愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

家づくり豆知識

家づくりの結果は勉強量に比例します。家をつくろう!と思った時、一体何から始めたらいいのか知っていますか?
広和木材の家づくりははじめてという方はもちろん、家のこと、木のこと、素材のことなどを知っておきたいという方にも是非読んで欲しい、家づくり豆知識を載せていきます。

無垢材の魅力を徹底紹介! 各種無垢材の基礎知識

近年の家づくりにおいて「自然素材」や「体に優しい家」
というキーワードを意識する方が増えています。

一生に一度の買い物とも言われる、住宅。

手に入れたときには、家族が自然と、心地よく過ごせることが一番です。

そのための方法はさまざまですが、
人気が高いのは「無垢材を使う」ということです。
フローリングや柱に使うと多くのメリットが期待できる無垢材ですが、
種類が多く、選定に迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、住宅建築で人気の高い無垢材について、
名前やその特徴などの基礎知識をお伝えします。

 

 

美しい木目と耐久性の高さが魅力の「オーク」

 

無垢フローリングを検討するときには、
必ずと言って良いほど登場するのが「オーク」です。
その秘密は、オークという木が持つ特徴にあります。

古い時代から、耐久性や耐水性の高さが注目されてきた樹種で、
ウイスキーの樽に使われていたのも、このオークです。

木面の色味も、薄すぎず、濃すぎず、
人気の「北欧インテリア」から「和モダン風」まで、幅広く対応可能です。
美しい木目が特徴の一つで、徐々にその色味を変化させていきます。

またオークは、非常に堅い木材です。
無垢フローリングと言えば、
「ちょっとしたことですぐに傷がついてしまう」
というイメージを抱く方もいるでしょう。

しかしオークの場合には、多少ラフに扱っても大丈夫です。
リビングやダイニングの他、子供部屋などに施工しても、
魅力的な空間に仕上げてくれます。

 

明るい印象に仕上げてくれる「タモ」

 

オーク材と同じように、ナチュラルな風合いを持つ「タモ」は、
色だけではなく、機能的にもナラと似た構造を持つ樹種です。

固さや耐久性も、オークとそれほど変わりがありません。
ただし、オークに特徴的な「虎斑」は、タモ材にはありません。

よって、オークを使ったときよりも、
部屋全体をスッキリとした印象に見せてくれます。

オークと似た特徴を持ちながら、
オークよりも安価に施工できるケースも多いので、近年人気を集めています。

無垢フローリングとして施工すれば、床が主張しない分、
家具やインテリアの魅力を満喫できる空間になるでしょう。

また加工しやすい樹種ということもあり、
家具やカウンターの素材としても用いられます。
キッチンカウンターや作り付けのデスクなどでも、人気の樹種です。

 

和風邸宅にもしっくりくる「チェスナット」

 

「チェスナット」は、日本名で「クリ」と呼ばれます。
食べられる実の方が注目を集めがちですが、
家づくりをする際の材料としても人気の樹種です。

チェスナットの特徴は、非常にはっきりとした木目です。
オークやタモほどではありませんが、固さと強さを持った木材で、
フローリング材としても人気を集めています。

またチェスナットには、「湿度に強い」という特徴もあります。
このため、キッチンや洗面所など、
湿気が多くなりがちな場所でも安心して使うことができます。

古い時代には、家づくりをする際の土台や枕木として活用されていたチェスナット。
湿気に対する強さを、昔の人もちゃんと知っていたのでしょう。

 

柔らかさと肌触りの良さが格別な「スギ」

 

日本家屋の無垢フローリングによく使われるのが「スギ」です。
独特の木目と、柔らかさが最大の特徴です。
色は薄く赤みがかっていて、
使用する木材によっては節が気になってしまうことも。

とはいえ、価格が安いこともあり、
「手ごろに導入できる無垢フローリング」として人気を集めています。

スギは柔らかい木材で、長時間立っていても足が疲れにくいという特徴があります。
長時間立って作業をすることが予想される場所に施工しておくと、
足への負担を最小限にできます。

ただし傷には弱いという特徴があります。
子どもがおもちゃを落としただけでも、すぐに傷がついてしまうでしょう。

「すぐに傷つく」という点が、
スギを導入する際の最大の懸念点だと言えますが、大丈夫です。

無垢フローリングは、いくら傷ついても「汚い」印象になることはありません。
また表面のメンテナンスをすれば、すぐにピカピカの状態を取り戻せます。

 

濃い色味、高級感が漂う「ウォールナット」

 

日本では「クルミ」と呼ばれる「ウォールナット」。
高級感あふれる、深い色味が人気の秘密です。

フローリングとして施工すれば、部屋全体を大人っぽく、
落ち着いた印象に仕上げられるでしょう。
濃い色の床は、モダンテイストからアジアンテイストまで、
幅広いインテリアに対応してくれます。

木材としての特徴は、衝撃に強く、加工しやすいという点が挙げられます。
このため、家具の材料としても人気を集めています。

チーク、マホガニーと並んで世界三大銘木の一つであり、
世界中で非常に人気が高い樹種です。

しかし一方で、人気の高さが仇となり、材料の減少が進んでいます。
状態の良いウォールナット材を手に入れることは大変難しく、
その分価格が高くなってしまいます。

限られた予算の中でもウォールナットを使いたいという場合には、
家の中の限られた場所のみに施工すると良いでしょう。

 

深みのあるツヤと明るい雰囲気が人気の「メープル」

 

楽器に使われることも多いメープルは、
「カエデ」や「もみじ」という名前でも知られる樹種です。

部屋全体を明るい雰囲気にしたいときにオススメの無垢材で、
衝撃に強いという特徴があります。
バスケットなどの、激しい運動が行われるコートのフローリング材として
採用されるケースも多く、強さを求める方にもピッタリだと言えるでしょう。

またメープルは、楽器の素材としてもよく使われています。
年数が経過するごとに、美しいツヤを楽しめるようになるでしょう。
お手入れが手軽なことからも、フローリング材として人気を集めています。

 

構造体にも使われる強さ「ヒノキ」

 

爽やかな香りが特徴的で、高級木材としても知られるヒノキは、
日本人にとってなじみの深い樹種だと言えます。
ヒノキの加工品は、日常的に目にする機会も多いはず。

適度な柔らかさと強さを持っており、
またシロアリなどの害虫に強いという特徴もあることから、
家の構造にも使われています。

土台や柱などに使われた場合は、
見えないところでしっかりと家全体を守ってくれることになります。

フローリングなど目に見える部分に採用すれば、
スッキリとした見た目と爽やかな香りで、
住む人の心を癒してくれることでしょう。

 

まとめ

 

世界にはさまざまな木材があり、同じ「無垢材」でも
それぞれで違った特徴を持っています。

どれもが異なる風合いを持つ無垢材ですから、
「見た目」にこだわるのも良いでしょう。

とはいえ、ほんの少し「木材が持つ特徴」にまで目を向けてみると、
より暮らしやすく、長持ちする家が作れるのではないでしょうか。

意外と簡単! 無垢のフローリング日頃のお手入れ

無垢フローリングは魅力的。
でも、日ごろのお手入れが大変そう……!

こんなイメージで無垢フローリングを諦めようとしている方はいませんか?
確かに世の中には、無垢のフローリングよりも
簡単にメンテナンスできる商品も多数あります。

しかし、実際に足で踏んだ瞬間の感触、
そして無垢フローリングが施工された室内の空気を体感していただければ、
たくさんのメリットがあることもお分かりいただけるかと思います。

日ごろのお手入れも、コツさえ知っておけば、何も恐れることはありません。

導入前に知っておきたい「無垢フローリングの日ごろのお手入れ法」について、
詳しく紹介していきます。

 

 

お手入れ方法は、塗装方法によって異なります

 

まず頭に入れておきたいのは、同じ無垢材でも、
塗装方法によってメンテナンス方法は変わるということです。

全体にピカピカとしたコーティングを施すウレタン塗装は、
ワックスフリーでメンテナンスが楽である点が魅力です。

一方で、無垢材ならではの風合いや感触の良さは損なわれてしまいます。

無垢材の魅力を存分に楽しみたいときには、
浸透性塗料を使うのがオススメです。

天然油脂を、ゆっくりと無垢材に浸透させていくことで、
木材の性能を守ることができます。

無垢材の魅力を損なうこともありません。

丁寧にメンテナンスし続けることで、
無垢フローリングならではの色の変化も楽しむことができるでしょう。

 

日常の汚れには乾拭きや掃除機で対応

 

