愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  その他豆知識 , 豆知識  >  地鎮祭と上棟式はやったほうがいい? 上棟、地鎮祭を行う理由と云われ

家づくり豆知識

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

地鎮祭と上棟式はやったほうがいい? 上棟、地鎮祭を行う理由と云われ

最近では家を建てる際に、
地鎮祭や上棟式を行わない方も増えてきています。

実際にこれから家を建てるという方もやった方がいいのか、
それともやらなくても問題がないのか、
それとも費用がかからなければやらないよりやった方が……
とあれこれ悩まれている方もきっと多いかと思います。

そこで地鎮祭や上棟式を行う理由とは何なのか、
その云われなどについてご紹介したいと思います。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f1

 

地鎮祭は土地の神様に、工事の安全と家の安全を祈願するお祭りです

 

地鎮祭はどんな式典なのかというと、これから家を建てる土地の神様に
「この土地に家を建ててもよろしいでしょうか?」とお伺いを立て、
許しをもらい、「工事の安全」や「これからも家にずっと安心して住めること」を
祈願するお祭りです。

ちなみに、このお祭りは神道が由来。

神道では、その土地ごとにその土地を守ってくれている
「地主神」「氏神」というものが存在すると信じられています。

そのためこの地主神さま、氏神さまを大切にする地域では、
その土地に家を建てて住まいを設ける場合は、
必ずその土地の地主神・氏神さまにご挨拶をして、
「その土地に住んでもいいか」のお伺いを立て、
安心して暮らせるよう祈願するお祭りが行われています。

つまり地鎮祭は「その土地に住んでいる神様へのご挨拶」
のようなものと考えればいいと思います。

自分は他の宗教を信じているため、神道の儀式は行いたくない……
というのであれば、もちろん地鎮祭は行わなくても問題ないと思います。

また氏神様へのご挨拶なのであれば
「直接神社へ行ってお参りをするため、地鎮祭は必要ない」
というのであれば、それもいいのではないかと思います。

地鎮祭は単なるゲン担ぎではなく、その土地にこれから住む方を、
気持ちよく迎えて安心して住んでいただくための儀式とも言えます。

その儀式を行った方が
「これからも安心して気持ちよく住まうことができる」というのであれば
ぜひ行っていただき、それをすることで
「その場所へ住むのに違和感が生じてしまう」のであればやらない方がいい、
そんな自由な考えの基に行えるのが地鎮祭です。

 

上棟式は何のために行うの?

 

%e5%86%99%e7%9c%9f2

 

地鎮祭は土地に住む神様に
「この土地に住んでもよろしいでしょうか?」というお伺いを立てる儀式ですが、
上棟式の場合は建物の柱・棟・梁が完成して棟上げを行う際に
「建物が安全に建ちますように」
「今後も安心して建物に住み続けることができますように」
と祈願をする式典になります。

地鎮祭ではその土地に住む氏神様にお祈りをする儀式ですが、
上棟式の場合は氏神様に加えて、建築に関わる神様である
屋船久久遅命(やふねくくのちのみこと)、
屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)、
手置帆負命(たおきほおいのみこと)、
彦狭知命(ひこさしりのみこと)、
また自分が生まれた土地の氏神様である
産土神(うぶすながみ)などにお祈りを行います。

つまり地鎮祭は「土地」のための儀式、
上棟式は「建物」のための儀式と言えます。

近年ではパネルで組み立てるタイプの家も増えてきたことから、
地鎮祭だけを行い、上棟式は省略するという方が増えてきているようです。

また関係者を集めるのが大変なことから、
業者側から上棟式を省略してほしいと頼まれるケースもあるよう。

旧来からの方法で家を建てる方なら上棟式まですれば、
より安心して家に住むことができると思いますが、
行うかどうかはケース・バイ・ケースで柔軟に考えた方がいい式典かもしれません。

ちなみに地鎮祭の場合は神主が祝詞を読みあげる中、
参列者が頭を垂れてお祈りを行うという
どちらかというと静粛な雰囲気が漂う儀式です。

一方、上棟式の場合は祝詞をあげた後に棟木を棟に挙げて
威勢のいい掛け声とともに棟木を打ち固める儀式や、
お餅や小銭をばらまく散餅銭(さんぺいせん)という
にぎやかな儀式が行われます。

もしも上棟式が行える環境にあるなら、
これからご近所に住む方と少し親しくなるにも、
また近隣の方に騒音で迷惑をかけることを事前におわびしておく意味でも、
上棟式はちょうどいい機会となるのではないでしょうか。

またご近所にお子さまが住んでおられるのなら
お餅の代わりにお菓子をまいて、
自分の子どもたちと仲良くなってもらうための、
引き合わせの場所にするのもいいかもしれませんね。

さらに地鎮祭と上棟式では、
これから家づくりを行ってくれる職人さんたちと
顔合わせをすることができます。

それを行うかどうかで工事に差がつくということはありませんが、
自分の家を建ててくれる方たちの顔を見ておくことは、
これから長く住む家への安心感や愛着を育むのに役立ちます。

またこれから家づくりを行ってくれる職人さんたちの労をねぎらうことで、
より自分の家づくりへの覇気を養い、
やる気を持って臨んでいただくことができるのではないかと思います。

式典というとどうしても堅苦しく考えがちですが、
自分にとってそれが必要であれば行えばいいし、
必要でなければ無視することができる、
自由で柔軟に対応できるのが地鎮祭と上棟式です。

ぜひあまり難しく考えずに、お気軽にご検討してみてください。

壁材について

構造材について

自然素材について

床材について

木について

その他豆知識