愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

支店スタッフブログ

決勝戦!!

2017年4月26日

小牧支店 設計 大前 卓司

こんにちは
設計の大前です。

先日4月に開幕した学童野球マクドナルド杯の
多治見市の大会が終わりました。

多治見市はスポーツ少年団、クラブチーム合わせて
12チームがエントリーしています。

この大会は全国はで繫がっている、
いわば小学生の甲子園みたいな感じで、
どのチームも気合が入っています。

そんな中、我が「小泉クラブ」は決勝まで進むことができ、
先日決勝戦を戦いました。

序盤に2点先取点をとりましたが、
その後はチャンスは何回がありましたが、
なかなか追加点が取ることができず、
逆にピンチの連続という手に汗握る展開でした。

しかしなんとか2点を守りきり勝利!

見事に優勝しました。

本当に心臓はドキドキ、手は汗だらけのしんどーい試合でしたが、
子供達は頑張ってくれまた。

バンザーイ!、バンザーイ!

次は県大会です。

各市町村の優勝チームと戦うわけですから、
一つ勝つことも簡単ではありませんが、
6月の県大会に向けてこれからも子供達と猛練習です。

これからもしばらく、休みは野球漬けです。

体は疲れますが、一生懸命になれることがあることに
日々感謝の気持ちを持って頑張っていきたいと思います。

岩登りを満喫、御在所岳

2017年4月25日

小牧支店 設計 岸

構造設計の岸です。

先日KOWA TOZAN CLUBの活動で
三重県の御在所岳へ登山に行ってきました。

メンバーは松村さん、越前さん、吉本君、吉本君の奥様と私の5人です。
私以外は初御在所です。

鈴鹿スカイラインの途中に車を停めて
中登山口よりスタートです。

スタートから急登と滑りやすい登山道で
皆さん苦労しながら登っていきます。

急登の途中には、御在所名物の奇石郡が現れてきます。
おばれ岩の間をくぐり抜けたり……。

不思議な地蔵岩に見とれたり……。楽しいです。

ロープウェイに乗れば楽ではありますが
こんな景色は見れませんよ~。

登山道にはキレットや岩を横切らなければいけない
危険箇所もありますが、慎重に進めば何の問題もありません。

おっと!その先は断崖絶壁ですよ~。
風が強いので飛ばされないように……笑

この先も急登が続きましたが、皆さん無事山頂に到着です!


山頂で昼食を済ませて下山します。
さて問題です!この岩、何に見えますか?

人によって見え方はそれぞれかと思いますが……。
今回のメンバーでも皆バラバラでした。笑

歩いて登り、下りてくるのは大変かもしれませんが
それだけの価値はあるのではないでしょうか?

今後も安全第一で色んな山に登りたいと思います。

それではまた次回まで。

バスケットボール観戦

2017年4月24日

小牧支店 設計 福重

こんにちは、設計の福重です。

先日、小牧支店の近くにあるパークアリーナ小牧へ
バスケットボールの試合を観に行ってきました!

2016年からBリーグが開幕されたこともあり
選手も演出も気合が入っている感じがします!

対戦カードは
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ VS 大阪エヴェッサ。

ドルフィンズは五十嵐圭選手が所属していたチームなので
知っている方も少なくないのでは!
現在は新潟のチームに所属していますが……。

試合はどちらもゆずらぬ接戦で観客席も気合が入ります。

結果は……

1点差で大阪エヴェッサの勝利でした!
最後までわからない試合の展開に会場は大盛り上がり!!

やっぱりプロの方の試合は迫力が違います。

これからどんどん盛り上がっていくBリーグ、
今後も要チェックです!

ZEHに関して

2017年4月24日

小牧支店 設計 伊藤

設計の伊藤です。

ZEHに関して、28年度の実績と今後の目標公表させて頂きます。

 

28年度の実績…53%(ZEH+NeariyZEHの合計)

 

28年度の目標…20%

29年度の目標…35%

30年度の目標…55%

31年度の目標…65%

32年度の目標…75%

 

以上を公表することにより、

今年度のZEHの補助金を申請できる工務店としてビルダー登録させて頂きます。

ピッカピッカの~1年生♪

2017年4月11日

小牧支店 設計 岸

構造設計の岸です。

桜満開の季節ですが、皆さんはお花見をされましたでしょうか?