せっかくの無垢フローリングだから、キレイに使いたい!
と意気込む気持ちもわかりますが、気合いの入れすぎはオススメできません。

家とは、家族みんなが和やかに集うための場所。
食べこぼしやジュースのシミなど、いちいち目くじらを立てていると、
リラックスしてくつろげなくなってしまいます。

無垢フローリングを施工したとしても、家は家です。
汚れることは、ある程度仕方がないと割り切りましょう。
大切なのは、できるだけ早い段階で、適切な処置を行うということです。

無垢フローリングにとって、水拭きはあまり良いものではありません。
雑巾で乾拭きをして表面の埃を取り除いたり、
掃除機でゴミを吸い取ったりしましょう。
フローリングの乾拭き用シートを使うと、毎日のお手入れも苦になりません。

また無垢フローリングは、使われている木の特性上、
膨張したり縮んだりすることが考えられます。

ときにはフローリング材とフローリング材の間に
小さな隙間ができてしまうこともありますが、掃除機を使えば、
細かいところに入り込んだゴミもさっと取り除くことができるでしょう。

床に水分をこぼしたときには、
できるだけ早くふき取ることで、シミになるのを防げます。

 

汚れがひどいときは、固く絞った雑巾で

 

乾拭きや掃除機だけで汚れを除去できないような場合には、
中性洗剤を溶かしたぬるま湯を準備してください。
雑巾に含ませ、しっかりと絞ったら、それで汚れをふき取っていきます。
丁寧に作業を行うことで、無垢材へのダメージも最小限に食い止められます。

ウレタン塗装を選択した場合は、これらの手順を繰り返して、
フローリングの美しさをキープしていくことになります。

 

3カ月に1度程度の大掃除

 

さてここからは、自然塗装を選んだ方向けのメンテナンス方法です。

3カ月から6カ月に一度程度は、
床に溜まった汚れを一気にメンテナンスする機会を持ちましょう。

無垢材に使える専用のワックスクリーナーを準備すると便利です。
汚れを落とし、さらにワックスがけの効果も得られます。

美しさを保ちながら、無垢材の表面の防汚力も高められますから、
毎日のお手入れも楽にしてくれるでしょう。

 

塗装が剥げてきたときには

 

浸透性塗料を使って仕上げた場合、
残念ながらその効果は、永久的に続くものではありません。

床の上を歩いたり、掃除をしたりする内に、
少しずつ剥がれていってしまいます。
だからこそ、定期的に再塗装することが大切です。

塗装が剥げてきたことを知る目安は、
「汚れが付きやすくなってきた」「木面が乾いた感じになった」
といったポイントとなります。

毎日、目や足で床の感触を楽しんでいれば、すぐに気付くことができるでしょう。

もし、家具を移動させて全面を塗りなおすのは面倒という場合には、
塗装の劣化が目立つ部分を集中的に塗りなおす方法もオススメです。

汚れを落とした床に、薄く塗料を擦り込んでいきましょう。
またしっかりと浸透した頃合いを見計らって、
丁寧に乾拭きをすることも大切です。

美しさを取り戻した床は、見ていて気持ちが良いものです。

 

まとめ

 

確かに無垢フローリングは、定期的な再塗装が必要な点で
「手間がかかる床」と言えるのかもしれません。
しかし普段のお手入れは、ほとんどが乾拭きや掃除機で大丈夫です。

定期的なメンテナンスも、
「積極的に手をかけ、より味わいのある床へと育てていく」
ための手段だと捉えてみてください。

家族みんなで楽しむイベントのようにとらえれば、
きっと前向きな気持ちで取り組めるはずです。

また、落としにくい汚れがついたときでも大丈夫です。
無垢フローリングは、最終手段として「削る」ことが可能です。

汚れが付着した表面を薄く削れば、内部からはまた、美しい木面が露出します。
時間が経過したからといって、美しさを諦める必要はありません。

日ごろのお手入れ方法についても頭に入れて、
無垢フローリングを検討してみてください。

注文住宅と分譲住宅の違いって?

家を購入する際には、多額の費用が必要となります。
「自分たちの理想は叶えたいけれど……正直なところ、費用面で不安がある。」
こんな思いを抱えている方も、決して少なくないでしょう。

住宅は、一生に一度と言われる大きな買い物ですから、
「何度も経験して、自分に合うスタイルを見つけていく」というわけにはいきません。
後悔することなく住まいを購入するためには、事前の学習が必要不可欠となります。

今回は、家を建てたいと思い始めた際によく耳にする、
「注文住宅」と「分譲住宅」という二つの言葉について詳しく解説していきます。

両者の違いはどこにあり、
そしてそれぞれどのような人たちに向いているのでしょうか。

 

 

注文住宅の特徴とは?

 

「注文住宅」は、間取りや設備についてのアレコレを、
全て自分たちで決定してから家を建築していくスタイルです。
家に対して、アレコレと思い入れがある方もいるでしょう。
そうした理想を叶えやすいのが、注文住宅の特徴です。

また、すでに建築する土地を所有しているときも、
注文住宅を購入することになります。

土地の形はそれぞれで違っていますから、
「自分の土地」に合わせてプランニングを行い、
それを建築していくことになります。

注文住宅を建てることになったとき、「どのぐらいまで、自分で決定できるのか」は
選択する会社やメーカーによっても異なります。

工務店やメーカーによって、
得意とする工法や使いやすい設備メーカーは異なっていますから、
「自分たちのこだわりを実現してくれる会社」を見つけることが大切だと言えます。

また「注文住宅」をうたってはいても、
選択肢の幅が非常に狭められているケースもあります。

もし、自分たちの家づくりにおいて、「妥協したくない何か」がある場合には、
契約前にきちんと確認しておくことが大切です。

 

分譲住宅の特徴とは?

 

一方で分譲住宅とは、どのようなスタイルなのでしょうか。
こちらは、分譲住宅地にて、数棟を一気に建てた上で販売する手法のことを言います。

土地と建物がセットで販売されている点や、
出来上がった建物(もしくは出来上がりつつある建物)を見て
購入を決断できるという特徴もあります。

分譲住宅地は、住宅用に開発・整備された土地で、
暮らしやすさに配慮されているケースも多いものです。
土地から購入する場合は、候補の一つとなるでしょう。

また「分譲住宅」と似た意味の言葉に、「建売住宅」があります。
厳密にいえば、「建売住宅」は建物が完成した後に販売されるケースを指します。

しかし近年では、建物が建った後に販売される分譲住宅もあれば、
建物ができあがる前に販売される建売住宅もあります。
両者の間に、ハッキリとした線引きはないと考えていいでしょう。

 

それぞれのメリット・デメリットをまとめます

 

注文住宅と分譲住宅にはそれぞれ特徴があり、
「どちらの方が優れている」と一概に言えるものではありません。

どちらにしようか迷う余地がある場合には、
両者のメリット・デメリットについてよく検討する必要があります。

まず注文住宅のメリットといえば、
「圧倒的に自由度が高い」という点が挙げられます。
外観のデザインや建材の一つ一つにまで、
自分たちらしいこだわりを詰め込むことが可能です。

スイッチ一つ、蛇口一つまで大切にして、
家づくりを楽しむこともできるでしょう。

反面「家が建つまでに時間がかかる」「費用がかさみがち」
というデメリットも存在しています。

また、いくらプロの手を借りられるとは言っても、
「自分の手で家の細部まで決定していく」という作業を、
苦手に感じる方もいるでしょう。

このような場合には、「すでに建っているものを見て決められる」分譲住宅の方が、
メリットが大きくなるのかもしれません。

一方で分譲住宅のメリットは、「価格を抑えることができる」という点です。

分譲住宅では、同じような外観、
間取りの家を一気に数棟建てるケースも多いものです。

必ずしも「価格が低い」=「設備や家のグレードが低い」というわけではなく、
一括購入、一括工事が可能であるためにコストダウンを図れます。
こだわりが少ない人にとっては、メリットが大きい販売手法です。

 

自然素材にこだわるなら「注文住宅」がオススメです

 

では最後に、近年人気が高まっている「自然素材の家」について考える場合は、
注文住宅と分譲住宅、どちらの方が有利なのでしょうか。

こちらは断然、注文住宅です。
自然素材をふんだんに使った家は、近年急速に人気を高めています。

しかし分譲住宅では、まだまだ採用が少ないというのが現実なのです。
もし、「自然素材をふんだんに使った分譲住宅を探したい」となれば、
非常に苦労することでしょう。

ゼロではありませんが、住む場所やその他の条件について、
妥協しなければならないかもしれません。

無垢のフローリングは、希望されるお客さまも多いために、
採用されているケースも増えています。

しかし、木の種類や踏み心地にまでこだわれるわけではありません。
自然素材を家づくりに活かしたいと願うときには、
「何」を「どこまで」使うのかを決定していただく必要があります。

