です。

「子どもが誕生したとき」というのが、
もっとも多いケースだと言えるでしょう。

子どもが生まれたときに、
「これから先の人生」について深く考える方は少なくありません。

結婚直後は賃貸住宅で充分でも、
「子どもの成長」や「これから先の家族プラン」を考えたときに、
手狭になってしまうことが予想されます。

だとしたら、「家賃」として余計なお金を支払うよりも、
「自分たちの家」を購入した方が、メリットが大きい!というわけですね。

子どもの誕生をきっかけに家づくりをスタートする場合、
大変なことも多い育児生活を、自分たちのこだわりの詰まった快適な家で、
のびのびと楽しめるでしょう。

愛知県小牧市から岐阜県中津川市にかけてのエリアで
注文住宅を請け負う広和木材では、
自然素材にこだわった家づくりをモットーにしています。

敏感で繊細な赤ちゃんとの生活も、安心して楽しめますよ。

   
子どもが小学校に上がる前に
  

子どもが生まれたタイミングの次にやってくるのが、
「子どもが小学校に上がる前」というタイミングです。

幼稚園や保育園とは違い、基本的に小学校は、
「地域の小学校に地域の子どもたちとみんなで通う」
というスタイルとなっています。
「どの小学校に通うのか」が非常に重要なポイントだと言えるでしょう。

また小学校に入学したあとに家づくりをスタートすると、
「引越しで転校せざるを得ない」ということも考えられます。

子どもの環境を変えたくないと願う場合、マイホームを手に入れて、
落ち着いた状態で小学校生活をスタートさせるのが一番です。

とはいえ、子どもにとって「知り合いが誰もいない環境で、
一から小学校生活をスタートさせる」のは、
精神的な負担も大きなものです。

もし可能であれば、
「小学校に入学する前に、少しの間でも余裕がある」
というスケジュールで家づくりを進めていくと良いでしょう。

この間に、周囲の子どもたちと顔見知りになり、
小学校生活にうまく順応できる可能性も高まります。

「いつからスタートすれば、子どもの小学校入学までに間に合わせられるのだろう」
というポイントは、どの工務店に家づくりを依頼するのかによっても、
大きく変わってきます。

「○○までに注文住宅が欲しいけれど、いつから行動を開始すれば良いのか」と、
担当スタッフに直接聞いてみると良いでしょう。

   
増税前のタイミングで
  

「家族の人数」とは関係なく、
家づくりを考えるタイミングになりやすいのが、「増税前」です。
2019年の1月は、「まさに今!」というわけですね。

土地購入に消費税はかかりませんが、注文住宅の建築に、
増税負担は非常に大きくのしかかってきます。

2,000万円で家づくりを計画したときには、
消費税8%であれば160万円が消費税となります。

これが10%にアップすると、
消費税だけで200万円も支払わなくてはいけません。
その差額は「40万円」となり、決して小さなものではありません。

「増税前だから」という理由で家づくりを積極的に検討する場合、
「いつまでに、どこまでの手順を終えた場合、税率8%が適用されるのか」
というポイントについて、しっかりと頭に入れておく必要があります。

具体的に、消費税率8%が適用されるためには、
以下のどちらかの基準を満たすことが必要となります。

・工事請負契約を、2019年3月31日までに結ぶこと
(引き渡しは2019年10月以降でもOK)

・引き渡しが、2019年9月30日までに完了されること
(契約の時期は2019年4月以降でもOK)

