愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業 稲垣 重美ブログ

瀬戸市の家

2017年12月13日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

今回は、先月お引渡しをさせていただきました
『瀬戸市三沢町の家』のご案内をいたします。

お施主様の、A様のご計画は、市街化調整区域にての建築となりまして、
その他の申請事と合わせて、ご計画より2.年半の期間を要して、
今回、ご竣工を迎えられました。

奥様のご実家は、道路を挟んですぐ向かいにありますので、
ご実家との繋がりを感じながら生活の出来るご計画です。

設備計画では、ご主人様が当初よりご希望であった。蓄熱暖房機を2台設置され、
空気を汚さずに、夜のお値打ちな電気代を使用して、暖房出来る設備とされました。

きっと、この季節、蓄熱暖房機が活躍している事と思います。
蓄熱暖房機は、夜間の蓄熱時にも、放熱をしておりますので、
朝方にお家の中がヒンヤリしている事もございません。
ほのかに暖かいのです。

朝、早起きの奥様に優しい、優しいご主人からのご提案の暖房設備です。
今度、お邪魔した際には感想をお聞きしようと思います。

奥様は、こだわりのキッチンの他、玄関脇に設えた手洗い器や、照明など、
お気に入りの商品を設置され統一感のある設えとされました。

A様は、工事が進む中で、A様邸を担当させていただいた西尾棟梁とは
現場での納まりの相談やお打合せをする中で、とても仲良くされ、
今回のお引渡しの際には、『是非、西尾棟梁も来てください!』
とお言葉をいただきましたので、
当日、当社スタッフと西尾棟梁とでお引渡しをさせていただきました。
(グレーのトレーナーを着ているのが西尾大工さんです。親子みたいですね。)

工事を進めるにあたり、お客様との意見交換がしっかりできて、
信頼関係が出来る事で、良いお家造りが出来ると思います。

今後も、多くの方々と、今回と同じように、良いご縁がいただけたらと感じました。

最後に、この度、A様におかれましては、建築工事は勿論ですが、
敷地造成工事から、外構工事までトータルで当社にご用命いただきまして、
誠に有難うございました。

A様、ご竣工、おめでとうございます。

木曽川町の家

2017年11月22日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

今回は、先月お引渡しをさせていただきました
『木曽川町の家』のご案内をいたします。

建物本体のお引渡しは10月でしたが、
現在、外構工事もお世話になっておりますので
全ての工事完了は、11月末を予定しております。

お施主様の、W様の今回のご計画は、
市街化調整区域にての建築となりまして、その他の申請事と合わせて、
ご計画より足掛け3年の期間を要して、今回、ご竣工を迎えられました。

W様のご計画は、今後、お歳を重ねていくににつけ、
生活がしやすさに配慮され、平屋建てのご計画とされ、
住宅の中の段差をなくすことは勿論ですが、
現在、施工中のアプローチも段差をなくしすべてスロープのご計画です。

そのアプローチの仕上げは、
W様のお父様がご用意された板石を再利用して施工中です。

また、奥様は、一度に大勢のご来客がある事が多いそうで、
キッチン周りには、配膳のし易い巾広の配膳カウンターの設置をされてみえます。

敷地は南側にひらけた配置計画となっておりますので、
広めの縁側を計画され、南側のお庭には建替え前のお庭に植えられていた樹木を、
植え替えして望めるご計画です。

今回の建替え工事では、『全てを処分して、すべてを新しく』するのではなく、
今までお手入れされた樹木を残し、先代から引き継ぐものは引き継ぎながら、
住み慣れた地に、想いと思い出を感じながら生活できる様にご計画されました。