注文住宅であれば、「できるだけ多くの自然素材を使いたい」という望みにも、
「ここだけはどうしても」という望みにもこたえることが可能です。

また自然素材は、一つ一つが特徴的で、独特の味わいを持っているもの。
自然界に「全く同じもの」は存在していません。

こうした世界だからこそ、「一から自分の好きなものを選び、組み上げていく」
という作業は非常に重要なポイントとなります。

自然素材を扱う上で、決めなければならないことや
注意しなければならないことは多数あります。
こんな繊細な作業にも対応できるのが、注文住宅ならではの魅力なのです。

 

まとめ

 

自然素材の家づくりを楽しむなら、ずばりオススメは「注文住宅」です。
とはいえ「注文住宅を建ててくれるなら、どこの企業でも同じ」
というわけではありません。

ぜひ、自然素材を使った家づくりに強い会社を選んでください。
どこにどのような自然素材を使うと、人々の生活がより豊かになるのか。
詳しく知っているのは、普段から「自然素材の家づくり」に
取り組んでいる企業のみです。

「快適な家はほしいけれど、注文住宅はいろいろと面倒そうだなぁ」
なんて思っているあなたも、どうか安心してください。

一つ一つの過程において、丁寧にサポートいたします。

家を建てるなら自然素材と無垢の木の家

自分たちの家を建てるときには、
「こだわりを詰め込んだ、世界に一つだけの家にしたい!」
という希望を抱える方も多いことでしょう。

これこそが、注文住宅の醍醐味とも言えます。
とはいえ、そんな注文住宅の世界にも、様々な種類の家が存在しています。

長い期間、ずっと住み続けていく家だからこそ、
満足感が継続する家づくり心掛ける必要があります。

人間の生活に心地よさと快適さを与えてくれる「自然素材と無垢の家」について、
どこに魅力や特徴があるのか、わかりやすく解説していきます。

 

 

赤ちゃんからお年寄りまで、健康に優しい家づくりを

 

近年の家づくりにおいて、重視されがちなポイントと言えば
「効率的であること」や「低コストである」ということです。
このため、化学物質が含まれている建材や
自然素材ではない建材を採用することも珍しくありません。

人工的に作られた建材は、どのような現場においても均一な結果を出しやすく、
便利に扱いやすいというメリットがあるためです。

しかし自然に存在しないものに囲まれて生活をすることで、
健康被害が起きてしまう可能性もあります。

2003年に建築基準法が改正されたことにより、近年は、
シックハウス症候群に関する基準値は非常に厳しくなっています。

もちろんメーカー側は、この基準値を守った上で家づくりを行っています。
とはいえ、もともと敏感な体質の人や、アレルギーが気になっている人、
体力がない赤ちゃんやお年寄りにとっては、
基準値内であっても安全とは言い切れません。

その点自然素材を使えば、こうした方々でも安心して生活することができます。
化学物質や有害物質について、心配する必要もありません。

 

自然素材だからこそ、長く使い続けられます

 

肉体的に安全である点以外にも、自然素材にはメリットがあります。
それは「長い期間、使い続けていくことができる」という点です。

例えば無垢材で作られたフローリングは、
耐久性に優れたシートフローリングと比較して傷がつきやすいこともあるでしょう。
経年変化で色味も徐々に変化していきます。

しかしそれは、決して「汚い」ものではありません。
傷や色の変化が、唯一無二の味となり、家の趣を増してくれることでしょう。

また、元の雰囲気に戻したいときには、表面を薄く削れば大丈夫です。
新築のときのような美しい木目と香りが楽しめます。
壁面を仕上げる自然素材としては、珪藻土や漆喰が挙げられます。

時間が経過して、乾燥がすすむとクラックが入ってしまうこともありますし、
幼い子どもがいればいたずらをされてしまうこともあるかもしれません。

しかしこちらも、塗りなおして美しさを取り戻すことが可能です。
自然素材で作られた家には、長く美しく使い続けていくためのポイントが、
しっかり詰まっているのです。

 

自然界に「全く同じもの」は存在しません。唯一無二の、自分だけの家づくり

 

自然素材と無垢の家を造る際に、ぜひ頭に入れておいていただきたいのが、
「自然界に同じものは存在しない」という事実です。
人工的に作られたものは、いくつでも同じものを用意することが可能です。

しかし自然素材の場合には、木目や形一つをとっても、
「すべてを揃える」ということは難しいのです。

捉えようによってはデメリットにもなるポイントですが、
それも自然素材ならではの「味」と言えます。

近年では、他の家にはない、自分たちだけのオリジナリティを求めて
注文住宅を購入する方も増えています。

家の中に自然素材をふんだんに使えば、それこそが自分の家の個性となります。
無垢の床は、同じ種類の木材を使っても、木目や色の出方に差が出るものです。

「人と同じデザインでは満足できない」という、こだわり派の方々にこそ、
ぜひ「自然素材が持つ唯一無二の個性」を体感していただきたいのです。

 

忘れてはいけないデメリットについて

 

自然素材と無垢の家には、数多くのメリットがあります。
しかし反対にデメリットも存在することを忘れてはいけません。
真剣に家づくりを検討する際には、両者をしっかりと見極めることが重要です。

自然素材と無垢の家を造るためには、
通常の家づくりと比較してコストがかかるケースも多いです。

また自然のままの木を多用することで、
後々に反りや割れなどのトラブルが起きる可能性も否定できません。

こうしたデメリットをできる限り小さくするためのコツは、
自然素材の家づくりを得意とする工務店を見極め、パートナーに決めることです。

コストアップについては、様々な工夫や経験に基づくアドバイスで
解決できる可能性もあります。

また施工後の反りや割れについては、事前の乾燥をしっかりと行っておくことで、
避けられることも多いものです。

こうした知識を持たない会社にお任せしてしまうと、
メリットよりもデメリットの方が大きくなってしまう可能性もあります。

 

まとめ

 

自然素材と無垢の木の家には、居心地の良さや自然な快適さなど、
メリットが多数あります。
家の中に入ったときの独特の空気感や爽やかさは、
まず体験してみなければわからないものです。

一年を通じて快適に過ごせるのは、
自然素材が人間の生活をサポートしてくれるからこそ。

本当に満足できる家づくりを検討している方は、ぜひお問合せください。

私どもが得意とする自然素材の家づくりについて、
詳しいアドバイスをさせていただきます。

「ナラ」とはどう違うの? レッドオーク、ホワイトオークを使った無垢フローリングの特徴とは

無垢材のフローリングを検討するときには、
「いったいどんな種類の無垢材を選ぼうか」と悩む方も多いはずです。

無垢材は、自然の木が持つ独特の風合いを、そのまま楽しめるのが魅力の一つ。
耐久性や加工のしやすさなども、もともとの木が持つ性質を引き継ぎますから、
デザイン性と実用性、両方の面からよく検討する必要があります。

無垢フローリングを検討する際に、よく目にするのが「オーク」という樹木です。
無垢フローリング材として人気ナンバーワンと言われる「オーク」ですが、
「ナラ」と呼ばれていたり「レッドオーク」「ホワイトオーク」と分類されていたり……。

「きちんと選びたいのに、正直よくわからない!」という方も多いのかもしれませんね。

今回は「オーク」の中でも、「レッドオーク」「ホワイトオーク」の違い、
それぞれの特徴などについて、くわしく解説していきます。

 

 

まずは知っておきたい「オーク」という木についてのこと

 

フローリングで「オーク」と調べていると、ショップやサイトによって、
表記が微妙に異なることに気付くかもしれません。

単純に「オーク」と記載されている場合もあれば、
「オーク(ナラ)」と記載されている場合もあります。

もちろん「レッドオーク」「ホワイトオーク」という場合もあるでしょう。

「結局のところ、同じものなのか。それとも全く違うものなのか。」

オーク材による無垢フローリングを検討し始めたときには、
多くの人がぶつかる疑問でもあります。

分かりやすく解説すると、
日本語の「ナラ」という言葉を英語にすると「オーク」となります。

両者は同じ仲間の木なのですが、生育する環境によって、
異なる特徴を持っているのです。

通常「ナラ」と呼ばれる場合には、日本や中国、
そしてロシアで採れる木のことを言います。

それに対して、「オーク」は主に、北米で採れる木のことを指します。

「ナラ」と「オーク」は厳密にいえば違う木なのですが、
特徴や色味は、非常に似通っているもの。

このため、フローリング材として扱う際には、
両者を同じものとして扱うケースも少なくありません。

どう表記するのかは、企業やメーカー、ショップによって異なるために、
わかりにくくなってしまっているというわけですね。

実際に「オーク」や「ナラ」は、ダイニングテーブルやテレビ台など、
家具に加工されることも多いもの。

店頭で「オーク」製品と「ナラ」製品が並んでいても、
差を実感できないケースがほとんどです。

しかしフローリングは、室内の広い面に施工するもの。
家具一つであれば、その違いは軽微なものに思えるかもしれません。

しかし部屋全体に施工すると「想定していたよりも、雰囲気が違った!」
ということにもなりかねないので、注意する必要があります。

 

「ホワイトオーク」「レッドオーク」とは?