税率8%で家づくりを進めるために、
まず目指すべきは「2019年3月31日までの契約」です。

工務店や各種メーカーの下調べや比較検討、打ち合わせについて考えると、
もうあまり時間的な余裕が残されていないことがわかります。

この時期を過ぎてしまった場合には、
2019年9月30日までの引き渡しを目標にしましょう。

こちらの条件に合致すれば、
契約の時期について、気にする必要はありません。

とはいえ、ゼロからの家づくりを「増税前だから」という理由で急いで行うのは、
「不安が大きい!」という方も多いのかもしれませんね。

広和木材では、こうしたお客さまの不安にもしっかりと寄り添いながら、
家づくりのステップを一つ一つ確実にご提案していきます。

もちろん増税前・増税後の支援制度についても、
しっかりとご案内しサポートしていきますので、ご安心ください。

   
まとめ
  

家づくりを決断するタイミングは、人それぞれです。

しかし大きな買い物だからこそ、
「人生において、何かが大きく変わるとき」
に決断する方が多いこともわかります。

「うちもそろそろ……?」なんて思ったときには、
ぜひ「話を聞く」だけでもスタートしてみてはいかがでしょうか。

家づくりのタイミングを逃さないためにも、
私たち広和木材が全力でサポートいたします。

愛知県小牧市の広和木材は、「無垢の木・自然素材の家」が建てられる工務店

素朴な暖かみと、ナチュラルテイストのオシャレさを楽しめるマイホームとして、
近年注目を集めているのが「無垢材を使った家」です。

木本来の香りや手触り、質感を楽しめる家づくりは、
あらゆる世代の方々にとって「心地よい空間」を提供してくれることでしょう。

とはいえ、世間一般的には、
品質や価格が安定しがちな集成材を主に使った住宅メーカー・工務店も多いものです。

「自然素材や無垢にこだわって家づくりをしたいけれど……どこに依頼をすれば良いのかわからない!」
なんて悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

愛知県小牧市周辺地域で「無垢の家づくり」を行っている、広和木材を紹介します。

 

   
広和木材とは?
  

広和木材は、「木材」に強いこだわりを持つ工務店です。
家づくりにおいて、「自然素材をふんだんに使いたい」
というご要望を持つお客様を、精いっぱいサポートしております。

広和木材がスタートしたのは、昭和59年のことでした。
当時は工務店や大工さんに加工した材木を販売する
「材木屋」としての業務が主なもの。
周辺に豊かな自然を残しているエリアだからこその生業だと言えるでしょう。

そんな広和木材は、販売対象を徐々に「木材」から「住宅」へと広げていきます。
木材を加工するだけではなく、
加工した木材を使って家全体を仕上げていくというわけですね。
元材木屋だからこそ、無垢材についての知識と経験はピカイチです。

無垢材をふんだんに使った家づくりが「特徴」になる現代において、
こうした過去の経験が広和木材の強みの一つとなっています。

現在では、岐阜県中津川市から愛知県小牧市にかけてのエリアで、
数多くの注文住宅を手掛けています。

小牧市のショールームが正式にオープンしたのは、平成15年のことでした。
以降、より多くの方々に広和木材の魅力を知っていただけるよう、
さまざまな活動を行っております。

   
広和木材の強みは、岐阜県中津川市にアリ
  

元材木屋という経歴を持つ広和木材。
そんな広和木材の最大の強みは、岐阜県中津川市にあります。

広和木材の本社はこの中津川市にあるのですが、
実は本社には、自社の製材工場が併設されています。

家づくりとは、人生の中でそう何度も経験するものではありませんから、
「自社の製材工場があると、どんなメリットが発生するの?」なんて、
いまいちピンとこない方も多いのかもしれません。

製材工場とは、木材を加工するための工場で、
柱や各種部材などを加工しています。
要は「木造住宅を作る上での要」となる場所なのです。

この工場を有していることで、
広和木材はお客様が求める住宅の「施工」だけではなく、
「製材」から一括管理してサポートできる体制を整えています。

長年住み続けるマイホームに、
「どんな材料が使われているのかわからない」
となれば、不安を抱くのは当然のこと。

広和木材の家づくりにおいては、そのような不安は発生しません。
熟練のスタッフが製材から加工までの全てを担当し、
工場から直接、自社トラックにて現場に運び込まれます。

また自社製材工場を持つということは、
お客様にとって経済的なメリットにもつながっていきます。

「無垢材を豊富に使った家づくり」と聞くと、
「確かに魅力的だけど、高いのでは?」
「憧れるけれど、うちでは無理かも……」
なんて、経済的な不安を口にされるお客様も、決して少なくありません。

確かに「良い木材」や「品質の良い無垢材」は、上を見ればキリがない世界です。
しかしだからといって、
それを原因に「家づくり」そのものから遠ざかってしまうのは、
あまりにも残念なことだと言えるでしょう。

広和木材においても、
もちろん品質の良い木材・無垢材にはこだわりを持っています。

一方で、自社で製材した材料を現場で使用できる体制を整えたことで、
各種中間マージンを極力カットすることに成功しています。
より良い材料を、安価に提供できるというわけですね。

「無垢の家づくり」にこだわりながらも、
価格的には「高すぎて手が届かない」なんてことはありませんから、
ぜひ一度ご相談ください。

   
工場見学にお越しください
  

ここまで紹介してきたとおり、広和木材の魅力は「木材」にあります。
絶対的な自信を持っているポイントだからこそ、
ぜひお客様ご自身の目で、その魅力を体感していただきたいと考えています。

