愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

支店スタッフブログ

屋久島・宮之浦岳登山編

2014年11月4日

小牧支店 設計 岸

構造設計の岸です。
 
今回は「屋久島・宮之浦岳登山編」です。
 
宮之浦岳は標高1,936mで九州地方の最高峰となります。
日本百名山の一つです。
淀川登山口から白谷雲水峡までの縦走コースにチェレンジです。
1泊2日で約27㎞の行程になります。
 
屋久島の事を詳しく知りたいので、地元のガイドさん
「屋久島野外活動総合センターYNAC」さんに案内を
お願いしていました。
 
朝4時30分に宿泊先まで迎えにきてもらい
淀川登山口に向かいます。
登山口で行程を説明してもらい、準備運動をして出発です。

写真①

左端の方が、ガイドの小原さん
右端の方が、ガイドのさの君です。
松村さんと私以外にも二人の参加者の方がみえました。
 
登山道に入ると、さっそく大きな屋久杉が我々を出迎えてくれます。
この大きさでもまだ若いらしいです。

写真②

間もなく淀川に到着です。ここで一休み!
透明で綺麗な川です。飲んでも大丈夫ですよ。

写真③

屋久島は年に366日雨が降ると言われるぐらい
降水量が多く、雨を覚悟していましたが天気も良く
遠くの山も見る事ができました。

写真④

高盤岳です。通称トーフ岩
写真では解りませんが、高さは10mを超えているそうです。
 
しばらく進むと、見晴らしの良い展望台へ着きます。
展望台と言っても、岩の上ですが・・・。
そこからは黒味岳(写真中央)を望む事ができます。
黒味岳の山頂にも岩があり、白クマが横になっているように見えますが
写真が小さくて見えませんね・・・(笑)

写真⑤

さらに登山道を進むと、ん?獣の匂いがする・・・。

写真⑥写真⑦

ヤクシカとヤクザルです。
最初は驚きましたが、登山道には普通にいます。
警戒心は無いようです。
 
花之江河に到着です。
ここは動物達の貴重な水場のようです。
黒味岳が近くなってきましたが、昼食はこの裏側との事です。
まだまだ遠いですね~。

写真⑧

登山道は急な部分もありますが、皆さんスイスイ登っていかれます。
健脚な方ばかりです。さの君は20㎏以上の荷物を背負っているんですよ!
頭が下がります。

写真⑨

やっと投石平に到着しました。
ここが昼食の場所になります。昼食はお弁当になりますが
自然の中で食べるお弁当は最高ですね!
黒味岳を反対から見るとこんな感じです。

写真⑩

1時間程休憩して出発です。
まだまだ急な所は続きますよ~。ロープを使ったりして登っていきます。

写真⑪

急な所を登りきると、稜線上に出てきます。
稜線上をしばらく歩いていると、栗生岳が見えてきました。
この背後に、目指す宮之浦岳があります。

写真⑫

稜線からは変わった形の岩がたくさん見る事ができます。
特にこの岩!食パン岩と小原さんが教えてくれました。
2004年の台風で崩れてしまい、今の形になってしまったようです。

写真⑬

背後には翁岳や安房岳が綺麗に見えています。

写真⑭

やっと宮之浦岳の山頂に到着しました。
山頂からは永田岳が見えました。険しそうですね~。

写真⑮

皆で記念撮影!

写真⑯

団体のツアー客さん達もいなく、山頂はほぼ貸切状態です。
いや~この景色!写真ではなく実際に見ていただきたいですね~。
 
我々を待っていてくれたように、下山しはじめたら雲があがってきました。
この風景も幻想的ですね。

写真⑰

本日は、高塚小屋手前でテント泊です。
明日は早朝から「縄文杉」を目指します。
 
この続きは次回、「屋久島・縄文杉編」でお知らせしますね。
 
それではまた次回まで。