写真の模型は、W様ご自身が作製され、
縁側の庇のイメージや外観についてご検討されました。

W様の今回の住宅建築においての思い入れが感じ取れます。

最後に、この度、W様におかれましては、敷地造成工事から、住宅本体工事、
また、外構工事までトータルで当社にご用命いただきまして、
誠にありがとうございました。

それでは、今回は、『シニアに優しく、想いを積めたお家』
のご竣工のご案内をさせていただきました。

W様、ご竣工、おめでとうございます。

南国

2017年10月18日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

今回は、上棟の様子もご案内させていただいております、
『瑞浪市の家』のご案内をします。

お引渡しは8月の末でしたので、少し、お時間が経っておりますが、
A様の思いがつまったお宅のご案内をさせていただきます。

お施主様の、A様はご主人様が海に囲まれた沖縄県のご出身ですが、
今回、緑に囲まれた瑞浪市に住宅を建築されました。

お打合せの段階から、時々、『沖縄のお家は……』と故郷の住宅事情、
設えなどのお話を交えながら、計画を進めさせていただきました。

ご計画の中には、植物が大好きなご主人様のために、
屋上には植物を飾られる予定でルーフバルコニーとされ、
広々としたスペースを確保しております。

お引渡しは間に合いませんでいたが、概ね、工事が完了しておりましたので、
この夏の、瑞浪市の花火大会は、こちらの屋上からご覧になられました。

特等席です。

内装工事においては、奥様のご意見も交えながら、
南国情緒あふれる壁紙のご選定やガラスブロックの設置、カーテンの配色など、
玄関を入ると、何とも南国の雰囲気が漂います。

 

アクセントのある壁紙のご選定で、悩んでいる方々には、
参考にしていただけるお宅ではないでしょうか。

尚、現在は、お引渡し後、外構工事もご用命いただき、現在、外構工事施工中です。

この度、A様におかれましては、敷地造成工事から、住宅本体工事、
また、外構工事までトータルで当社にご用命いただきまして、誠に有難うございました。

それでは、今回は、『瑞浪市の家』、ご竣工のご案内をさせていただきました。

A様、ご竣工、おめでとうございます。

韓国家庭料理店 かくれんぼ

2017年10月4日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

今回は、小牧支店の近くで店舗新装工事をさせていただきましたのでご案内します。

『かくれんぼ』さんは、12年前にも店舗新装工事でお世話になり、
今回、店舗を新しい場所へ移転されるにあたって、ご用命いただき、
先月の9月19日にオープンされました。

お店は、韓国料理店で、オーナーさんは韓国の方で、
本場、韓国家庭料理がいただけますので
私たち小牧支店のスタッフも時々お世話になっております。

外観から韓国料理店をイメージさせない設えをご希望され、
オーナーさんのイメージをお聞きして、お打合せの上、今回の仕上がりとなりました。

 

現場が交差点の角地でしたので、施工中には、
信号待ちの歩行者の方や、時には車の中から
『こちらのお店は何屋さんですか?』なんてよく質問されました。

パスタとかいただける雰囲気ですよね?

当社は、住宅の建築をご用命いただく事が多いですが、
本社のブログでもご案内させていただいたように
『御菓子所 しん』さんの様な商店建築から、美容室、
ドックサロン、幼稚園、医療施設などもお世話になっております。

各オーナーさんの想いを形に変える事に、
住宅と商店建築に大きな違いは有りませんし、
施工技術にも違いは有りませんので、商業施設をお考えの方々も、ご相談下さい。

今回は、当社の施工事例であまりご紹介されていない、
店舗の施工事例をご案内いたしました。

小牧へお出掛けの際は、ランチもされてみえますので、
『かくれんぼ』さんに寄ってみて下さい。

『かくれんぼさん』、この度は大変お世話になりまして有難うございました。
また、お邪魔させていただきます。

名古屋市西区の家 上棟

2017年9月15日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

今回は、名古屋市西区にて先日、上棟をさせていただきました、
M様邸の上棟の様子をご紹介いたします。

 

M様は、和風の佇まいがお好みという事で、
HPより当社の事をお知りになり、お問合せいただきました。

お打合せ中は、完成見学会にお越しいただいたり、
ご契約後は、本社工場にて材料のご選定にもお出掛けいただき、
先日、上棟を迎えられました。

一階部分は、玄関近くにウォークインクローゼットを計画され、
ご帰宅された際には廊下に開放されたサニタリースペースを通り、
ご家族は衛生的にLDKに入室できる動線と、
玄関よりLDKに直接入室できるお客様の為の動線と2WAYの計画とされてみえます。