愛知県小牧市からは少し距離がありますが、
岐阜県中津川市においては、自社製材工場の工場見学を行っています。

製材工場専門のスタッフが工場内をご案内し、
木材についての知識を深めると共に、
さまざまな木の特徴や魅力を知っていただける内容となっています。

ご家族連れで参加されるお客様も多く、
自然素材を活かした家づくりを考える、きっかけにもなるでしょう。

工場内にはショールームも用意しており、
各種サンプルを直に見ていただけるようになっています。

「家づくりのイメージが、なかなか具体的にならない……」なんてときにも、
きっとヒントになってくれますから、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

   
まとめ
  

広和木材の小牧支店が正式にオープンしたのは、平成15年のこと。
「自然素材を用いた家づくり」が流行し始める前から、
木材と真摯に向き合いながら、家づくりを進めてまいりました。

広和木材は、岐阜県中津川市に自社製材工場を持つという強みがあります。
そのメリットや魅力を体感していただくために、工場見学も積極的に行っております。

「木材の魅力を再確認したい」
「家族と家づくりのイメージを共有したい」など、
お客様それぞれの目的に合わせてご活用くださいね。

岐阜県中津川市で家を建てるなら、ぜひ広和木材へ

岐阜県中津川市で家づくりを考えたときに、
「いったいどこに依頼をすれば良いのか?」と悩む方も少なくありません。

オシャレな家を作りたい、快適な家を作りたい、
家族が安心して暮らせる家を作りたい……!
このような希望を抱えつつも、
「それを叶えてくれるお店がわからない!」というのは、
家づくりの最初の段階でぶつかりやすい項目です。

そこで今回は、岐阜県中津川市で家づくりを行ってきた工務店、
広和木材の強みを紹介します。
家づくりをスタートする際の、参考にしてみてください。

 

   
自然との距離が近い工務店
  

広和木材は、愛知県小牧市から岐阜県中津川市にかけて、
注文住宅づくりを行っています。
本社は中津川市にあり、製材工場も備えています。

中津川市は、自然が豊かな地域です。
山の恵みや木材の強みを生かした地域で、
長年経営を行ってきたのが広和木材です。

木や自然素材が当たり前に身近にある環境だからこそ、
その強みや特徴を、誰よりもよく知っている、というわけですね。

自然素材は、人間にとって非常に魅力的なものです。
近年はその魅力に引き寄せられ、
「自宅にもふんだんに取り入れたい!」と思う方が増えてきています。

とはいえ「無垢材」一つをとっても、メリットばかりではありません。
自然のままの無垢材だからこそ、
それを人間の生活に合わせて上手に活用することが大切なのです。

自然素材との距離が近い広和木材には、
さまざまな素材に関する知識や経験が豊富に揃っています。

これまでの経験をもとに、
お客様それぞれの大切な家づくりに活かしているのです。

   
元材木屋ならではの豊富な知識と経験
  

広和木材が自然素材に関して豊富な知識や経験を有している理由は、
「自然豊かなエリアで長年営業を行ってきたから」というだけではありません。
会社としての歴史の中にも、その秘密が隠されています。

広和木材は、もともと材木屋としてスタートした会社です。
昭和59年に設立した広和木材は、
国産材を主力商品として扱う製材工場でした。
自然豊かな中津川市の、広大なひのき山林を開墾して、
本社と工場を作り上げたのです。

創業当初は、製材工場で作った木材を地元の大工さんや工務店さんに販売することを、
主な事業としていました。
そしてこうした歴史の中で、徐々に材木屋ならではの強みに気付いていきます。

日本で多く採用されている木造住宅の要となるのは木材であり、
そしてその特徴についてもっとも良く知っているのは材木屋だと言えるでしょう。

その材木屋が、自社製材工場で作った材木を使って自分で家を作るようになれば、
お客さまにとってはコストダウンにつながるというメリットも発生します。

「品質の良い国産の木材を、ふんだんに使った家づくりをしたい!」と思うのは、
ごく自然なことであるはず。
しかし依頼先によっては、この「ごく自然なはずの要望」を叶えようとすると、
莫大なコストがかかってしまうようなケースも、決して珍しくはないのです。

製材工場を併設した広和木材であれば、ごく自然な要望を、
手が届く範囲の価格で叶えることが可能です。
家族みんなの要望を取り入れた家づくりを楽しめるのではないでしょうか。