 

「オーク」にも、「ホワイトオーク」と呼ばれるものと
「レッドオーク」と呼ばれるものがあります。

日本で採れる「ナラ」に近い色味や特徴を持っているのは、
「ホワイトオーク」の方です。
白みがかった美しい色合いに、「虎斑(トラフ)」と呼ばれる木目が特徴的です。

「ナラ」の流通量が減るにしたがって、
その代替品として流通が盛んになったのが「ホワイトオーク」です。

しかし近年では、その「ホワイトオーク」も希少木材になりつつあります。
この「ホワイトオーク」に代わって流通が増えているのが、
同じ北米でとれる「レッドオーク」です。

「レッドオーク」は、従来のオークの近似種で、少しだけ赤みがあるのが特徴です。
オークの木に特徴的な木目も、よりはっきりと見えるようになっています。

「ホワイトオーク」「レッドオーク」ともに強度は高く、
フローリング材や家具などに加工することで長く使えます。

一方で、「レッドオーク」には、「ホワイトオーク」と違って
「チロース」と呼ばれるものが不足しているため、
「酒樽」に加工するのは向いていません。
たるに加工しても、内部の水分が漏れ出してしまうためです。

非常によく似た木ですが、違いもあるということを頭に入れておきましょう。

 

「ホワイトオーク」「レッドオーク」、デザインの特徴とインテリアについて

 

「よし、床材はオークにしよう!」と決めても、
「ホワイトオーク」と「レッドオーク」で悩んでしまうこともあるかと思います。

こんなときには、それぞれの特徴と求める雰囲気がどう合致するのか、
チェックしてみるのがオススメです。

どちらもナチュラルなテイストを持つ木で、
どんなインテリアにも合わせやすいという特徴があります。

シンプルモダン系から北欧系まで、幅広く活用できることでしょう。

「ホワイトオーク」と「レッドオーク」の違いとして、
もっとも気になるのが「赤み」についてです。

「レッドオーク」の方が強い赤みを持っており、
オイル塗装をするとより鮮明になります。

木目も目立ちやすいので、野性味あふれる仕上がりになるでしょう。

自然の風合いを存分に楽しみたい方は「レッドオーク」を、
揃える家具やインテリアを際立たせたい場合には
「ホワイトオーク」を選択すると、
より理想に近い仕上がりになるのかもしれませんね。

「ホワイトオーク」「レッドオーク」は、共に人気の無垢フローリング材です。
実際のフローリングとインテリア例を参考にしてみるのも良いでしょう。

 

「ホワイトオーク」「レッドオーク」、デザイまとめ

 

「ナラ」と混同されていたり、「ホワイトオーク」「レッドオーク」があったりと、
分かりにくいのが「オーク」の世界。

しかしフローリング材や家具材としては非常に扱いやすく、
古くから親しまれてきた素材でもあります。

傷や摩擦にも強く、子どもと一緒に生活するご家庭でも
安心して採用できるでしょう。

少し硬い印象はありますが、無垢材ならではのサラサラとした感触や、
温かみが、快適な空間を作り上げてくれるはずです。

「オーク」や「ナラ」のフローリング材について気になることがあれば、
ぜひ当社へとお問い合わせください。

自然素材をふんだんに使った家づくりを、全力でサポートしております。

塗料の種類で迷ったら――天然塗料の特徴、メリット・デメリットを徹底解説

自然素材を存分に使った家づくりを検討する際には、
仕上げやメンテナンスについても意識して、製品を選ぶ必要があります。

家の中には、木材が豊富に使われています。
そしてそうした木材を長く快適に使い続けるためには、
製品を保護するための塗装が必要であることも多いもの。

木と人を結び付けるのが、さまざまなタイプの塗料と言っても良いでしょう。

もちろん塗料の中にも、自然素材を用いて作られたものは数多くあります。

シックハウス症候群が問題になるにつれ、
日本国内でも注目度が増してきた天然塗料について、
メリット・デメリット、また主なタイプなどを紹介していきます。

 

 

まずは知りたい、天然塗料のメリット・デメリット

 

塗料を探したいときに、ホームセンターを覗いてみると、
非常に多くの種類が並んでいることに気が付くはずです。

どれを選べばよいのか迷うのは、至極当然のことだと言えるでしょう。
しかし、迷ってばかりはいられません。

それぞれが、得意分野、不得意分野を持っているので、
自分自身の用途や目的に合うものを選ぶ必要があります。

大きな分類で塗料を分けると、
一つは天然の素材を使って作られた天然塗料となります。

そしてもう一つは、石油系の合成樹脂塗料となります。

二つのうち、木材を保護する力が高いのは、石油系の合成樹脂塗料です。

しかし、木材の上から合成樹脂塗料を塗ってしまうことで、
天然木ならではの味わいや感触が
損なわれてしまうというデメリットもあります。

作る過程や塗る過程、そして塗料を塗った製品を使い続ける段階で、
環境に与える負荷も大きくなってしまいます。

その反面、天然塗料の場合には、保護力では劣るものの、
木ならではの魅力をそのままとどめてくれます。

色や木目の経年変化を、じっくりと楽しんでいけることでしょう。
もちろん環境への負荷の面でも、
心配が少なく扱えるのは、天然塗料となります。

まずは大きな二つの分類について、頭に入れておきましょう。

 

天然塗料もいろいろ。それぞれのタイプとは

 

天然素材で家づくりを行ったら、
そのメリットを最大限に享受したいと願う方も多いはずです。

そうした目線で塗料を選ぶなら、やはり天然塗料がオススメです。

天然塗料や自然塗料と呼ばれるものの中にも、
さまざまな種類が存在しています。

木材とうまくつきあっていくためには、
「天然だから良いだろう」と簡単に判断するのではなく、
それぞれの特性を理解した上で決断する必要があります。

大きく分けると、塗膜を作って木材を守るタイプの塗料と、
木材の内部に浸透して保護力を高めるタイプの塗料が存在しています。

前者には、天然の樹脂を溶剤に溶かして作った油ワニス系の塗料や、
昆虫の分泌物を活用して作るセラックワニス系の塗料などが当てはまります。

後者には植物油やかんきつ類の皮油などを使ったオイル系の塗料が当てはまります。

前者は、合成樹脂ほどの威力はありませんが、
木材の上に塗膜を作るので、木ならではの風合いが
損なわれやすいというデメリットがあります。

しかし一方で、塗膜がしっかりと木材を保護してくれるので、
摩耗性や耐久性には優れています。

毎日のお掃除や、定期的なメンテナンスも、
比較的楽に行うことができるでしょう。

後者は、天然のオイルを木材に吸収させるので、
木の呼吸を妨げることがありません。

木ならではの風合いを大切にしながら、保護力を高められるでしょう。

塗膜を作るタイプの塗料と比較をすると、
傷や汚れには弱いという特性があります。

しかし天然木は、少しくらい傷がついたからといって、
すぐに見苦しくなるわけではありません。

家族の歴史、経年変化の一つとして、思い出になっていくことでしょう。

 

塗膜を作る塗料と、染み込む塗料、メンテナンスが楽なのは?