岸家も毎年同じ所へ行きますが、今年は雨の影響もあり
花も少し散ってしまっていました。残念……。

先日、次男の小学校入学式に行ってきました。

私が小学生の頃は、お父さんが来てる家庭は少なかったのですが
今は逆で、来てない方がなぜ?という感じです。
時代の移り変わりですね~。

自分の体より大きなランドセルを背負って嬉しそうですね!


教室では知らないお友達ばかりで緊張気味です……笑

慣れるまでは大変かと思いますが、
子供達は馴染むのが早いので大丈夫でしょう!

たくさんお友達をつくって、
楽しい経験をたくさんしてほしいですね。

それではまた次回まで。

餅投げと建方

2017年4月6日

小牧支店 工務 吉本

こんにちは。

工務吉本です。ちょっと遅くなりましたが、
3月9、10日にK様邸の建方・上棟式を行いました!

今回は、上棟式後に餅投げも行いました。

建方は両日ともに天気に恵まれ、気持ちよく家の骨組みが
テンポよく組みあがって行きました。

大工さんの仕事ぶりはいつも真剣で
きれいな仕事ぶりには感謝感謝です。

大工さんがいるからこそ施主様の夢の形が出来上がります。(家が建つ)。
※大工さんのほかにも沢山の業者さんのおかげでもあります

3枚目の写真には化粧のタイコ梁が見えます。
リビングにドーンと一際存在感を放つ感じがカッコいいです!

2日目の夕方に上棟式・餅投げです。
上棟式の祭壇にはお餅・お酒・鯛等々……。

祭壇も大賑わいです(笑)

上棟式を執り行い、いよいよ餅投げです!!

今回、足場にてステージを組み、そこから投げます。

老若男女、沢山の方に来てもらい、
棟梁を初め、K様が餅・お菓子等投げます!

わいわいとにぎやかに餅投げも執り行うことができて
K様邸の上棟を祝えたのではないかと思います。

餅投げの際は、交通誘導等、支店の社員さんにも
お手伝いしてもらい安全にできました。

みなさん、ありがとうございます。

K様とはこれから家づくりの打合せをさせていただき、
笑顔があふれる家を一緒に創っていきたいと思います。

よろしくお願いします。

ナザレ幼稚園さんの樹木剪定とウッドデッキの清掃

2017年3月31日

小牧支店 専務取締役(支店長兼任) 倉野 義和

倉野義和です。

先月のお話しですが、2015年にお引き渡しした、
春日井市のナザレ幼稚園園長から、樹木の剪定をお願いされました。

当初出来る限り樹木は残す様に設計して、
素敵な空間になりましたが、落ち葉や樹液で、
どうしてもその下になるウッドデッキが汚れてしまい、
上履きが汚くなってしまうので、
デッキにかかる枝の部分を剪定しました。

見た目は少し悪くなってしまいましたが、
デッキにかかる部分以外の枝は残したので、
緑は保てるように配慮しました。

せっかくだったので、高圧洗浄機で汚れたウッドデッキと
付近のコンクリートアプローチの洗浄もさせていただきました。

その威力は想像以上で、思いの他綺麗になったので、
これからは他のお客さんの家でも時間があったら
「洗浄」に「参上」したいと思っています。(おやじギャグ入り)

今回の教訓としては、革靴で作業をすると、
ずぶ濡れになるので、長靴で作業することを学びました。(反省)

私たち広和木材は、材木屋なので、得意とする木を多用しますが、
外部に使うと、いくら良質の木でも、変色・変形はしてしまうので、
そのことを充分ご説明して、時々は手をかけてあげる事が、
長く使っていただく秘訣であることを伝えたいと思います。

