愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

支店スタッフブログ

木曽川町の家

2017年11月22日

小牧支店 営業 稲垣 重美

小牧支店 営業の稲垣です。

今回は、先月お引渡しをさせていただきました
『木曽川町の家』のご案内をいたします。

建物本体のお引渡しは10月でしたが、
現在、外構工事もお世話になっておりますので
全ての工事完了は、11月末を予定しております。

お施主様の、W様の今回のご計画は、
市街化調整区域にての建築となりまして、その他の申請事と合わせて、
ご計画より足掛け3年の期間を要して、今回、ご竣工を迎えられました。

W様のご計画は、今後、お歳を重ねていくににつけ、
生活がしやすさに配慮され、平屋建てのご計画とされ、
住宅の中の段差をなくすことは勿論ですが、
現在、施工中のアプローチも段差をなくしすべてスロープのご計画です。

そのアプローチの仕上げは、
W様のお父様がご用意された板石を再利用して施工中です。

また、奥様は、一度に大勢のご来客がある事が多いそうで、
キッチン周りには、配膳のし易い巾広の配膳カウンターの設置をされてみえます。

敷地は南側にひらけた配置計画となっておりますので、
広めの縁側を計画され、南側のお庭には建替え前のお庭に植えられていた樹木を、
植え替えして望めるご計画です。

今回の建替え工事では、『全てを処分して、すべてを新しく』するのではなく、
今までお手入れされた樹木を残し、先代から引き継ぐものは引き継ぎながら、
住み慣れた地に、想いと思い出を感じながら生活できる様にご計画されました。

写真の模型は、W様ご自身が作製され、
縁側の庇のイメージや外観についてご検討されました。

W様の今回の住宅建築においての思い入れが感じ取れます。

最後に、この度、W様におかれましては、敷地造成工事から、住宅本体工事、
また、外構工事までトータルで当社にご用命いただきまして、
誠にありがとうございました。

それでは、今回は、『シニアに優しく、想いを積めたお家』
のご竣工のご案内をさせていただきました。

W様、ご竣工、おめでとうございます。