支店スタッフブログ

いよいよ、始まります!

2021.12.20

営業の稲垣です。

今回は、瀬戸市の建替えにて、
住宅新築をされますM様邸の
現況のご案内をさせていただきます。

今月に既存住宅の解体工事が完了しまして、
いよいよ造成工事より建築工事に着手してまいります。

 

今回のご計画は、前面道路と1.5メートルくらいの高低差のある敷地に、
既存住宅を解体の上、住宅を新築いたします。

住宅建築にあたり、まずは擁壁工事からの施工を進め十分な養生期間
を取りながら、来年の2月末に上棟を予定しております。

擁壁部分は住宅の基礎部分を支持するためには最も大切な工事となりますので、
堅牢なる工事にて進めてまいります。

今後、工事の進捗につきましては、
随時、ご案内させていただきますので
ぜひ、ご覧ください。

上棟

カテゴリー
タグ
2021.11.23

こんにちは。支店工務の小栗です。

秋晴れの中、上棟工事が無事に完了しました。

今回、大変眺望の良い場所で上棟工事をさせて頂きました。

全面道路が狭く一方通行でしたが、
近隣の方のご協力で駐車スペースも確保できました。
ありがとうございます。

 

当日は、本当に良いお天気で助かりました。

これからお引渡しまで、無事に工事を進めます。

近隣の皆様には、今しばらくご迷惑をお掛け致しますが、
ご理解とご協力、よろしくお願いします。

こども園園庭工事

2021.09.13

こんにちは!
2級建築士製図試験目前に気持ちがやられている吉本です。

只今、安城にて工事中のこども園園庭工事を紹介したいと思います。

こちらは、弊社で取引をしております、舟橋植木様からのお仕事で
幼稚園の横にこどもが野外学習できる施設として園庭の木部の工事を依頼されました。

工事の内容としてツリーハウス、パーゴラ、ピザ窯の屋根の3つを作ります。

先方さんにて地盤整地後の建設場所の確認

 

本社にて大工さんが丸太等を刻み加工をします。

並行して現場では各部分の独立基礎を作ります。

加工が終わると塗装屋さんにて1回目の下塗りを行います。
これも本社で一気に塗っちゃいます。

 

その後、建方をします。

が、、、、そこからが長い戦いでした・・・
お盆明けにやたら雨が多かったですね
今年の夏は梅雨が二回きたような感覚です。

完全に外仕事なので先方さんのピザ窯も建方後の細かい仕事がなかなか進まず・・・
9月に入りようやく、ピザ窯まで木工事がおおかた、できました!

ツリーハウスの円型デッキは出来上がるとめちゃくちゃいい感じ!!
まだデッキは仕上げの塗装が出来てないですが、
こんな空間で遊べる子供達が羨ましくなりました(笑)

引き続き完成まで頑張ります!!!

バー?ノー?加工

カテゴリー
タグ
2021.06.28

台風が近づいてきていますね。
毎年、自家栽培の野菜が倒されてしまうので心配している岸です。

 4月に萩野さんと材料検査に行った現場の上棟が終わりましたので
現場訪問してきました。

 垂木の成が通常より大きい為
先端をシャープに見せるための加工がしてあります。

これ、何加工っていうか知ってますか?

バードノーズ加工・・・。私も最近知りました(笑)
プレカットに関わって20年以上経ちますが
まだまだ勉強不足です。

抜け節の無い綺麗な垂木が並んでいます。
これも厳密な萩野さんのチェックのおかげですね!

これからも木材のプロとして
お客様に良い物を提供していきたいと思います。

それではまた次回まで。

木の大きな窓

カテゴリー
タグ
2021.06.20

冬の透き通った空も好きですが
夏の雲が厚く濃く青い空も好きです。
こんにちは。設計の田口です。

今日はそんな、大好きな空を眺める窓のお話。

現在着々と進行中の現場で、広和木材では珍しい木製サッシュ(木の窓)の採用がありました。
窓と言いましても、大きな大きな窓です。

kimado 木製窓 木の窓

中庭を囲むように設置された窓は、幅3.5M、高さ2.4Mのかなり大きな窓。
同じ大きさで3カ所に設置されています。
搬入は大工さんも含め力自慢の大人が8人がかりでやっと運べるほど重い曲者です。

ここまで大きなものだと、簡単に建具屋さんで作るわけにもいかず
富山の木製サッシュ専門のメーカーさんで製造してもらいやってきました。
重たいと開け閉めが大変になりそうですが、
そこは窓の先進国、ドイツの金具を使った引違い(ヘーベシーベ)という形状で
片手でも楽に開け閉めが可能です。

なにより、大きなガラス面が中庭と空を取り込み素敵な空間になりそうです。

完成が楽しみですね。

pagetop