以上、作業の報告でした。

M様 地鎮祭おめでとうございます。

2017年3月27日

小牧支店 営業 越前 光史

写真1
こんにちは、
広和木材 小牧支店 営業、
越前(こしまえ)です。

 

暦の上では、春分の日が過ぎ
桜の便りがあちらこちらで聞こえてきましたね。(笑)

皆様、ウキウキされていらっしゃる方多いんじゃないですか?(笑)

でも、花粉症の方は、これからたいへんな季節、時期になりましたね。
(悲しい……。でも自分は花粉症でないので
その気持ちがわからなく、いつも家族から非難されています。 笑……)

さて、先日3月25日(大安吉日)にたいへんおめでたいことがありました。

名古屋市守山区の閑静な住宅街にて
M様の地鎮祭を執り行わせていただきました。

 

今回は、土地探しからのスタートで駅にも近く、
東南の角地というたいへん立地条件が良い土地を取得でき
本当に良かったですね。

朝の静まりかえった空気感……神主さんの祝詞が始まり……
「これから、M様の一大プロジェクトがいよいよスタートするのだなぁ~」
と背筋がシャッキっと、自分の心の中で
新たに責任の重さを痛感させられました。

M様とは、出会いから、約1年半近くお付き合いさせていただき、
耐震博覧会のイベント、構造見学会などご参加いただき、
弊社広和木材をご用命いただきました。

本当に感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからまだまだ、決めることはたくさんありますが、
思い出、記憶に残る家にして行きましょうね。

そしてこれから、M様、広和木材と二人三脚で頑張っていきましょう。

地鎮祭中、和やか雰囲気が……

アンパンマン大好きなRくん……

倉野専務、Rくんのお世話をしていただき本当にありがとうございます。

Rくんのあどけないしぐさ、本当に愛らしいですね。
癒されますね。

やっぱり、アンパンマン効果ですね。(笑)

これから、半年間、M様の夢が形としてあらわれてきます。

現在打合せ検討中のログハウス調の杉板の壁、
クライミングウォール、ハンモック、雲梯、
ターザンロープなどに囲まれてRくんが楽しく
無邪気に遊んでいる光景が今から浮かんできますね。

これからも、オール広和で、全力でサポートしていきますので
引き続きよろしくお願いいたします。

卒業式な思い

2017年3月20日

小牧支店 工務 吉本

こんにちは。

かなりブログではご無沙汰な工務の吉本です。

春の陽気にこっくりこっくりしている今日この頃……
花粉症ではないことに安堵と同時に
いつ発症するかビクビクしています(笑)

皆さんは花粉症大丈夫ですか?

今回は、先日お引渡しさせていただいた
春日井市K様邸のお話しをさせていただこうかと思います。

K様邸を10月末に建てさせていただき、
完成するまでに何度も現場にて顔を合わせてお話し、
こだわりの家具の納まりや仕上材を決めて工事をしてきました。

こだわりを紹介していきますね。

まずは、玄関。

K様ファミリーの人柄が表れているかのような
優しく人を迎えるアール形状の玄関框

おしゃれな感じに仕上がりました!

つづきましてのこだわりは~
キッチン!

キッチン背面収納は世界で一つしかないオンリーワンな家具を作成!

オンリーワン……なんて素敵な言葉でしょうか(笑)

壁面には紺色のアクセントクロスを貼り、
またまたおしゃれな空間に仕上がりました!

 

僕の心の中で密かに「K様ブルー」と呼んでいたことはここだけの話です(笑)

本社にて選定していただいたブラックウォールナットで作成したTVボード!!!