 

木材と上手に付き合い、快適な生活を維持していくためには、
メンテナンスは欠かせないポイントです。

そこに住み続け、木製品を使い続ける限り、
メンテナンスの手間はずっと継続していくもの。

「できるだけメンテナンスが楽な方法を選びたい」

こんな視点で塗料を検討する方もいるでしょう。

では天然塗料の中でも、塗膜を作るタイプ、
そして中に染み込むタイプでは、
どちらの方が楽にメンテナンスできるものなのでしょうか。

実はこの答えは、人によって異なります。

一般的には、保護力が高く、塗り直しの手間が少ない
塗膜を作るタイプの方を「楽」と感じる方が多いようです。

しかし塗り直しの際には、表面で古くなった塗膜を一度きれいに剥がして、
最後塗り直しをするという手間が発生してしまいます。

中に染み込むオイルタイプの場合には、上からそのまま、再塗装が可能です。
どちらの方が楽だと感じるかは、人によって違うはずです。

ただ、一つだけ言えるのは、表面に塗膜を作ってしまうと、
木材の呼吸が妨げられてしまうということ。

天然素材を使うメリットの一つは、「調湿作用」ですが、
これが損なわれてしまうことになります。

さらに、塗膜の内部に水分が入り込むと、
塗膜の割れや膨れが生まれてしまい、
即塗り直しが必要になるという点も、注意が必要です。

自分自身が、どうメンテナンスをしていきたいのか。
そして、自然素材で作られた家の中で、どのような生活をしていきたいのか。

これらの点をしっかりと見極めて選ぶのがオススメです。

メンテナンスを楽ちんに。長持ちするウッドデッキ材3つ

リビング空間やダイニング空間をより開放的に使うため、
また庭部分をもっと活用するために、
ウッドデッキを作りたいと願うお客様も増えています。

ウッドデッキは、名前のとおり、「木でできたデッキ」のことを言います。
室外でありながら室内の延長として使うことができ、
家族みんなにとっての集いの場所として活用できます。

春はゆったりお花見を。
夏は子どもたちのプールを設置して。
秋は夫婦でお酒を楽しみましょう。
冬は絶好の雪遊び場所になるはずです。

春夏秋冬、日本の季節を楽しむために、
ウッドデッキは最高の場所だと言えるでしょう。

近年は、樹脂製のデッキも数多く販売されていますが、
やはり色味や風合いで、天然木には劣ってしまうもの。

できるだけ長持ちして、快適に使えるウッドデッキを作るために
オススメの天然木について紹介していきます。

 

 

ウリン

 

一般的に、ウッドデッキを作る際に好まれるのは、
ハードウッドと呼ばれる種類の樹木です。

名前のとおり、非常に密度が高く、加工がしづらいという難点があります。

素足でハードウッドの上を歩くときには、
その硬さにストレスを感じることもあるかもしれません。

しかしハードウッドには、シロアリや腐食に強く、
耐久性が高いという特徴があります。

そんなハードウッドの中でも、特に人気が高いのが「ウリン」。

ウリンは、アイアンウッド(鉄の木)と呼ばれるほどの耐久性を誇る木です。
100年腐らない木としても知られており、
屋外で使用する際にも安心して施工できます。

またウリンは、とても安定した材質で、割れや剃り、
曲がりなどのトラブルがほとんどない木材としても知られています。

ポリフェノールを大量に含んでいるため、
菌や虫を寄せ付けず、さらに腐りにくくなっています。

東南アジア原産のウリンが日本に
輸出されるようになったのは、1996年のこと。

それ以降、商業施設の大型デッキや桟橋など、
過酷な環境下で使われる木製品に多く使用されています。

また一般向けのウッドデッキを作る際には、
メンテナンスフリーである点が評価されることも多いです。

こまめな塗装などのケアは必要ありませんので、
「天然木のウッドデッキに憧れるけれど、手間をかけるのは無理」
というお客さまにも、自信を持ってオススメできます。

こんなウリンにもデメリットはいくつかあり、
それは非常に硬い木であるために加工が難しいという点です。

切断するだけでも、普通ののこぎりでは不可能で、
専用の工具を使う必要があります。

ウリン材は、その他の天然木や樹脂木と比較してコストがかかるもの。
DIYで何とかしようと思うのではなく、
信頼できる施工業者にお任せするのが一番です。

 

サイプレス

 

ウッドデッキは、家の外観にとっても重要なアクセントとなります。
外から見たときに、まずウッドデッキに目が向くという方も多いはず。

天然木はそれだけで、樹脂木にはない風合いを出してくれますが、
その色味によってイメージは大きく異なります。

ウリンは、比較的濃い色合いの木材となります。
「イメージが違う」と思う方には、「サイプレス」という木材がオススメです。

サイプレスは、別名豪州ヒノキとも呼ばれています。
オーストラリアの一部地域に自生している木で、
日本のヒノキよりも強度・耐久性に優れているという特徴があります。

ヒノキと言えば、シロアリに強い木材として知られています。
サイプレスにもそうした機能は備わっているので、ご安心ください。

オーストラリアで家づくりをするなら、
欠かせない木材と言われるのが、このサイプレスなのです。

世界一シロアリに強い木材と呼ばれるだけあって、
メンテナンスフリーでも、長期間シロアリを寄せ付けません。

ウリンと比較すると、白っぽい色合いの木材なので、
ナチュラル志向の家にも良く合うでしょう。

またウリンと比較すると加工がしやすい点も、
ウッドデッキづくりにおけるメリットと言えます。

耐久性の高さと強度、そして加工のしやすさなど、
バランスのとれた木材だと言えるでしょう。

 

イペ

 

近年はウリンやサイプレス製のウッドデッキが人気を集めていますが、
もともとウッドデッキ材の定番として使われていたのは「イペ」でした。

アマゾン川の流域に生育するイペは、強度と耐久性に優れた木材です。

密度が高く、安定した木なので、
反ったりひび割れたりするトラブルも起こりにくいもの。

また木の内部にラバコールという成分を含んでおり、
これが防腐剤、防虫剤としての働きをしてくれます。

無塗装の状態でも20年から30年ほどは使えることも多く、
ウッドデッキ材としても適しています。

色味は、やや黄色がかった自然なもの。
ナチュラルテイストのお家からシンプルモダンなお家まで、
幅広く対応できることでしょう。

同じイペでも、木によって独特の風合いを持ちますが、
木材を並べて作るウッドデッキでは、その個性が味になることも多いものです。

のっぺりとした印象にならず、天然木ならではの表情を味わうことが可能です。
今回は、天然木でウッドデッキを作る際にオススメの木材3つを紹介しました。

ウッドデッキを作る場合には、素材となる木材によって、
その値段は大きく変わってきてしまいます。

家の新築工事や外構工事には多額のお金が必要となることも多く、
「とりあえず安い方で」と考えることもあるかもしれません。

しかし安い天然木のウッドデッキの場合、
こまめにメンテナンスをしないと、すぐに腐食し、
使えなくなってしまう可能性も高いのです。

ソフトウッドで作られたウッドデッキの場合、
防腐処理や防虫剤塗布は一年に一度のペースで行うのが理想的です。

できるだけメンテナンスフリーで、長く家族で愛用したいと思うときには、
ぜひ耐久性に優れた素材でデッキを作ることを検討してみてください。

自然素材×好みのインテリア。そのコツを徹底紹介

理想の住まいづくりをするためには、室内空間を快適に整える必要があります。
まず目を向けがちなのは、「高断熱・高気密」などの家の性能に関わる部分です。

確かに、快適な室内温度や空気の清潔さをキープするためには、
家の性能は非常に大切なポイントです。

しかし一方で、「数字」的に見てどれだけ快適な家だったとしても、
自分が求めるテイストと異なる空間である場合、
気付かないうちにストレスが蓄積してしまうもの。

家を作る段階から、
「人間の体にやさしい自然素材」×「自分好みのインテリア」
を意識しておくことで、致命的な失敗を防ぐことができます。

今回はそんな、インテリアコーディネートを考えた
家づくりについて提案したいと思います。

 

 

まずは好みのテイストを見つけよう

 

インテリアには、さまざまなテイストがあります。

「あまりインテリアに関しては詳しくないんだけど……」
という方もいるかと思いますが、まずは、
自分たち家族の好みがどのようなテイストにあてはまるのか、
チェックしてみましょう。

近年人気が高まっているのが、
木の風合いを生かした「ナチュラルテイスト」です。

ナチュラルテイストのインテリアを作り出すのは、
木本来のやさしい色合いを活かした内装や家具です。

木面の塗装についても、自然のオイルやワックスを塗布し、
自然の風合いを大切にしています。

加工されていない素朴な雰囲気を重視するので、
自然な曲線などもインテリアに活かしています。

明るい北欧スタイルのインテリアもナチュラルテイストの一つ。

木目を生かした明るい室内に、北欧カラーをアクセントとして使うことで、
かわいらしい印象に仕上がります。

よりシンプルに、スタイリッシュさを求める方には
「シンプルモダンテイスト」がオススメです。

白や黒、グレーなどの色味を活かし、
「都会のラグジュアリーマンション」のような雰囲気を演出します。

鏡面仕上げなど、光沢のある素材との相性が抜群で、
クールで大人な印象に仕上がるでしょう。

少々冷たい印象にもなりがちですが、
スッキリとした印象に仕上がります。

ゆったりとくつろげる家を作りたいと願う方は、
ぜひ「エレガントスタイル」を検討してみてください。

重厚感あふれる濃茶をメインにして、
パープルや深みのあるレッドなど、
ゴージャスな色合いをアクセントに使います。

ナチュラルテイストが「カフェ」なら、
エレガントスタイルは「バー」のような雰囲気を醸し出してくれます。

そこにいるだけで、特別な気分になれそうですね。

このほかにも、「和」のテイストを盛り込んだ「和モダンテイスト」も人気です。

たたみやすだれ、和風の照明やアクセントカラーを取り入れることで、
老若男女を問わずくつろげる空間が出来上がります。

 