   
自然素材を活かしたオシャレさが強み
  

家づくりは、一生に一度の大きな買い物とも言われています。
「せっかくだから、オシャレさにもこだわりたい」
と思う方も多いのではないでしょうか。

オシャレさにこだわって家づくりを進めていく場合、
自身の好みと近い住宅メーカー・工務店を当たっていく……
なんてケースも多いのかもしれませんね。

とはいえ、モデルハウスやショールームで把握できる情報は、限りがあります。
本当に自分たちの家がそのとおりになるのかどうかは、
「建築して初めてわかること」と言えるのかもしれませんね。

広和木材においては、「オシャレ」は「オシャレ」でも、
自然素材の良さをふんだんに取り入れたオシャレさにこだわっています。

自然の魅力がたっぷりと味わえる素材は、ただそれだけで価値のあるもの。
また、流行に左右されるものでもありません。

長い期間使い続けても、汚らしく劣化してしまうことはありませんし、
大切にメンテナンスをしながら使い続ければ、
深みを増した魅力を伝えてくれることでしょう。

また自然素材が持つ柔らかな魅力は、
どんなテイストのインテリアともしっくりと馴染みやすいもの。
ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

   
住宅見学会でぜひ体感を
  

広和木材の魅力は、自然素材との近さ、これまでの知識や経験にあります。
自然素材をふんだんに使った心地よい家を作りたい!と思ったときには、
きっと力になれることでしょう。

元木材屋ならではの知識と経験を活かして、
品質の良い材料を使った家づくりを行っています。

そんな広和木材の良さを直に伝えるためには、
「実際にお客様自身の目で見て、雰囲気を体感していただく」ことが
一番であると感じております。

だからこそ広和木材においては、
各種見学会を豊富に行っています。

建築途中の構造見学会のほか、
お施主様のご協力のもとで完成見学会も行っています。

さまざまな雰囲気の家をチェックできるチャンスでもあります。
ぜひご来場ください。

   
まとめ
  

岐阜県中津川市の工務店、広和木材には、
自然素材を活かした強みがあります。

お客様それぞれの「理想の家」を作るため、
さまざまな工夫を行っています。

注文住宅づくりにおいて気になる点、
広和木材についてもっとここが知りたい!と思うことがあれば、
ぜひお気軽にお問合せくださいね。

アレルギーの方にも赤ちゃんにも優しい家は、「無垢の木」で叶えよう!

赤ちゃんにも、そしてアレルギー疾患に悩まされている大人にも
「優しい」と言われているのが、「無垢の家」です。
見た目も触り心地の良い「無垢の木」をふんだんに使った木の家は、
そこで暮らす家族にさまざまなメリットを与えてくれるでしょう。

とはいえ、「無垢の家はなんとなく体に良さそうだけど、
その理由まではわからない」なんて感じている方も
多いのではないでしょうか。

無垢の家とその他の家との違いと共に、
赤ちゃんやアレルギー体質の人でも安心して生活できる理由について紹介します。

 

   
無垢の家の特徴は「化学物質や有害物質が少ない」こと
  

無垢の家は、家の中で使われる建材に「無垢材」を豊富に使っています。
「無垢材」とは、自然の木材から、使う形に合わせて切り出した木材のこと。
つまり「自然のままの木材」のことを言います。

このように聞くと、
「じゃあ『無垢の家』以外の木造住宅は、いったい何でできているの?」と
疑問に思われるお客様も多いのかもしれませんね。

無垢の家以外の木造住宅も、主な原料は「木材」です。
しかしこちらの場合、薄くした木板を接着剤で張り合わせてブロック状にした
「集成材」という木材が、主に使われています。

無垢材と集成材にはそれぞれ特徴があり、
異なるメリット・デメリットが存在しています。
一概に「どちらが良い」というわけではなく、
優れている面もあれば、注意が必要な側面もある、というわけですね。

集成材を使う際に、デメリットの一つとなるのが
「木材を張り合わせる際に使われる接着剤」です。

集成材をふんだんに使って家づくりを行えば、
この接着剤に囲まれて生活をしていくことになります。
接着剤の中には、シックハウス症候群の原因となる
ホルムアルデヒドを拡散させるものがあり、注意が必要です。

もちろん集成材を使った家に住んだからといって、
全ての人がシックハウス症候群に悩まされるわけではありませんし、
年数が経過すると共に、症状が軽減するケースも多いようです。

