愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

支店スタッフブログ

卒業式

2016年3月8日

小牧支店 総務 倉野

こんにちは。総務の倉野です。
 

日に日に暖かくなり春の訪れを感じていますが、まだまだ気温差が激しく
体調を崩しにくい時期ですので呉々も御留意下さい。
 
 
さて、先日我が家の末っ子が無事に義務教育を終えることが出来、中学校を卒業することができました。
卒業式A
1・2年生がインフルエンザで学級閉鎖の為、異例の3年生のみの卒業式となりました(・・;)
 
 
それは、今週行われる公立高校受験を配慮してのことで、式の間も必要なとき以外は全員がマスク着用でした。
 
 
その中で私が驚いたことは、卒業生の歌う声量。
マスクを付けながらにも関わらず体育館中に卒業生274名の声が響き、
お腹の底から心を込めて歌っているのが実感できました。
 
 
卒業式B
卒業証書授与では、息子も担任の先生から名前を呼んで頂くと大きな声ではっきり返事し、
後で何人もの先生が「いい返事だった!」と褒めて下さったので良かったです。
 
卒業式C
在校生がいなくて寂しかったですが、後輩たちが折り鶴で作った<情熱>に見守られる中、
先生方も保護者も号泣してしまうほどの感動的な式となり、
特に男子生徒が大勢泣いてしまったのがものすごく印象的でした。
 
 
卒業式D卒業式E
そして、記念に頂いた卒業アルバムもとても素敵でしばらく目が離せなくなりました!
 
 
表紙にある今年のテーマ[ 完全燃焼 ] が、全て3年担任と卒業生の名前になっている(゜o゜)! すごい!!
 
 
卒業式F
この中に息子の名前がありました!ちゃんと書かれていてよかった!
 
 
息子たちの学校では、卒業の少し前に授業内で(先生を通じて)親から子供へ手紙を渡すことをしています。
 
 
産まれてから今までのこと、これから新しい道へ進むにあたっての励ましの言葉など、
何を書いてもいいのですが、その手紙を渡された日、帰ってきてすぐに
「お母さん、僕を産んでくれてありがとう。」と言ってくれました。

母親としては一番うれしい言葉です。
 
 
私も改めて実家の両親に「産んでくれてありがとう。」と言葉で伝えようと思いました。