部屋の印象を決定づける「木」の色

 

家づくりの段階で、部屋のインテリアを決定づけるものと言えば、
「床材」と「壁紙」です。

これら二つは、室内で占める面積が大きく、
インテリアの方向性をある程度決めてしまうもの。

ここで失敗すると、後から「お気に入りの家具との相性が悪い」
「思っていたのとちがう」と感じてしまいがちです。

ナチュラルテイストを求める場合、
オススメはメープルやナラの床材を使うことです。

自然素材ならではの柔らかな風合いが、
それだけでインテリアの肝となってくれるはず。

同じような色味で室内に統一感を出したいと思うときには、
木の種類を変えるのがオススメです。

一見同じカラーに見えても、ディテールは異なります。
こうしたちがいが、部屋に奥行き感を与えてくれます。

北欧インテリアが好きなら、
壁面にアクセントカラーを採用するのもオススメです。

自分自身を元気にしてくれる色を選べば、
毎日お気に入りの時間を過ごせそうですね。

シンプルモダンを目指す際には、なるべく木目が目立たず、
白に近い色を選ぶと失敗しません。

白く塗装するのも一つの方法ですが、タイルなど、
ツルツルな表面の素材を取り入れるのもオススメです。

「エレガントスタイル」や「和モダン」は、
ウォルナットなどの濃い色味を採用すると良いでしょう。

室内空間が引き締まって見え、
「少し狭く感じる」ということはありますが、
その分落ち着いた印象に仕上がります。

好みの床を見つけたら、サンプルでチェックしてみてください。
写真で見るのと実際に見るのでは、印象が異なることもあります。

 

決めてはみたけれど……将来飽きてしまうかも!?

 

さて、自分好みのインテリアテイストを決め、
それに沿って家づくりを進めていく。

このような流れに、実は不安を抱いている方も少なくないのではないでしょうか。

長く住むことを前提として作る「家」だからこそ、
将来好みが変わってしまったら……?という不安は、
決してひとごとではありません。

このような場合には、床や壁をできるだけ
シンプルに仕上げておくのがオススメです。

壁紙は白系を選ぶと、どんな床色にもなじんでくれます。

室内で使うファブリックによって、
全体のイメージを変えるという方法です。

アクセントクロスなども、近年はDIYで施工される方も増えています。

将来的に飽きてしまったら、
そうした商品を上手に取り入れるのもオススメです。

また、床材についてですが、無垢の床には「木」ならではの味わいがあり、
どんなインテリアにもなじみやすいという特徴があります。

削ったり塗装したりすることで、好みの風合いに近づけることも可能ですから、
飽きっぽい方にこそオススメできます。

 

まとめ

 

好みのインテリアに近づけることで、より家づくりは楽しくなるはずです。

無垢材の色や質感、インテリアのテイストなども吟味して、
理想の空間を作り上げていきましょう。

住まいに欠かせない木。「広葉樹」と「針葉樹」のちがいとは?

住まいづくりをする際に、「どんな間取りにしようか」
「どんな設備を採用しようか」と胸を膨らませる方は多いことと思います。

しかしそれ以前に、家の耐久性や快適性を高めるために、
選択しなければならないことがあります。

世の中には多くの建材がありますが、
そこで一生住まう家族のことを考えて、
「できる限り、自然素材を選びたい」と願う方も多いはずです。

今回は日本の住まいに欠かせない自然素材、「木」について紹介していきます。

 

住まいにピッタリの「木」を選ぶ

 

日本の住まいに欠かせない「木」。
自然が長い時間をかけて育んでくれた木は、
人間が住む「家」を作り出してくれます。

しかし木には、実に様々な種類が存在しています。

加工のしやすさや耐久性、さらには色や香り、
柔らかさや触れたときの感触など……。

どのような木を選ぶのかによって、
住まいの雰囲気はガラリと変わると言っても過言ではありません。

理想の住まいの雰囲気を作り、家としての耐久性を高めるためには、
まず必要な木の種類について見極める必要があるのです。

もちろん多くのお客様にとって、住まいづくりは初めての経験です。

「家を建てる際には、まず木の特徴を知ろう」と提案されても、
困惑してしまうことも多いかと思います。

もちろん、木の特性を踏まえた上で、
使い方の提案をするのはわれわれプロの仕事です。

しかしお客様側にも一定の知識を身につけていただくことで、
より満足できる家づくりにつながるはずです。

次の項目からは、広葉樹と針葉樹のちがい、
それぞれに含まれる木の名前、住まいづくりにおいて
適している場所などを紹介していきます。

 

広葉樹ってどんな木なの?

 

 

広葉樹は、その名前が示す通り、
「広い」「葉」をつける「木」のことを指します。

また、針葉樹に常緑樹が多い一方で、
広葉樹には落葉樹が多いというイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。

しかしこれらの基準は、実に曖昧なもの。

イチョウの葉は「針」というよりは「広い葉」のイメージですが、
針葉樹の仲間となります。

毎年秋になると、見事な落葉を見せてくれますよね。

広葉樹と針葉樹のちがいは、実は木の内部の構造に隠されています。

縦へ縦へと伸びようとする細胞が多い木のことを針葉樹。

一方で細胞が複雑に絡み合い、
木の形が広がりやすいものを広葉樹と言います。

広葉樹は、種類が豊富なのも特徴の一つ。
世界中の広葉樹を集めると、その数は2万種類以上にもなるそうです。

ケヤキやクリ、サクラ、ナラなどは、広葉樹の仲間ですが、
通常家の構造体に使われることはありません。

これは、広葉樹の内部が複雑な細胞構造をしており、加工がしにくいため。

曲がりながら伸びるという特徴があり、
柱などの長い材料を確保しづらいという特性もあります。

家づくりにおいて広葉樹が活躍してくれるのは、
主に内装材として。

たとえば広葉樹を使ったフローリングは、
「傷がつきにくい素材」として人気を集めています。

柔らかさがないので、素足で触れると少し冷たく感じますが、
あまり収縮しないので、床暖房を導入する際の床材としても定番です。

広葉樹は種類も豊富で、好みの色や風合いを見つけやすい点も魅了的です。

ナラ材は欧米の住宅でも数多く取り入れられていますし、
サクラは近年人気を集めています。

最初は柔らかな色合いでありながら、徐々に渋みが加わり、
良い色へと育っていきます。

こうした経年変化を楽しめる点も、
自然素材である木を使った住まいならではの特徴と言えるでしょう。

 

針葉樹ってどんな木なの?

 

 

針葉樹は、広葉樹よりも古い歴史を持つ木です。
スギやヒノキは日本でも定番。

針葉樹の定番とも言える木ですが、その姿を見てみると、
上へ上へとまっすぐに伸びていることがお分かりいただけるかと思います。

広葉樹と比較すると、細胞がそのような構造になっているためなのですね。

ある程度の長さを確保しやすく、加工がしやすいという点で、
家の構造によく使われています。

構造体に使われる木材として、特に人気が高いのがヒノキです。

ヒノキは伐採後も強度が上昇する木材として知られており、
保存性・耐久性ともに優れています。

家の構造は、全体を支えるための土台となる部分です。
他の木材と比較すると高額ですが、
安心できる家づくりには欠かせない材料と言って良いでしょう。

またアカマツも、強度の高い建材として人気がある木です。
過酷な環境下でも育つ木は、抜群の強さを誇っています。

一方で、構造体にも内装にも使いやすい針葉樹と言えば、ずばりスギです。

日本国内で手に入りやすいため、比較的安価に採用できます。

広葉樹と比較すると柔らかく、温かみがある点が魅力ですが、
傷がつきやすいというデメリットもあります。

もちろん、家族の成長と共に刻まれた傷は、歴史の証。

自然素材に傷がついたからといって、
すぐに「見苦しい」状態になるわけではありませんが、
採用する際にはデメリットについても頭に入れておくと安心です。

このほか、青森や石川でとれるヒバの木も針葉樹の仲間です。
独特の香りは「虫や菌を寄せ付けない」という特徴を持っています。

カビやシロアリによる構造体へのダメージを軽減できる材料として、
近年注目度を高めています。

 

まとめ

 

家づくりにおいて、「木」は欠かせない自然素材です。

しかしどこにどんな木を選ぶのかによって、
家全体の雰囲気や性能も大きく違ってしまうので、注意が必要です。

家のプランを作ってもらうときには、
ぜひ木材の名前にまで注目してみてください。

どのような木をどのような部位に使っているのかで、
家の性能についてもある程度見えてくることでしょう。

無垢材「飫肥杉(おびすぎ)」と「唐松(ラーチ)」の魅力とは?

