愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

  家づくりについて 工法・構造について(モバイル)

工法・構造について

工法・構造について

広和木材の家は木造軸組工法
在来工法とも呼びます

木造軸組工法(在来工法)とは家造りで広く一般的に採用されている工法で、四季のある日本の風土に順応する様、先人達の知恵が詰まった伝統的な工法です。

木造軸組工法のメリット

間取り・プランニングの自由度がとても高い

間取り・プランニングの自由度がとても高い

木造軸組工法(在来工法)は柱と梁を組み合わせて造る大変シンプルな構造です。その為設計の自由度が高く、様々なご要望に応じた間取り・レイアウトを実現可能です。
和風建築からシンプル・モダンなスタイルなど様々な意匠で設計可能です。さらに狭い敷地や変形した敷地、傾斜地や道路条件に制約がある敷地にも柔軟に対応できるため、限られた土地の広さをしっかりと活用できるメリットがあります。
また、子供の成長や家族の変化にあわせた間取りの変更・リフォーム・増改築が容易にできる事もポイントです。

エコで健康面にも配慮した工法

エコで健康面にも配慮した工法

広和木材の木造軸組工法(在来工法)は地元産の東濃桧をはじめとした、材木屋だからこその目を活かし厳選した木材を使用します。
地元材や国産材を極力使う努力をする事で運搬にかかるエネルギーを削減したり、優良な木を育て地球温暖化対策にも優れた森林の整備に貢献します。
もちろん、ホルムアルデヒドやシックハウス症候群、アレルギー等の健康面にも十分配慮しながら設計・施工するため家族の健康面にも配慮した住宅を実現します。
これからの時代に求められた住宅といえるでしょう。

ジメジメとした日本の気候・風土に最も
適している

ジメジメとした日本の気候・風土に最も適している

ご存知の通り日本には四季があり湿度が高い気候・風土という特徴があります。
木造軸組工法(在来工法)は木材が湿度を調整し、身体に優しい空間を実現してくれます。日本人の生活スタイルに最も適した工法といえるのです。
最近では気密性も考慮され冬暖かい木造軸組工法(在来工法)も一般的です。

木造は地震に弱い…そんなことはありません

木造は地震に弱い…そんなことはありません

地震大国、日本。阪神淡路大震災をはじめ多くの地震災害を体験し、耐震対策は常に必須の条件となってきました。多くのデータ分析から大幅な法改正が行われ、木造軸組工法(在来工法)の耐震性は日々進化しています。木造軸組工法(在来工法)は地震に弱いというのは一昔前の考え方です。
現在も多くの木造軸組工法(在来工法)で建築された歴史的建造物はが残っています。腐ってしまわない様にしっかりとメンテナンスをしてすれば、100年・200年先でも木は強く美しく家を支えてくれます。

広和木材の家づくりの骨格

家を支える地盤の調査

家を支える地盤の調査

家が建つ地盤が軟弱なのか強固なのかは家づくりで一番重要なポイント。安心して住んで頂ける為にも、計画段階から配置計画に沿って数ヶ所スウェーデン式と呼ばれる調査を行います。調査結果を元に必要に応じて地盤改良工事が発生します。

耐震性の高いベタ基礎

耐震性の高いベタ基礎

基礎は、外壁や内部の壁の下に連続して設けた鉄筋コンクリートの基礎を採用し、住まいをがっちり支えます。
また底部は、床下の湿気から構造材を守る防湿フィルを配し、鉄筋入りのベタ基礎を採用して耐震性を高めています。もちろんシロアリも寄せ付けません。

耐震・防火・透湿性の高いダイライト工法

耐震・防火・透湿性の高いダイライト工法

家の外周部すべてをダイライトというパネルでグルッと囲みます。地震に対する耐力面材、外からの火災を防ぐ防火壁の役目は勿論、火山灰が原料なので、透湿性に優れ、木造軸組工法との相性は抜群。木の調湿作用を強力にバックアップしてくれます。

外壁には通気工法

外壁には通気工法

外壁に通気層を設ける事によって、通気層に空気の流れが出き、外壁内部に溜まりがちな湿気を通気層を通じて外に排出させる工法です。壁体内結露対策で柱などを腐らせず家を長持ちさせてくれます。また、外部の熱を室内に伝えにくくしてくれます。

炭を使った体に優しい防蟻処理

炭を使った体に優しい防蟻処理

シロアリ対策として有害な薬剤で処理された柱や土台が、長く生活する人に対して無害であるとは言えません。住む人にも優しい自然素材の炭を使って家も人も守ります。もちろん、木が腐りにくい工法を採用しているので防蟻処理は安心のおまけです。

次世代省エネ基準の断熱材

次世代省エネ基準の断熱材

断熱材は、単純に厚くすれば良いのではなく、隙間なく手間をかける事が大切です。しっかりとした施工を心掛け、高気密・高断熱で冷暖房効率が良く、地球にも住む人にも優しい家づくりを目指しています。

熱の逃げにくい複層ガラス

熱の逃げにくい複層ガラス

外部と内部で熱が一番逃げやすいのは窓です。窓ガラスを強化する事によって快適な室内空間を維持できます。複層ガラスにも様々な種類があります。地域や用途、ご予算に応じてご提案致します。

高齢者にも配慮したバリアフリー設計

高齢者にも配慮したバリアフリー設計

玄関の様な大きな段差は認識できるので比較的問題になりません。1cmや2cmといった小さな段差が実は躓いたりして大変危険です。各部屋への出入口には段差は発生しません。勿論、和室にもスムーズに出入りができる設計です。

広和木材の家は様々な設計に対応
(オプション)

税制優遇、構造から設備に至るご要望まで、様々な仕様に設計段階から柔軟に対応致します。

◎認定長期優良住宅
耐震性、省エネ性などを強化した長く住むをコンセプトにした家。税制優遇あり。
◎認定低炭素住宅
省エネルギーに特化した次世代省エネ基準を上回る新しい基準の家。税制優遇あり。
◎住宅性能表示制度
品確法により、住宅の性能を総合的に分かり易く表示した家。
◎ゼロエネルギー住宅
住宅が消費する1次エネルギーが概ね0になる省エネと創エネが融合した家。
◎スマートハウス
太陽光発電やHEMS等を採用し賢く家のエネルギーをマネジメントする家。
◎太陽光発電システム
創エネの代名詞。太陽のエネルギーを電気に変えるシステム。蓄電も現実的。
◎制震設計(ダンパー)
地震のエネルギーを熱に変えるダンパーを必要な所に配置した、揺れに強い家。
◎土壌蓄熱暖房
1年中温度変化の少ない土壌を深夜電力で温め、日中の家を温めるシステム。

© 2017 注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の
株式会社広和木材
. All rights reserved.