愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  小牧支店 設計 梶田 , 支店ブログ  >  YKKAP APW330 樹脂窓勉強会

支店スタッフブログ

YKKAP APW330 樹脂窓勉強会

2015年7月30日

小牧支店 設計 梶田

設計の梶田です。

先日、YKKAPの樹脂窓について商品説明勉強会を行いました。

01

アルミ窓、樹脂窓にそれぞれドライアイスをセットし、
熱の伝わりを分かりやすくして下さり、勉強会開始です。

02

なるべく伝わるように簡単にレポートしたいと思います。

さて、現代の家づくりにおいて最重要テーマの1つが「省エネ」です。

その省エネについて、どこを重視すると性能の良い家になるかといえば、
外部との温度差が一番低く、熱の出入りがいちばん多い開口部です。

窓の性能を上げることにより、窓から逃げる熱量を小さくし、
冷暖房の効率をアップさせてあげます。

樹脂窓を採用することによるコストアップ分は、
ランニングコストでカバー。

アルミ窓と樹脂窓を比較すると、
冷暖房費で年間2.3万円の節約とシュミレーションデータが出ているそうです。

2020年には戸建住宅にも省エネ基準が義務化になることから、
樹脂窓にハウスメーカーはじめ、関心が高まっているそうです。

そんな勉強会を40分程度した後、ドライアイスをセットしたサンプルを確認。

熱を伝えやすいアルミ窓は、ドライアイスの熱を奪う為早く溶けています。

0304

それに対して樹脂窓はまだドライアイスが残っています。

05

最初のドライアイスがデカかったんじゃないの?
と最初の写真を見て突っ込みたい人もいるかもしれませんが、
サッシ断面を見る限り、樹脂の熱の伝わりにくさがわかるかと思います。

06

今回はYKKAPの樹脂窓勉強会でしたが、
当社はLIXIL、三協アルミの取り扱いも行っています。

各メーカー、樹脂窓でなくても同性能の商品がありますので、
省エネ、窓に関してこだわりたい方、興味がある方は営業・設計にご相談下さい。

高スペック窓を採用し、低炭素社会に貢献していきましょう。