無垢材というと輸入材を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、
「国産の無垢材」もなかなか侮れません。

国産の無垢材の中には、あまり知られていないですが
家をしっかり支えてくれ、
かつ家を自然の美で美しく彩ってくれるものが多数あります。

また国産の無垢材の場合、輸入材の用に海外から
わざわざ取り寄せる必要がないため輸送コストがかかりにくく、
その分良い材質のものを低コストで仕入れられると、
現在では国産の無垢材にも注目が集まってきています。

そんな国産の無垢材の中でも、
ぜひ知っていただきたいのが「飫肥杉(おびすぎ)」と「唐松(ラーチ)」。

この国産の無垢材「飫肥杉(おびすぎ)」と
「唐松(ラーチ)」についてご紹介したいと思います。

ぜひこの機会に一度、日本の木の良さも見直してみませんか?

 

 

曲げに強く、欠け・裂けに強い「飫肥杉(おびすぎ)」

 

江戸時代には船を造るための木材として重宝されていたのが
「飫肥杉(おびすぎ)」です。

船に使われていたことからよくわかるように、
この飫肥杉(おびすぎ)は曲げても欠けたり裂けたりしにくく、
水に強いという性質があります。

飫肥杉(おびすぎ)は九州地方に多く植林されてきた杉で、
九州地方の温暖で湿潤な気候の中で育てられてきたことから
心材に水分と樹脂が多く含まれている木材です。

そのため粘りが強くて曲げに強く、
かつ欠け・裂けが起こりにくく、
湿気に強いという特長があります。

また比較的短い期間で大きく成長するため年輪の幅が広く、
木材自体が軽いという特長も。

そのため飫肥杉(おびすぎ)は
古くから船に使う木材として重宝されてきました。

ただしその軽さや曲げやすさから輸入材と比べた時に見劣りしやすく、
家に使う木材にはあまり選ばれてこなかった歴史もあります。

しかし近年の木材加工技術の発達により
心材の水分をしっかりと飛ばして乾燥ができるようになり、
また心材に集まりやすい樹脂を均等に木材にしみ込ませるなどして
木材としての強度がより強くすることができるように。

そのため飫肥杉(おびすぎ)は強度や調湿能力に優れた木材として
再び注目を集めるようになっているのです。

 

「飫肥杉(おびすぎ)」は湿気に強く、シロアリ被害に遭いにくい!

 

飫肥杉(おびすぎ)を家に使う場合の一番のメリットといえば、
やはり「シロアリ被害に強い」ということです。

飫肥杉(おびすぎ)に含まれている樹脂には防蟻成分が多く含まれています。

またこの樹脂の多さは湿気を防ぐのにも優れており、
さらにしっかりと丁寧に乾燥した飫肥杉(おびすぎ)は
元々含んでいた水分の多さから湿気をよく吸い取り、
適度に放湿してくれる働きがあり、
調湿能力にも優れていると言われています。

温暖湿潤な気候の中で強くたくましく育った飫肥杉(おびすぎ)は、
防虫・防湿・吸放湿効果の高い木材です。

高温多湿な気候や虫被害に悩まされやすい、
まさに飫肥杉(おびすぎ)が育ってきた環境と
同じような気候の中で暮らす家を強くたくましく支えてくれる木材です。

ぜひ日本の気候の中で育ったたくましい飫肥杉(おびすぎ)を、
日本の気候に合う家づくりに生かしてみませんか?

 

丈夫で強い「唐松(ラーチ)」

 

唐松(ラーチ)は若い内はらせん状に育つため、
若い木を木材として使った場合、
乾燥すると狂いや割れが出やすいという特徴があります。

また松特有のヤニが多いことから、
木材の中では頑丈であるにも関わらず建築用の木材としては
あまり目を向けられてこなかった木材です。

ただし近年、木材の加工技術が発展しヤニ抜きと乾燥により
ヤニの問題を解消できるようになり、
さらに樹齢20年以上の成熟した唐松(ラーチ)の場合、
若木特有のねじれが心材では落ち着き木材としても
十分活用できるということから、
現在では木造建築にも使われるようになっている木材です。

硬くて強く家をどっしりと支えてくれ、
さらに水や湿気に強く腐りにくいため、
丈夫で長持ちするのが唐松(ラーチ)の特長です。

 

「唐松(ラーチ)」の木目の美しさはピカイチ?

 

また唐松(ラーチ)の木材の特長には、
「木目の美しさ」があります。

心材と辺材との織り成す色のコントラストや波のような木目、
力強い節など、唐松(ラーチ)の木目には自然の力強さが感じられます。

他の木材に比べると、木目の主張が強くはっきりとしているため、
より個性的な雰囲気があらわれやすい木材と言えます。

唐松(ラーチ)の木目の力強さは見るものの目を引き、
味わい深く、見つめているとあっという間に時間が経ってしまうほど。

暮らしの中に自然の織り成すアートを取り入れられるのが、
唐松(ラーチ)の最大の特長と言えるかもしれません。

日本の木材の中にも、輸入材に負けず劣らず
優れている木材がたくさんあります。

さらには輸入材と比べてコストが安価で仕入れられるため、
より良いものをお値打ち価格で仕入れられることが。

また輸入材よりも輸送距離が短いことから、
木材を実際に手に入れるまでにかかる二酸化炭素排出量も少なく、
環境に優しい家づくりを行うことができます。

木の家づくりを行う場合、
つい見慣れた輸入材に目を向けてしまいがちですが、
もしも検討する時間に余裕があるなら国産の無垢材にも
ぜひ目を向けてみてはいかがでしょうか?

他の木材にはない特長や面白さ、また新しい木材の活用方法を、
国産の木材を見ながらあらためて発見できるかもしれません。

憧れの「平屋住まい」! 気になる魅力とそのメリットとは?

広い土地が必要になりますが、地続き上ですべての家事ができ、
年を取った時もしくは親の介護が必要になった時にも
バリアフリー環境が作りやすくなり、
生活が便利になるのが平屋暮らし。

最近では若い夫婦たちからの注目を浴び、
人気が出てきている平屋ですが、
具体的にはどんな魅力やメリットがあるのでしょうか?

気になる「平屋」暮らしについて、ご紹介いたします。

 

 

家事がスムーズ!

 

平屋建て住宅のなんといっても一番のメリットといえば、
家事動線がスムーズになることです。

例えば重い洗濯ものを持ってバルコニーのある二階に
上る必要もなくなれば、物を運ぶため両手がふさがっている時に、
扉を開けたり閉めたりして狭い廊下を通って……というような、
動線を邪魔する障害物が平屋建ての場合は少なくなるからです。

二階建ての場合、階段スペースや
そこにつながる廊下スペースを作らなくてはなりませんが、
平屋の場合にはこの階段や廊下スペースがなくなり、
部屋の間仕切りも少なくなるため、
廊下を通って各部屋へ移動しなければならなかったところが
部屋から部屋への移動だけで済むように。

たくさん買い物をした時に重い荷物をパントリーへ運ぶのも、
たくさんの洗濯ものを物干し場へ運ぶのも、
また重たい布団を運ぶのも平屋ならスムーズです。

自分が一番家事しやすい間取りと空間づくりができるのが、
平屋の最大のメリットと言えるでしょう。

 

介護が必要になってもリフォームがいらない!

 

平屋は階段がないのはもちろん、
よりスペースを効率良く広く使うために個室間の移動に使う
「廊下のない間取り」が選ばれることが多い住宅です。

そのため個室間の移動は主に
リビングダイニングスペースを通ることが多く、
狭い廊下を通る必要がないため介護が必要になった時にも通路に幅がとれ、
移動がしやすくなるというメリットがあります。

また家事も地続き上ですべてこなせるため、
家事をしながら介護をしながらの生活もしやすくなるというメリットが。

さらに廊下がない分間仕切りや扉が少なくなるため、
室内の見通しが良く、家族が今何をしているかや
どんな状態かを見通せるというメリットも。

介護中は家族から目が離せなくなることが多く
自由が利きにくくなるため、
この見通しの良さは家族のためだけでなく、
介護する方にとってもうれしいメリットではないでしょうか。

将来自分が年を取った時に困ることにも対応でき、
さらにご家族の体調に不安が出てきた時にも
対応しやすくなるのが「平屋」なのです。

 

廊下や階段スペースを有効利用でき、部屋が広くなる!

