支店スタッフブログ

木の大きな窓

カテゴリー
タグ
2021.06.20

冬の透き通った空も好きですが
夏の雲が厚く濃く青い空も好きです。
こんにちは。設計の田口です。

今日はそんな、大好きな空を眺める窓のお話。

現在着々と進行中の現場で、広和木材では珍しい木製サッシュ(木の窓)の採用がありました。
窓と言いましても、大きな大きな窓です。

kimado 木製窓 木の窓

中庭を囲むように設置された窓は、幅3.5M、高さ2.4Mのかなり大きな窓。
同じ大きさで3カ所に設置されています。
搬入は大工さんも含め力自慢の大人が8人がかりでやっと運べるほど重い曲者です。

ここまで大きなものだと、簡単に建具屋さんで作るわけにもいかず
富山の木製サッシュ専門のメーカーさんで製造してもらいやってきました。
重たいと開け閉めが大変になりそうですが、
そこは窓の先進国、ドイツの金具を使った引違い(ヘーベシーベ)という形状で
片手でも楽に開け閉めが可能です。

なにより、大きなガラス面が中庭と空を取り込み素敵な空間になりそうです。

完成が楽しみですね。

現場の状況とパンフレット

カテゴリー
タグ
2021.06.16

こんにちは!工務の吉本です。

着工中のO様邸の現場状況を紹介します!!
只今、基礎工事が完了し、土台を伏せる前段階の状態です。
基礎工事中は天気も安定しておりスムーズに工事が進みました。

現在の工程としては、内外部の配管を水道屋さんが施工し、
内部のガス配管をガス屋さんが施工します。

水道屋さんは外部の配管を施工中~

暑い中の土作業は大変そうです!

外部配管が終わった部分にシートを敷いていきます。
(雨でどろどろになった土を現場内に入れないように先に養生しておきます)

梅雨時期にはマストな養生ですね!

内部はガス配管の施工が完了しています(緑色の配管がガス管)。
ユニットバス内には追い炊きの配管とガス浴暖の配管もあります。

気密部分(玄関部分・UB)には基礎断熱が必要な為、
カネライトフォームという断熱板を基礎の立上りに貼り付けます。

配管が完了すると、土台を搬入し、11本に炭を原料とした防蟻・防腐材を塗布します。
吉本の肌の様に黒々となります(笑)
雨が降ると塗れないので天気が崩れないことを祈るばかりです。。。

防蟻・防腐処理が完了したら、棟梁が土台伏せを行います。
その後、足場を建てて建方を行います。

広和木材の現場には工事看板と広和木材を知ってもらうためのパンフレットが設置してあります。
皆さん見たことありますか?

何気なく看板を見ていたらパンフレットがあと一枚に!!
毎回10枚ずつ入れているので、9枚なくなったといことは9人の方が、
広和木材を知ってくださったということに!
これはとても喜ばしいことです。

慌ててさらに10枚追加です。

現場を見て興味を持っていただき、さらには家づくりを一緒にできたら最高です!
なんて妄想が膨らみます(笑)

土台伏せ、建方と天気に気を遣う作業が始まりますが、
スムーズに作業ができる様に皆様、お力を下さい。

テルテル坊主の送付先は小牧支店工務吉本まで☀

それでは、現場からは以上です!

大規模改築その壱

カテゴリー
タグ
2020.11.27

こんにちは。
設計の大前です

2年近くお打合せをしてきましたI様邸大規模改築がスタートしました。
なんと、このお宅は伝統構法で建てられた築130年の古民家です。
伝統構法とは、太い柱と大きな梁を仕口、栓、継手といった木工技術により
繋いでいる建物をいい、柱の結合部がボルトや金物で固定されていないため、
地震の時は建物が微妙に変形をして揺れを吸収、受け流す働きをします。
木造軸組み工法が「剛構造」ならば伝統構法は「柔構造」となります。

今回、I様から頂きました課題は快適な間取りにリノベーションすることはさることながら
「耐震性能と断熱性能」のアップです!
貫と土壁で造られている壁が柔構造のKEY POINTとなるため、
土壁を残してどうやって断熱性能、耐震性能を上げていくかがポイントです!

 

今日は柱、梁がすべて現れましたのでお客様と確認をしました。
当然傷んでいる柱もありますが、丸太梁やケヤキの鴨居、大黒柱などとてもよい状態でした。

来週から屋根の解体へ進んでいきます。
乞うご期待下さい。

頑張った後のご褒美✨

2020.09.02

お久しぶりです😊

暑くなったかと思えば、突然雨が降ったり…
台風が近づいて来ないか心配な佐藤です☂

2日間、工務の伊藤さんのお手伝いですみ塗に行ってきました!!

私の分まで冷たい麦茶を用意してくれて、とても優しい伊藤さん

材料が搬入されてからいざ、すみ塗開始!!

休憩を取りながら午前中で無事、終了👏

1日のご褒美は、伊藤さんおススメの中華料理屋さんへ
残念ながら定休日だったので、予定を変更して近くの『天下一品』へ

トッピングも良いよと言われたので、角煮をトッピング🍖
写真より大きくてビックリですが、ぺろりと完食

2日目は土台伏せが終わり、柱のすみ塗です。
材料の搬入をしていざ、すみ塗開始!!

写真を撮り忘れてしまいましたが、途中雨に降られて一時中断😢
雨が上がり作業を開始して午前の部終了💦

お昼に辛みそラーメン『ふくろう』へ

次は、煮たまごをトッピング✨
ピリ辛で少し太麺、煮たまごがトロトロでとても美味しかったです🍜

ラーメンでパワーをチャージして午後の部も無事に終了👏

最後にクーリッシュのご褒美が😲🍦

写真は、1日目ですが2日間とも頂きました!!

汗をかいた後のアイスは格別です🍦🍦

伊藤さんラーメンとアイスご馳走様でした🤩

重機が空を飛ぶ

カテゴリー
タグ
2020.08.08

こんにちは。
毎日暑いですが暑さに負けず、現場に出ては自然と肌をこんがり焼いて
腕と顔は黒いのにBODYは白いとてもアンバランスな工務の吉本です。

只今、着工中のK様邸の工事風景をUPしてみます。

こちらの物件、工事現場が高台になります。
擁壁工事前に地盤改良を行うことができないので
コンクリートの壁が出来上がった状態から地盤改良→基礎工事の流れになります。

地盤改良工事が表層改良(土とセメント固化材を攪拌して強固な地盤を造る)の為、
土を掘り起こし、セメント固化材を攪拌するショベルカー、セメント固化材、
転圧ローラーの3点の重機、材料を搬入しなくてはなりません。

そこで25tのラフタークレーンの出番になります!!
道路を封鎖しての作業になりますので忘れずに道路使用届も提出!!許可済みです。

とても大きいクレーン車です。
ちなみに建て方で使用するクレーン車は一回り小さい13tのクレーン車になります。

まずはショベルカーから吊り上げです。バックホーは見慣れていますが真下を見るのはなかなかないので新鮮です()

無事に搬入完了です!

次にセメント固化材を搬入です。こちら一袋の重量が1tになります。計11袋を搬入。

搬入完了後、土とセメント固化材を攪拌していきます。
無粉塵の材料を使用していますので粉が舞うことがなく、近隣の方にも迷惑がかからず安心。

作業途中ですがこの後、形を整えて表層改良工事が完了になります。

9月の建て方に向けて引き続き安全作業で頑張ります!!!

 

pagetop