また、キッチンからはウォークスルーで、パントリーから水廻りへ抜ける動線で、
家事動線にはとても配慮された住宅に仕上がります。

今後、造作工事が進んでまいりますが、家事動線に配慮されたい方々には、
大変、ご参考にしていただける建物です。

小牧支店へご連絡をいただければご案内させていただきますので、是非、ご体感下さい。

こちらのM様邸は、お客様のご厚意で、
随時、構造から完成までの間、ご見学をしていただけますので
ご見学をご希望の方はご連絡いただきましたら、ご案内させていただきます。

お問合せお待ちしております。

(小牧支店までお電話をいただければ、大丈夫です。
TEL 0568-41-3950 担当 稲垣まで)

それでは、今回は、名古屋市西区のM様邸の上棟のご案内をさせていただきました。

M様、上棟、おめでとうございました。

住まいの耐震博覧会。お待ちしております!

2017年6月23日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店、営業の稲垣です。

当社、HPのイベント情報でもご案内しております、
『住まいの耐震博覧会』が24日(土)25日(日)の二日間、
午前10:00より、ポートメッセ名古屋にて開催されます。

住宅の建築をお考えの方々には、
大変ご参考にして頂ける中部地区最大のイベントです。

最新の住宅設備の展示や耐震に関する様々なセミナーなど、
ご参考にしてただけるイベントとなります。

当社も、出展参加させていただいておりますので、
昨日、会場設営準備に出掛けて来ました。

準備内容は、当社の展示ブースと、ご来場の皆様にご見学していただきます。

実際に建築する建物(木造2階建て43坪)を会場室内で建て方をしてまいりました。

イベント期間の2日間、ご来場の皆様にご見学していただきます。

会場内でクレーンを設置し、実際の建て方と同じ様に、組上げて行きます。

当日は、午後13:00から、作業開始
建て方が終了したのは、午後22:00でした。

実際の作業時間は、休憩を挟んで、約7時間でした。

毎年、実物躯体の建て方をさせていただきますが、
たったの7時間で組上げて行く、大工さんたちには、いつも感心させられます。

今回は、耐震博覧会準備の様子をご案内をさせていただきましたが、
会場にてお待ちしておりますので、お出掛けいただき、ご来場の際には、
当社ブースにてお待ちしておりますので、是非、お立寄り下さい。

『東郷町の家』 上棟式

2017年6月13日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店、営業の稲垣です。
今回は、東郷町のW様邸の上棟をご案内致します。

W様は当初、日進市での当社の自社土地のご購入をご希望され
お土地のご購入の件で、お問合せを頂きました。

 

その土地についてはご縁が無く、土地のご購入はされませんでしたが
その際に当社のご案内をさせて頂いた内容をご記憶頂いており、
当社のお家造りに共感を頂きました。

その後、建築地をご自身で探され、
今回、上棟の日を迎えられました。

おめでとうございます。

 

W様は、住宅についてのご要望が明確な方で、
ご予定の資金計画の中で出来る限り、
ご希望に叶う住宅になるよう、
お打合せを重ねさせて頂きました。

 

その結果、
自然素材を壁と天井の仕上げに採用したLDK
ご主人様の趣味の為のスペース(6畳大)の確保
梁を表しにした、2階の勾配天井の開放的な子供室
全室、床材は浮造りの、杉、無垢フローリング
6畳大の広々ルーフバルコニー
未利用スペースを収納としての活用
などなど、今後、W様がご希望の素敵な住宅に仕上がってまいります。

3月下旬に地鎮祭を催行され、5月下旬に上棟をさせて頂き、
現在大工さん造作工事奮闘中ですが、
外観はシンプルな和の雰囲気のお家に仕上がります。

 

  

 

今回は、『東郷町の家』をご案内致しましたが、
ご竣工の際には、また皆様にご案内させて頂きますので、お楽しみに。

 

最後に、W様におかれましては、この度の住宅建設におかれまして、
当社へご用命頂きまして誠に有難うございました。

先ずは、ご竣工まで、当社スタッフはもとより、
協力業者さんと共に精一杯、丁寧な建築に努めさせて頂きますので、
引き続き、宜しくお願い致します。

瑞浪市の家 上棟

2017年5月17日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

今回は、瑞浪市にて5月GW中に上棟をさせていただきました、
A様邸の上棟の様子をご紹介いたします。

 