とはいえもともとの体質が敏感な方にとっては、やはり注意が必要であり、
「無垢の家」であれば、こうしたリスクを低下できるでしょう。

   
アレルギー症状に悩まされる方にオススメできる理由3つ
  

シックハウス症候群以外にも、無垢の木をふんだんに使った家づくりは、
アレルギー症状に悩まされる方にもオススメできます。
その理由は以下の3つです。

・調湿効果に優れている
・ダニやカビに強い
・リラックス効果が期待できる

ハウスダスト系のアレルギーに悩まされる方にとって、
「日常生活の中で、どのようにアレルゲンを除去するのか」は
非常に大きな問題となります。
ダニやカビは、気付かないうちに繁殖してしまうケースも多いためです。

自然の木材から作られた無垢材には、優れた調湿作用が備わっており、
室内の湿気を一定に保つ効果を発揮してくれます。

ダニやカビにとって、湿気の多い環境は非常に好ましいものです。
無垢材によって自然に調湿できるようになれば、
ダニやカビが繁殖しづらい環境を手に入れることができます。

また自然の木材には「天然の良い香り」が備わっていますが、
実はこの香りにも、ダニやカビの繁殖を抑える働きが
あることがわかってきています。
ダブルの効果で、ごく自然にアレルギー対策をしてくれる、というわけですね。

最後に、アレルギー症状が悪化するときには、
「ストレス」が原因になるケースも存在しています。

無垢の家が放つ心地よい香りは、
ストレス軽減作用があるとされていますから、
自身の体調を整える意味でも効果が期待できるでしょう。

   
赤ちゃん~子ども時代の環境は特に大切
  

赤ちゃんの誕生と共に、
「できるだけ子どもに優しい環境で子育てをしたい!」と
願う方は、少なくありません。

温かで柔らかな空間の中で、
元気いっぱいに育っていってくれたら……なんて思いますよね。

実は近年、アレルギー症状で悩まされている子どもの割合は、
年々増加していると言われています。

厚生労働省の調査では0歳~14歳の子どもたちの
約40%がアレルギーに悩まされており、
都心部で生活する子どもの場合、さらに割合が高まることがわかっています。

生活環境の変化が一因とされており、
幼い頃から、「子どもの体にとって快適な環境」を用意することは、
非常に重要なポイントなのです。

子どもの誕生をきっかけに「家族みんなが快適に暮らせる注文住宅を」と
考え始める方は、少なくありません。
無垢材をふんだんに使った家づくりであれば、
子どもの健康にとって理想的な環境を、
ごく自然に用意してあげることができるでしょう。

   
愛知県小牧市から岐阜県中津川市の「無垢の家」ならご相談ください!
  

人間の健康面を考えた際に、
さまざまなメリットをもたらしてくれるのが、無垢の家です。
しかし無垢材も万能ではなく、
取り扱いには注意が必要な点も多くあります。

無垢の家で快適に生活し続けていくためには、
「木材のプロ」の手で住宅を建築する必要があります。
私たち広和木材は、木材の会社としての歴史と実績があり、
たくさんの「無垢の家」を手掛けてきました。

「無垢の家に興味があるけれど、どの工務店に頼めば良いのかわからない」
「ただ漠然と、健康に良い注文住宅が欲しいと思っている」といった場合には、
ぜひ私共広和木材にご相談ください。

それぞれの木材の特徴を踏まえた上で、
お客様一人一人にとってベストな「無垢の家」の提案をさせていただきます。

「元材木屋」が建てる家とは? 東濃ひのきの魅力も紹介

家族の生活スタイルの変化に対応するため、
そして理想の生活スタイルを手に入れるため、
注文住宅の購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

家づくりは、一生の間にそう何度も経験できるものではありません。
「失敗するのは避けたい!」と思えば思うほど、
「どこの工務店・メーカーに頼めば良いのだろう」と悩んでしまうものですよね。

広和木材は、愛知県小牧市から岐阜県中津川市のエリアにて、
多数の注文住宅を請け負ってきた工務店です。
今回は、そんな私共、広和木材の「強み」について、紹介します。

 

   
東濃ひのきをご存知ですか?
  

