本社スタッフブログ

桜を見に

2022.04.12

不動産・保険担当の今村です。

先日、滋賀県にあります MIHO MUSEUM という所へ行ってきました。

目的は、敷地内にある枝垂桜です。

いつも美術館に行く時は展示作品が目的ですが、
今回はずっと見たいと思っていた桜です。

少し早かったですが、お天気が良くて満足!

 

そして美術館は、桜並木を通り過ぎ、トンネルを抜けると現れます。

この美術館の設計は、フランスのルーヴル美術館前にある、
ガラスのピラミッドを設計した人と同じ I.M.ペイ(イオ.ミン.ペイ)さんです。

美術館のHPに建物紹介があり、
建築にとっての成否は、 光が鍵を握っている とおっしゃっています。

 

その言葉のとおり建物の内部は光が溢れています。
そして影とコラボレーション。素敵な雰囲気です。
今回は、桜と建築と展示作品と3度楽しめました。

ようやく・・・

2021.10.29

不動産・保険担当の今村です。

以前、「田中一村展 ~奄美へとつづく道~」という美術展に行ってきました。

 

明治生まれの関東出身の方です。
50代からは奄美大島へ移り、亜熱帯地方の絵を描かれました。

そしてこちら、

 

広和木材で、贈答用に使っている奄美大島のお酒、黒糖焼酎です。
箱の背面に田中一村さんの絵があります。
入社して、ここで初めて一村さんのことを知りました。
いつか本物が観たいな、と思っていたのがようやく叶いました。

梅を見に

2021.03.09

先日、静岡県にあります MOA美術館 という所へ行ってきました。
目的は、国宝 『紅白梅図屏風』 尾形光琳の作品です。

照明をおとした小さな部屋にある屏風は、ずっと眺めていられました。
そしてこの美術館は、展示作品以外にも、建物や内装に見所が満載でした。
そのうちの1つが、階段ホールの窓です。

杉本博司氏デザインの、木曽檜の角材を、45度回転させ配置した格子です。
階段を一段下りるごとに変わる景色に、
これも1つの作品だな、と魅了されました。

 

使われているのが木曽檜ということで、広和で働く私はさらに嬉しく思いました。

 

pagetop