支店スタッフブログ

多治見の家、出来上がりです!

一気に秋らしい陽気になって
日中も大分過ごしやすくなってきました。
寝る時も布団が恋しくなってきた設計の田口です。
こんにちは。

工事中から継続して見学会を絶賛開催中の『多治見の家』ですが
ようやく仕上げ工事が終わり完成見学会としてご覧いただけます!

先日竣工の社内検査へ行ってきましたので
少しだけニッチな部分で多治見の家をご紹介させてもらいます。
まず階段。

多治見の家は2階リビングになります。
階段の昇り降りが日常なので、少しでも使いやすいように
階段の幅にメーターモジュールを採用して通常の広和木材仕様より広くなっています。
通常75cm幅のところ、9センチ広い84cm幅です。
そして、上がりきった所の角を斜めにカットしてより通りやすくなっています。

そんな、階段に映えるのが黒いスチールの階段手摺。
カクカクした四角い武骨なオリジナルデザインです。
お施主様の要望を伺い図面を作って作成しています。

通りやすさに加え、触り心地もご体感ください。

さて、家への愛着って色々だと思いますが
普段使うスイッチが違うだけで、グンと増す気がします。

多治見の家ではアメリカンスイッチとトグルスイッチが使われています。
基本はアメリカンスイッチ、トグルスイッチも探してみて下さい。

↑これがアメリカンスイッチ


↑こっちがトグルスイッチ
ちなみに【トグル】とは、ダッフルコートなどに使われている木の棒状のボタン(留め具)に似ているからなんですって。

最後です。
↓この写真の中にあるものが隠れています。何でしょう?

場所は2階LDKのダイニング部分です。
節が良い感じにワイルドなオークの無垢フローリングです。
そんなワイルドさに隠れて一か所小さな穴を見つけられたでしょうか?

そうです。
指を入れる穴です。
指を引っ掛けて一部フローリングが外れる仕掛けになっています。

もう分りましたね。
大工さんにフローリングのジョイントに合わせて造作してもらった
床コンセントです。

丁度ダイニングテーブルを設置する辺りに居ます。
普段は目立たないように影を潜めています。
指を入れる穴はコードを通す事も可能です。
是非探して見つけてあげてください。

さてさて、かなりニッチな部分の紹介になってしまいましたが
お家は全体的にとっても素敵に仕上がっています。
工事中に見学された方も、まだの方もぜひご覧になってください。

多治見の家ご見学希望は、見学会情報をご確認ください!

pagetop