愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  床材について , 豆知識  >  床やカウンターにウォールナットの無垢材が合う理由

家づくり豆知識

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

床やカウンターにウォールナットの無垢材が合う理由

高級感のある木目に重厚感のある色味で知られるウォールナット。
床材に使えば室内が落ち着きのある印象になり、さらに室内全体の雰囲気が高級感あふれる装いになる人気の床材です。

またウォールナットは古くから高級家具材としてよく使われていたため、室内のカウンターに使われることも多い木材です。
カウンターにこの木材を使うと、まるで高級なワインバーやホテルのラウンジのような印象に。

さらに古めかしい印象もあるため、アンティーク調の室内にまとめたい時にもウォールナットがよく合います。

重厚で気品あふれる印象のウォールナット材。
その特徴やメンテナンスの仕方などについて、まとめてご紹介します。

床やカウンターにウォールナットの無垢材が合う理由

 

ウォールナットの特徴とは

ウォールナットは木の中心部である心材と木の外側である辺材とで色味が変わってくるという特徴があります。

一般的に強度の高いことで知られる辺材ですが、ウォールナットの辺材は乳白色からグレーがかった紫色の色味があります。
逆に心材は紫がかった褐色の色味です。

また濃淡のある縞模様が出るのも特徴で、重厚感のある色味と木目が特徴の材木と言えます。

ウォールナットはまた経年変化で色味が変わってくることでもよく知られています。

面白いのは一般的な木材では経年変化で色が濃くなることが多いのに対し、ウォールナットでは経年変化で色が薄く明るくなる傾向があることです。
そのためウォールナットの暗い重厚感のある色味が好きな方は定期的なメンテナンスが必要になります。

 

ウォールナットの木質について

ウォールナットの木質としては強度がある一方で木肌がやや粗めという特徴があります。
そのためメンテナンスを放置していると木肌の粗さが目立つことがあります。

ウォールナットの色味だけでなく木肌の艶を維持するためにもメンテナンスが欠かせません。
ただし表面がやや粗いため艶出し材をよく吸収してくれ、メンテナンスのしやすい木材でもあります。
メンテナンスの頻度や方法によってウォールナットの色味や持ち味が変わってくるため、育てる楽しみのある木材です。

一方で表面はやや粗さがあるものの木質としては強度があり衝撃にも強く、また割れにくく耐久性があるという特徴があります。
そのウォールナットの強さは銃床材としても使われているほど。
床材としても問題なく使える強度があり、ドア材やカウンター材にも安心して使える木材です。

 

経年変化で色が薄くなる?

木材の経年変化による色合いの変化の決め手となるのが、木材に含まれているカテキンの量です。
カテキンは酸化により茶色いタンニンへと変化します。
これが一般的な木材が経年変化により色が濃くなっていく理由です。

一方でウォールナットの場合は、木の成分にタンニンが多く含まれています。
そのため他の木材よりも暗めで落ち着きのある重厚感のある色合いが楽しめるのです。

このタンニンは経年変化や紫外線による酸化によって色が薄くなる場合があります。
特にこの反応を進めやすいのが紫外線。
日によく当たる場所にあるウォールナットは、比較的早く色が薄く明るくなることが多いようです。

そのためウォールナットを床に使用する場合は、メンテナンスに合わせて家具の配置換えや模様替えを定期的に行うなどして、床の色味を一定に保つようにするのがお勧めです。

また経年変化そのものを「風合い」として楽しんでしまうのもひとつの方法かもしれません。

 

ウォールナットの高級感あふれる理由

ウォールナットはその重厚感のある色味や木目の美しさ、経年変化による風合いの美しさや高い強度が買われ、昔から高級家具や格調高い施設の家具を作る木材として長年愛されてきました。

現在でも企業の社長室や役員室、応接室などにはウォールナットが使われていることが多いようです。
それだけ「高級感のあふれるイメージ」がある木材です。

またウォールナットは17世紀後半から18世紀中ごろに家具材として流行したため、高級なアンティーク家具の中にウォールナットが使われているものが多くあります。
ウォールナットの高級感は、このアンティーク家具によるイメージも大きいかもしれません。
さらにウォールナットが高級木材として扱われる理由には、持続的な伐採によって木材が枯渇しつつあり希少性が高まりつつあるのも理由です。

 

ウォールナットのメンテナンスについて

ウォールナットは紫外線やエアコンの風により経年変化が進みやすい木材のため、ぜひ定期的なメンテナンスを加えながら、長く大切に愛用していただくことをお勧めします。
また濡れたまま放置すると変色することがあるため、濡れた場合は乾いた布か固く絞った布で拭いてお手入れしましょう。

また定期的なメンテナンスにはクリーニング液を使う方法やオイルを使う方法、WAX等を使う方法があります。
それぞれ用いる方法で出てくる艶や色合いが異なってくるため、自分の暮らし方や手入れのしやすさ、出てくる風合いの違いを確かめながらメンテナンス方法を選ぶのがお勧めです。
ウォールナットは定期的に手入れが必要なため、日常使いには面倒な部分もありますが、逆にそのお手入れの頻度や仕方によって味わいが異なってくるため、いわゆる「育てる楽しみ」がある木材と言えます。

時と共に変わっていく味わいや風合い、そして手入れによって得られる艶や光を楽しみながら、ぜひ長く大切にお使いください。

壁材について

構造材について

自然素材について

床材について

木について

その他豆知識