かなーりかっこよく仕上がったのではないかなと自負しております。

さらにTVボード前に貼った無垢板のモザイクタイルが
また雰囲気を醸し出しております。

オリジナル建具として床から天井までのハイドアを今回採用してます。

床がナラの無垢板ですので同じくナラの板目を選定し作成しました。

キッチン背面の扉も同じくナラの板目で作成してます。

木種を揃えてますので空間に統一感がでています。

和室押入。

当初、押入上部はただの壁でしたが、工事を進めていく中で、
神棚を置くスペースが欲しいといことで壁に窪みを作り、
神棚スペースを作りました。

現場で話をする中でしか思いつかないこともあるので
現地を見ながら会話をするということはとても大事だと思います。

飾り床の無垢板もTVボードと併せてブラックウォールナットで作ってます。

トイレ・洗面化粧台。

トイレカウンターもオリジナルで作成しています。

トイレットペーパーの収納がおしゃれです。

クロスも正面にアクセントでオレンジを採用!
奥様のこだわりのカラーです。とてもあったかい空間です。

洗面化粧台も完全オリジナルです。

ミラーは施主様支給のモノを使用・化粧台と
ミラーの間にモザイクタイルを張り付けし
POPな印象に仕上がりました。

ほかにも沢山のこだわりが詰まったお家になりました!


素敵なご家族の家づくりのお手伝いができたことに感謝です。


お引渡しの際に、なんだか寂しくなり……気持ちは卒業式のようでした。

建物のお引渡しは終わりましたが、K様とのお付き合いはこれからです!

今後ともよろしくお願いします!!!
有難うございました!!!!

19年ぶりのリフォーム

2017年3月16日

小牧支店 総務 倉野

こんにちは。支店・総務の倉野です。

風の冷たい日もまだまだありますが、
日差しが暖かくなり少しずつ春が近づいている感じがします。

花粉症の方にはつらい季節となりましたね。

さて、我が家では19年ぶりにリビングの一部をリフォームすることにしました!

リビングにあった4畳半ほどの畳スペース。

子供が小さかった頃はお昼寝や遊び場として活躍していた場所です。
フローリングから1段高くし、その部分は引出し収納にしてありました。

子供達も成長し、家にいる時は各自の部屋で過ごすことが多くなった為、
最近ではあまり使わないスペースへと変わっていきました。

家のほぼ中心で、一番いい場所なのにもったいないなぁ……と思い、
主人と相談してもっと有効に使えるようにしよう!と決めました。

しかし、うちのことはいつも大工さんの時間が取れそうな時でないと無理なので、
数か月先かなぁ?……と思っていました。

ところが池戸大工さんが、来週なら!と
予定を組んで下さって実現することに!!

段差はなくしてフラットに。

腰板も張り替えました。

「ここに棚を作って、本を入れたい!」との要望にも
「いいよ!」と快く答えて下さり出来上がった棚を見た時は
感激してしまいました。

急に決めたこともあり、フローリングの色などは
じっくり選んだりできませんでしたが、
鈴木大工さんと池戸大工さんが何と3日で仕上げて下さって、
あとはもともとあった家具を移動しインテリアで変身。

