本社スタッフブログ

お松さん

カテゴリー
タグ
2022.06.22

こんにちは🌞

木々の緑も、深みを増してきたこの頃、
こんな木を見た事はありませんか?

 

最近気になるのが、当社近くの緑豊かな雑木林の中で、
ポツンと茶色く枯れた松の木です。

マツノマダラカミキリという、
長さ23センチ程の虫が運ぶ、寄生虫の仕業と言われています。
全国で確認されている様ですが、気候変動の影響もあるのでしょうか?

元気な木が、折れてこんな姿になってしまいます。😢

 

木の世界も過酷です。
人間界での、ここ数年の流行り病と、なんだか似ている…🦇

そんな中、2年ほど前に、元気なお松さんを数本、
当社の林で切り出させて頂きました。

製材、皮むき、自然乾燥して、加工。

 

そのうちの2本を、扶桑町のお客様のリビングに採用して頂きました。
自然の曲がりを利用して、ワイルドに屋根を支える、中津川産の赤松です。

 

もしかしたら数年後、とても貴重な木になっているかもしれませんよ。🌲

大黒柱にお化粧を

カテゴリー
タグ
2021.09.08

こんにちわ!工場の黒田です。

少し前のことですが、新築住宅の大黒柱に紅白を巻きました。

 

何故大黒柱に紅白の布を巻くのかと言いますと、大黒つまり七福神の大黒天様を祀るためです。

紅白を均等に巻こうだいぶ苦戦しまして紅白合わせて4~5回くらい巻きなおしたりもしながら
神様を祀るためのものですし、お客様の為にも妥協せず頑張りました。

結果、納得がいく仕上りになりキレイに巻くことが出来たと思います。

 

過去にも何回か巻いた事がありますが、なかなか納得できる仕上がりにならず

恥ずかしい話、1本巻くのに1時間以上掛かったこともあります。
(今でも2~30分くらい掛かります・・・)

 

最近では大黒柱がない家も多いので、久しぶりに貴重な体験が出来ました。
皆さまも、住宅を建てる際是非検討してみてはいかがでしょうか?

磨けば光る?

2021.07.13

皆様こんにちは!
本社インテリア部の稜麻です。

最近、3月に木材市場で仕入れた一枚板を磨き始めました。
木のビフォーアフターを少しご紹介します。

※仕入れの記事はこちらです。(小牧支店 設計 田口さんのブログより)

→ https://kowamokuzai.com/blog3/blog3_tag/%E6%9C%A8%E6%9D%90%E5%B8%82%E5%A0%B4/

製材前はこんな感じです!
お世辞にも綺麗とは言えないですね。

ベルトサンダー機で少しずつ表面を削っていきます。
一気に何㎜も削れないので、機械が無理をしない程度で綺麗になるまで何回も通します。

そして、出来上がった一枚板がこちら。

綺麗!

素敵な一枚板になりました。(木材はタモです)
実際に使用する際には、両端の耳も綺麗に磨きます。

最近人気のタモですが、磨く前の木はあんな感じです。
しっかりと磨けばこんなに綺麗になってくれるんですね。

板はまだまだあるので、頑張って綺麗にしていきます!

陰で支えます。

カテゴリー
タグ
2020.12.26

構造用合板が入荷しました。
大型トラック1車分です。🚚

主に、床の下地材として使用するもので、広和木材の建物を支える💪大事な部材です。
全部積み重ねると、横浜ガンダムより高い約20メートル! 🤖 (積めませんが。)
全部並べると、オリンピックプールとほぼ同じ面積! 🏊‍♂️(わかりにくい。)

杉や桧、唐松など、針葉樹を重ね合わせた、ハイブリッド構造🥪になっています。
当社では、地元中津川🌰、森の合板工場で生産されている製品を、主に使用させていただいております。

広和の家、こだわり国産材の1つでござます。

皆様、よいお年を~。

気になる木~♪

2019.09.06

不動産・保険担当の今村です。

本社製材機の横に、大きな丸太があるのを見つけました。

ボールペンで比較してみましたが、ホント大きいです!

表面がボコボコしているこの木、
どんぐり だそうです。 

お客様個人のもので、製材して欲しいと運ばれてきたそうです。

広和木材!そんな事もできるんですね!

 

pagetop