A様は、小牧支店でお世話になったOB様からのご紹介で、
今回、当社にご用命いただきました。

建築地は瑞浪市ですが、
小牧支店で担当させていただいたOB様のご紹介でしたので、
お打合せは小牧支店にて進めさせていただきましたが、
現場監理については、地理的に現地に近い中津川本社の現場監督さんが、
ご担当させていただいております。

住宅を建設される際に、大切な事として、
性能やデザイン、価格などいろいろとご検討いただく事がありますが、
最も重要な事は、完成後に生活が始まってからの、
不具合などが有った際により早く対応させていただけるように
配慮させていただく事ではないかと思います。

勿論、出来る限り不具合の無いような施工には、
十分注意をして工事させていただいておりますが、
建築後のお付き合いが最も大切であるとの思いで、
今回は、より現地に近い本社からの工事ご手配で施工させていただきます。

尚、こちらのA様邸は、お客様のご厚意で、
随時、構造から完成までの間、ご見学をしていただけますので
ご見学をご希望の方はご連絡頂きましたら、ご案内させて頂きます。
(小牧支店までお電話をいただければ、大丈夫です。
TEL0568-41-3950 担当 稲垣まで)

それでは、今回は、瑞浪市のA様邸の上棟のご案内をさせていただきました。

A様、上棟、おめでとうございました。

始まりました!地鎮祭・着工・上棟、ラッシュ!

2017年5月12日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

住宅の建築計画をされる方々は、
完成の時期を新年にあわせて年内完成とされる方と、
お子様などの学校や、お仕事の関係で、
新年度に合わせて3月完成とされる方に、分かれます。

現在、当社では、年内完成をご予定されている方々の、
着工と上棟がはじまり、お蔭様で忙しくさせていただいております。

私共がお世話になっております住宅は、
完成までの全体工期といたしましては住宅の規模にもよりますが、
多くの方々が、5カ月から6カ月の工期が必要となりますので、
6月中に上棟をされる方々が、年内完成のお施主様となります。

当社は、専属の大工さんで工事をさせていただいておりますので、
忙しいからと言って、急に今までお付き合いの無い大工さんを集めて
工事をこなすような工事はいたしませんし、出来ません。

お打合せの段階から、完成時期についてはよくご相談させていただきます。

さて、今回は、一宮市にて4月末に上棟をさせていただきました、
W様邸の上棟の様子をご紹介いたします。

 

こちらのお住まいは、永年住まわれた住宅の建て替えをご計画され、
60歳代の方のお宅です。

これから、お歳を重ねられることにご配慮され、
出来るだけ段差の少ないご計画や広めのおトイレ、
奥様の家事動線に配慮された、平屋建ての落ち着いた佇まいに仕上がります。

W様は、当社の多くの見学会にお出掛けいただき、
各会場ごとで、良い事や、ご自身のお考えに合わない事など体感され、
今回のご計画が決定いたしました。

やはり、実際の建物をご見学いただく事が、
計画内容の検討には大切だと思いますし、参考になります。

今後、夏に向けて、多くの見学会の開催予定がございますので、
住宅をご検討の方々は是非、ご来場ください。

新しい発見や、気づきが有ると思いますよ!

それでは、今回は、一宮市のW様邸のご案内をさせていただきました。

W様、上棟、おめでとうございました。

建て始めました!

2017年1月11日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

年が変わりまして、当社も6日より通常営業となりますが
本年もよろしくお願い申し上げます。

今回は、年末に鉄筋工事でご案内いたしました、
鉄骨造の建物が本日より建て方が始まりましたので、
ご案内いたします。

小牧支店、平成29年、新年の最初の建て方となります。

1 2 4 5 6 7 8 9

こちらの現場は、昨年末に基礎工事を完了して、
年末・年始休暇の間は、基礎・地中梁の養生(ようじょう)
期間(コンクリートが硬化する期間)として、
本日より建て始めました。