広和木材のこだわりの一つといえば、「東濃ひのき」です。
私共、広和木材が営業を行う岐阜県東濃地方は、
実は良質な「桧」を産出できるエリアとしても知られています。

このエリアの気候は、桧の生育にも適したもので、非常に美しい桧を育ててくれます。
整った木目や人を爽やかな気持ちにさせてくれる香り、そして美しい色合いは、
こだわりの注文住宅を作りたいと思ったときにも、
ピッタリの木材だと言えるでしょう。

さて、この「東濃ひのき」ですが、東濃地方で昔から生活している方の中にも
「知らない」「初めて聞いた」とおっしゃる方が少なくありません。
東濃地方を地元とする方々にとって、
豊かな森林や切り出された木材は「日常の風景の一部」なのでしょう。
よって、特別な存在として意識することも少ないのかもしれませんね。

「東濃ひのき」という地域ブランドが立ち上げられたのは、平成3年のことでした。
以降30年近くが経過した今、全国的にもその認知度が徐々に広まってきています。

私共広和木材では、「地元の優れた木材」として、
この「東濃ひのき」を積極的に活用した家づくりも行っています。
東濃ひのきを使った家では、
ひのき特有の豊かな香りを存分に楽しむことができます。

リラックス効果も高いと言われるひのきの家、
ぜひ広和木材で体感してみてくださいね。

   
元「材木屋」の経験値があるからこその、ご提案を
  

現在では多くの注文住宅を手掛ける広和木材ですが、
もともとは「材木屋」としてスタートを切った会社です。

周辺の森林から木材を切り出し、加工して売却するのが材木屋の仕事。
そしてそれをこなすためには、さまざまな樹種に関して
適切な知識と技術を身につける必要があります。

この知識と技術は、
現在の「無垢の木をふんだんに使った注文住宅づくり」にも
生かされているのです。

無垢材に対して、「体に良い」「見た目がオシャレ」など、
ポジティブなイメージを抱く方は少なくありません。
しかし無垢材には、集成材と比較して以下のような注意点も存在しています。

・扱いづらい
・性質が一定ではない
・割れや反りなどのトラブルが発生する可能性がある

もちろんこれらの注意点は、それぞれの材木の特徴をきちんと把握し、
適切に扱うことでクリアできるものばかりです。
しかし「無垢の家づくり」をオススメしている住宅メーカーの中には、
こうした知識・技術を持たないままで、
家づくりを進めてしまうケースも存在しているのです。

広和木材では、材木に関する知識を豊富に持ち合わせており、
それらをきちんと、お客様にもお伝えすることを大切にしています。
無垢材のメリットもデメリットも知っていただいた上で、
デメリットを最小限にする方法で施工を行う、というわけですね。

もちろん無垢の家づくりにおいては、
建築後のメンテナンスも重要なポイントとなります。
広和木材では、こちらにも重点をおいて営業を行っています。

また広和木材には、「元材木屋」らしく、自社製材工場が備わっています。
国産の無垢材といえば、高級木材であるケースも多いもの。
しかし自社製材工場を活用して中間マージンをカットすることで、
低価格を実現しています。

高品質の木材を使ったこだわりの家づくりを、
手が届く価格帯でお届けできる点も、
「元材木屋」の広和木材ならではの特徴だと言えます。

   
地域密着型の経営で、「家族の家」を建てる気持ちで頑張っています!
  

愛知県小牧市から岐阜県中津川市にかけてのエリアで、
注文住宅を手掛けている広和木材。
大手ハウスメーカーや大規模な工務店のように、
全国から多数の依頼を受けるわけではありません。

しかしその分、地域密着型で
「お客様にとって身近な立場の工務店」として、活動しています。

家づくりは、家族にとって非常に重要なイベントとなります。
「人生でそう何度もあることではないからこそ、力が入る」というのも、
当然のことですよね。

しかし会社としての規模が大きくなり、担当する軒数が多くなると、
施主様御家族とスタッフの間に気持ちのギャップが
生まれてしまうケースが少なくありません。

広和木材のモットーは、
「御家族の一員になったつもりで、家づくりに携わる」ということです。
お客様の夢が詰まった、心地よい空間を実現するため、全力を注ぎ頑張っています。

   
まとめ
  

材木屋からスタートした広和木材にとって、
「無垢材」は会社の根幹を担う重要な存在です。
長い経験の中で確かな知識と技術を身につけて来たからこそ、
自信を持って「無垢の家づくり」にも取り組んでいます。

注文住宅づくりでは、「まず何から始めれば良いのかわからない」と
おっしゃるお客様も少なくありません。

初めての家づくりでは、それは当たり前のことで、何も恥ずかしいことはありません。
ぜひ「家族」のもとを訪ねるような気持ちで、広和木材を訪れてみてくださいね。

設備について

構造材について

壁材について

床材について

自然素材について

木について

その他豆知識