このようになりました(^^) ↓

仕上がりを見た主人がボソッと、
[ いい仕事してくれるなぁ……] と言った独り言が
ずっと心に残りました。

一人一人の大工さん、業者さん、
社員の方々の丁寧な仕事によって
広和は成り立っていることを改めて実感した言葉でした。

今まで友達が遊びに来ても、
ダイニングでおしゃべりすることが多かったのですが、
これからはこのスペースを有効に使えそう。

私のくつろぎの場所になりました(^^♪

リフォームして本当に良かったと思います。

子供の成長や自立、変化していく家族の状況に合わせて
家も変化させていくことが毎日をより過ごしやすくすることを
日々実感しています。

リベンジ!草津白根山

2017年3月15日

小牧支店 設計 岸

構造設計の岸です。

先日KOWA TOZAN CLUBの活動で
群馬県の草津白根山へ登山に行ってきました。

昨年の3月にチャレンジしましたが悪天候のため撤退した山です。
メンバーは昨年に続き、松村さんと私の2人です。

スタートは草津国際スキー場からです。
始発のシャトルバスを車で待っていると悪いニュースが……。

山頂付近が風速20mを超えているため
ロープウェイの運転を見合わせるそうです……。

天候が回復次第動かすそうですが……。

1時間、2時間、3時間待っても動きません。
今年も駄目かと思っていたら、運転しますとの放送が……。
急いで準備してロープウェイ乗り場へ。

ロープウェイに乗り込みますが強風で左右に振られます。
大丈夫でしょうか……笑

山頂駅でパトロール隊の方にスキー場外へ出るための手続きをして出発です。
昨年は真っ白でしたが、今年はまだ目標が見えています。

新雪のためフカフカの雪に足をとられながら山頂を目指します。

稜線上では雪混じりの強風で顔が凍りそうです。
松村さんも寒そうです。笑

目指す山頂が見えてきましたが、ガスガスですね~。

しかし……運が味方してくれたのでしょうか?
山頂に近づくにつれて雲がきれてきました……。

この景色がテンションを高めてくれます!

雪庇に気を付けながら山頂へ!
ちなみに、草津白根山の山頂は冬しか登れないのです。
夏場は植物保護のため進入禁止なんですよ。

山頂で先行者の方に写真を撮ってもらいました。
ありがとうございます。
この方、日本百名山87座目だそうです。スゴッ!

昨年のリベンジに成功しました。
気分は最高です!

下山後は草津温泉へ
温泉に入り、湯畑を見学。そして温泉まんじゅう。
これも最高ですね~。

登山だけではなく、周辺観光も楽しめて良い一日でした。
来月の山ではどんな事を経験できるでしょうか?

それではまた次回まで。

風化させていけない。「備えあれば憂いなしですね。」

2017年3月14日

小牧支店 営業 越前 光史

写真1
こんにちは、
広和木材 小牧支店 営業、
越前(こしまえ)です。

 

久しぶりの投稿になります。(笑)

もう3月の中旬ですね。

時が過ぎるのは速いですね。あっという間ですね。

特に3月は年度末ということもあり、
世の中騒がしくバタバタする時期。

卒業、受験発表、転勤移動の時期など、
「喜怒哀楽」が激しい季節でもあります。

個人的には、また1つ年をとる。
(ついに大台にちかづきました……。)

でも、あれから早くも6年が経ち、
決して忘れてはいけない、
風化させてはいけない「3.11」東日本大震災。

犠牲者の方々へ、黙とう、
哀悼の意を込めてお祈りをささげたいと思います。

連日の報道をみて、
改めて自然の脅威をまざまざと感じさせられました。

「まだ、震災は終わっていません。」の
残された遺族の方々の一言が……
心に重く圧し掛かってきました。

私達が住む地震国 日本

連日、TVをみていると、どこどこで地震がありました……
速報が流れております。

規模は小さいが……

これが大地震の予兆かと思うと本当に夜も眠れません。

我々が住む中部東海エリアも、常日頃から言われている
「東南海地震」が起こりうる地域として報道されております。

さて、我々に何ができるのだろうか?

何がご提案できるのだろうか?

25年以上建築の仕事に携わってきて、
いつも思ってきたこと。

家、マイホームは「家族の命、財産」を守る
「核シェルター的」存在。

もちろん、外観デザイン、住設機器も大事です。

しかし、それ以上に「構造躯体」も大切だと思います。

最近、免震、制震、耐震のキーワードで技術が進歩してきて、
災害に強い家づくりを国も推奨しております。

そこで弊社広和木材として、備えあれば、憂いなし
「制震ダンパー」に着目しております。

必要最小限の初期投資で、
少しでも長く安心して住める家が本当に良いですよね。

新築時は、当然丈夫で強く安心。

しかし、年数が経ちこれだけ頻繁に余震等が続くと、
建物内部の金物釘など一点集中荷重など強度低下の恐れが……。

そのような状態で、大震災が万が一来たとき……
建物への影響が……

地震保険に入っていても、建替えできるほど金額が……???

まだまだ、お伝えしたいことがありますが……、

この続きは、ぜひ建築中の現場案内や
施工事例等でお話できればと思います。

ぜひ、広和木材へお問合せご相談、
資料お問合せ等お待ちしておりますね。

広和木材 小牧支店 越前(こしまえ)でした。