コンクリートは打設する時期(気温)によって、
強度を変えて施工しますし養生期間も変えて
監理いたします。

夏季と冬季の工事では、コンクリートの配合(強度)や
硬化の為の養生期間などは違ってきます。

コンクリート工事は荒い工事のようで、デリケートな工事なんです。

気温によって、配合(セメントの料・水の料など)や、
硬さ・柔らかさなど、お菓子作りのレシピみたいな決まりが有ります。

今日は、天候にも恵まれて、朝の資材搬入から、
午前中の工事は順調にが進んでおります。

10 11 12 13 14 15 16 17 18

おおむね1週間で鉄骨工事完了の工程です。

3月の竣工に向けて、今後も工事を進めてまいりますが、
今後も、中々見る事が無い、いろいろな工事施工中の
ご案内をさせていただきます。

本日は、鉄骨工事のご案内をさせていただきました。

O様、上棟、おめでとうございます。

受け継がれる想い

2016年12月28日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

今回は、春日井市内にてお引渡しさせていただいた
H様邸をご案内いたします。

1 2

永年住まわれた住宅を解体され、
4世代でご同居される為に、建替えをご計画されました。

3 4


90代のお婆様と70代のお父様、
40代のH様ご夫婦と10代のお子様の
4世代でお住まいになられます。

今回のご計画は、建替えとなりますので、
解体工事よりご手配させていただきました。

解体工事で小屋裏の状況を確認に行った際に、
建築当時の棟札を発見いたしました。

 

5 6

昭和39年と記されていました。

今年、50歳になった私より古い建物です。
前回の東京オリンピックが開催された年に、
以前の建物は建てられていました。

お父様にお伝えすると、
是非、新しい住宅にも祀ってほしいとのお話でしたので、
先代の想いと一緒に、今回の上棟の際の棟札と並べて
納めさせていただきました。

7

また、解体してしまう住宅の建築材料を
何か、新しい住宅に使ってほしいとのご要望もございましたので、
最近では少なくなりましたが、和室2間つづきに施してあった欄間を、
新しい住宅に欄間をお掃除して、
2間つづきの和室に納めさせていただきました。

8 9 10

お婆様、お父様にとっては勿論ですが、
H様にとっても見慣れた材料が、
新しい住宅にしっくりと馴染んで納まっている事は、
安心と先代の方々への感謝の気持ちを忘れないお手伝いを
させていただけたと思っております。

H様ご家族様におかれましては、この年末年始より、
新しい住宅でお住まいになられますが今後、
先代からの想いを受けついだご新居にて、
素敵な時間をお過ごしいただければと思います。

11 12 13

それでは、今回は、ご家族皆さんの想いの詰まった住宅を
ご紹介させていただきました。

H様におかれましては、今年も残りわずかとなりましたが、
どうか、ご新居にて良い年末年始をお過ごしください。

 

鉄骨造の建物

2016年12月21日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

今回は、名古屋市北区で現在、施工中の
鉄骨造の建物をご紹介いたします。

1 2

当社は木造の住宅を中心に建築をしておりますが、
木造であっても住宅のみではなく
医療施設や、商店建築、大規模な公共施設なども
お世話になっております。

また、木造建築のみではなく、
鉄骨造による建物も手掛けておりますので
今回は、鉄骨造の施工現場を少しご案内いたします。

3 4 5 6 7 8

建て方の予定は、来年の1月9日からとなりますので、
現在、現場は基礎工事中で、
基礎の配筋工事(鉄筋を組上げる工事)が完了しています。

9 10 11 12 13 14 15 16 17

工事写真の中に、
人間の『アバラ骨の様に見える鉄筋』が有りますが、
この鉄筋を『あばら筋』と呼び、

18
『帯の様にアンカーボルトに巻いてある鉄筋』を
『帯筋』と呼んでいます。

19

共に、基礎がねじれようとする力(座屈する)に
対応する為の大切な鉄筋です。

木造の基礎配筋に比べると、
鉄筋の太さも量も随分、太くて鉄筋量も増えます。

鉄骨造は、木造に比べると柱の本数を少なく出来ますので、
スパン(梁間)を広く計画出来る事から、
空間を広く利用したい用途の建物に適した構造と言えます。

こちらの現場は、学習塾をされる建物ですので、
奥行10m間口14mの建物の中に外周部以外には、
柱は一本も無く、広い空間を有効に使える建物となる訳です。

現在、現場は来年1月の建て方に向けて、
着々と工事進行しておりますので、
建て方の際は、また、ご案内させていただきます。

今回は、当社のHPでご紹介されていない一面を
ご紹介させていただきました。