 

廊下や階段のためにとられる必要なスペースを省略でき、
その分のスペースを居室として有効活用できるのが平屋のメリットです。

廊下や階段がなくなると、
そこに向かうための間仕切りや扉が必要なくなるため、
空調が効きにくく家自体の断熱性能を高める必要はありますが、
その分風通しの良さや光の入りやすさがあり家全体に開放感が漂います。

この開放感が平屋の室内をより広く感じさせてくれるため、
狭い床面積の平屋でも気持ちよくゆったりと暮らすことができます。

また平屋の場合、日の当たりやすさやプライバシーを確保するため、
一般的に家を建てるのに必要な敷地面積を広く確保するのが通例です。

そのため庭やバルコニーなども広く作られることが多く、
大きな空や外に広がる空間を窓から眺めることで
より室内が広々と感じられるのです。

実際の床面積以上の開放感と広々とした空間を感じられるのも、
平屋ならではです。

 

平屋は災害に耐えられる?

 

最後に一番心配な面としては、平屋が災害に耐えられる建物なのか
どうかということではないかと思います。

どんな住居に関しても言えることですが、
平屋にも耐えられる災害と耐えられない災害とがあります。

例えば平屋は二階がないため、
水害で床上浸水が懸念されるような場所にはあまり向いていない建物です。

また地震の場合は平屋も二階建てでも地盤の固さや建物の構造や広さ、
使う資材の関係でどちらも耐震性においては一長一短あり、
一概に平屋だから地震に強いと言えないケースも。

ただし台風のような強風が懸念される地域では、
建物自体が低いため風の影響を受けにくくなります。

また地震が起きた時に「素早く外に避難できる」という意味では、
平屋の方がメリットが多いと言えます。

ご家族が安心して住める家を造るなら、
ぜひ建てる場所の自然災害の傾向、地盤の良さ、
平屋そのものの耐震性や耐災害性などを専門家に話を聞き、
考慮した上で平屋を選んでいただくと
より安心して住んでいただけるのではないでしょうか。

普段のライフスタイルから感じる不便さや困りごとを解消し、
より快適に、より便利に暮らせるのが平屋住宅の最大のメリットです。

敷地面積が多く必要とされることが多く、
また建物の形状からどこにでも建てられる住宅ではありませんが、
もしも条件が合う土地が見つかれば、
限りなく「ぜいたくな暮らし」を実現することができます。

また平屋は敷地面積を広く必要とする分、
窓から入る光や庭の緑をより多く楽しめ、
自然との一体感が楽しめる住宅です。

平屋を建てるのは難しそう……と考えず、
ぜひまずはプロに相談してみましょう!

意外と手の届くところに「憧れの平屋生活」が
待っているかもしれません。

床暖房と無垢材が両方選べる? 樺桜やメープルなど、床暖房対応の無垢材について

無垢材をフローリングに使いたい、ただし床暖房もつけたい!
これから家を作る方なら、ここの問題で一度は悩む……
という方も多いのではないでしょうか。

無垢材は自然のぬくもりと落ち着きを感じられ、
また木の調湿機能により家の中の湿度を一定に保ってくれる、
木本来の味わいと調湿機能が家を快適な空間に変えてくれる木材です。

ただしこの無垢材の調湿機能が床暖房とマッチングせず、
フローリングの傷みを進めてしまうことも。

それはわかっている。
でも無垢材をフローリングに使いたい、
でも床暖房もあきらめきれない!

そんな悩みをお持ちの方なら、
ぜひ床暖房対応の無垢材を選んでみてはいかがでしょうか?

実は無垢フローリングと床暖房の両方の夢を叶えてくれる、
「床暖房対応の無垢材」というものも存在します。

この床暖房対応の無垢材にはどんなものがあるかをご紹介いたします。

 

 

「樺桜(カバザクラ)」という木材、ご存じですか?

 

樺桜は樺の木の木材を指して使う木材名で、
木の種類としてはシラカバやダケカンバなどを「樺桜」と呼ぶことがあります。

桜の木材のように柔らかい性質があり、
また木目も桜とよく似ているため樺桜と呼ばれるようになったとか。

その名の通り樺桜の無垢材は触れた時の肌ざわりがとても良く、
また節や木目が少なく色合いが明るいことから、
フローリング用に使われることが多い木材です。

そしてこの無垢材を熱を加えても収縮したり、
ねじれや反りがないよう二次加工したものが、床暖房用の無垢材です。

無垢材そのものよりも水分含有率が少ないよう加工されているため、
床暖房で温めても変形が少ないのが床暖房用無垢材の特長です。

この床暖房用に加工した樺桜は、樺桜本来の柔らかい肌触り、
手触りを楽しめながら床暖房によるぬくもりも感じられて、
さらに明るく大変居心地の良い空間を作ってくれます。

また樺桜は節や木目が少なく、色合いも明るいため
部屋がとても明るい印象になります。

居間フローリングにももちろん人気がありますが、
その柔らかく明るい雰囲気からお子さまのお部屋に
よく使われることがある無垢材です。

ご家族そろって団らんする部屋のフローリングに、
また子ども部屋のフローリングに、明るく柔らかく、
しかも暖かい床暖房用の樺桜を選んでみるのもいいかもしれません。

 

床暖房対応の無垢材「メープル」

 

肌触りの良さや色味の明るさでは樺桜にも人気がありますが、
同様に人気が高いのが無垢材「メープル」です。

このメープルも床暖房用に二次加工した材木があります。

メープルは樺桜に比べて光沢があり、
絹のような触り心地だと定評のある木材です。

床暖房対応の木材は二次加工されているため、
本来のメープルの明るい色合いよりもやや茶褐色に近づきますが、
樺桜よりも木目があるせいか、よりナチュラルな雰囲気を部屋に出すことができます。

ナチュラルさを感じられる家づくりをお考えの方で、
床暖房対応の無垢フローリングをお探しの方にぴったりな無垢材と言えます

 

床暖房対応の無垢材「オーク(ナラ)」

 

樺桜やメープルに比べて木目の主張が強く、
力強さと重厚感のあるのが無垢材「オーク(ナラ)」です。

こちらも二次加工された床暖房対応の無垢材があります。

樺桜やメープルは明るく柔らかな印象の強い木材ですが、
オーク(ナラ)は色味が暗くダイナミックな木目が特徴的で
まさに「ラグジュアリーな大人の空間」づくりに適している無垢材と言えます。

居間に使っていただくのももちろんですが、
このオーク(ナラ)が似合う部屋といえば、
やはり書斎や応接間などの重厚感のある素材が
よく似合う部屋ではないでしょうか。

また寝室に使っていただくと、その暗い色調から
より落ち着きのある寝室になるかもしれません。

明るい色味の無垢材は光あふれる爽やかな空間を演出してくれますが、
暗みのある木材はずっとその場所にいたくなるような、
落ち着きと安らぎのある空間を作ってくれます。

ぜひ大人のぜいたくな空間を作りたいなら、
オーク(ナラ)の床暖房対応無垢材を選んでみてはいかがでしょうか?

 

床暖房対応の無垢材「クリ」

 

光沢があり肌ざわりも良く、しかも堅くて持ちがいいのが
クリの無垢材の特長です。

このクリにも床暖房対応のものがあります。
クリもオーク同様に木目が豊かな無垢材で、
自然の風合いをより楽しめる素材です。

樺桜やメープルに比べるとやや暗めながら、
オークよりも明るく木目がはっきりと出るため、
上記で紹介した床暖房対応無垢材の
「いいとこどり」な存在と言えるかもしれません。

躍動感あふれる力強い木目が楽しめるため、
より生き生きとした空間を作ることができます。

さらにクリの木材は頑丈なことでも有名で、
床暖房との相性がいい無垢材です。

樺桜やメープルやオークもいいけれど、どれかひとつを選ぶのが難しい……
という場合はいいとこどりのクリを選んでみるのもいいかもしれません。

無垢材には調湿機能があるため、
一般的に床暖房には不向きな木材と言われていますが、
床暖房用に二次加工し、変形を防げるものも様々あります。

ぜひ「床暖房と無垢材、両方あきらめたくない!」とお悩みの方は
ぜひ当社までご相談ください。

家づくりのイメージによく合い、より安心な床暖房対応の無垢材を
ご紹介させていただきます。

壁材について

構造材について

自然素材について

床材について

木について

その他豆知識