愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

支店スタッフブログ

手強かった金峰山

2015年3月18日

小牧支店 設計 岸

構造設計の岸です。

先日、KOWA TOZAN CLUBの活動で
長野県の金峰山に登山に行ってきました。
標高2,599mで日本百名山のひとつになります。
メンバーは松村さんと私の二人です。

最初は樹林帯の中を登っていきます。
雪はそんなにありませんが、念のために
チェーンスパイクを履いていきます。

写真①

以前に登った瑞牆山が見えてきました。

写真②

富士見平小屋に到着しましたが
お休みなようです。
前に来た時は、ここから富士山がみえたのですが、
今日は残念ながら雲の中です。

写真③

まだまだ樹林帯の中を登っていきますと
有名な「看板を食べる木」がありました。
木の生命力は凄いですね!

写真④

しばらく進むと大日小屋に着きました。
この小屋は無人で、非難小屋として使われているようです。
何かあったら非難せねば・・・。

写真⑤

さらに進むと大日岩に到着です。
小休止して、風景を眺めています。
松村さんは何を思っているのでしょう・・・。

写真⑥

長い樹林帯を抜けると、砂払いの頭まで来れました。
ここで松村さんに異変が!
急登の連続で足をやられてしまったようです。
ここからまだ1時間ありますので
無理との判断をされて一人で下山されていきました。
私は頂を目指します。

写真⑦

ここからが、さらに大変でした。
千代の吹き上げは右側が切れ落ちているため
慎重に稜線を進んでいきます。
しかし、もの凄い風で吹雪いています。

写真⑧

通常1時間で行ける所を
1時間30分かけて山頂に到着です。
山頂には私一人です。
あまりの疲労で倒れこんでしまいました。
倒れたまま撮った写真です。

写真⑨

五丈岩の方を見ると
吹雪で私の足跡がすでに消えているではないですか?

写真⑩

慌てて下山開始です。
慎重にルートを思い出しながら進むと、まだ登ってくる人がいました。
その人の足跡を頼りに、砂払いの頭まで戻ってこれました。
ホッとした瞬間です。

長い登山道を下っていきましたが
往復で9時間という行程でフラフラしながら
車まで戻れました。

松村さんは、無雪期にリベンジされるそうです。
今回はかなり手強い登山でしたが達成感はあります。
やはり楽しいですね!

それではまた次回まで。