愛知県の注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

愛知県の注文住宅なら株式会社広和木材トップページ  >  社長ブログ  >  毎年の恒例行事が終わるともうすぐ秋が……

社長ブログ

毎年の恒例行事が終わるともうすぐ秋が……

2016年8月31日

社長ブログ

 

皆様におかれましては残暑お見舞い申し上げます。
毎日暑い日が続きますが如何お過ごしでしょうか?

 

今年の台風は例年と違って、いきなりどんどん北上してきてますね。
特に関東から北海道にかけてが大変のようです。
これからの台風は、離れていても恐ろしく雨が降ることも……
皆様におかれましては、災害に遭わないことをお祈りいたします。

 

全国的に8月といえば「お祭り」でしょうか。
本社のある中津川市でも8月12日には花火大会、13日にはお祭りがあって、
今年は中津川のお祭りを「おいでん祭」(おいでんさいと読みます)と命名してから30周年であり、
歴史絵巻からできた「風流おどり」(ふりゅうと読みます)も市民参加型として盛大に行われました。

風流おどり
(中津川駅前での、おいでん祭・風流おどりです)

 

そして、その翌日14日には「ぎおんばジャンボリー」という
津島神社から旧中津川市の子供達のお灯明提灯行列を一同に集めた大会があって……
18年も前から事務局を自分が任命を受けて……KOWAの4tトラックを1年に1回運転してステージにしています。

 

13日開催の「おいでん祭」の「風流おどり」は雨乞い踊りであったものらしく、
14日には午後5時頃、どしゃ降りの大雨に開催も危ぶまれましたが、
1時間程すると何とか回復して開催することが出来ました。

ぎおんば
(アピタ前のにぎわい広場に2000人もの小中学生が各地域から集合してくれました)

 

毎年のお祭りと言えば……
自宅がある会所ヶ丘区での地域夏祭りも39回目を迎えての開催をしました。

毎年8月第一土曜に開催するお祭りは、
自分が中学生の頃に新しい住民や地域の子供会との交流の場として
父母達の年齢の方々が中心となり始めたものです。

会所ヶ丘区地域夏祭り
(会所ヶ丘区地域夏祭りは「ふれあい広場」をテーマに準備OKの風景です)

 

何年か前には、準備やら片付け、当日の各班でのバザーなどが大変だからという一部の声に、
住民投票までして存続してきた地域祭りです。

来年は40周年という節目ですが……よくも頑張ってこれたものだと、地域役員皆さんと喜んでいます

 

そんな、地域を大切にしてくれている父母達ももう高齢者となり
自分の世代が中心となっていく様な、世代交代の時期を私達の地域も迎えています。

 

企業もそうですが、年齢と共に1年ずつ年を重ねて成長することは、
あたりまえの様で中々大変なことでもありますが、
会所ヶ丘区の地域祭りの様に「ふれあい広場」という「気持ち」を大切にして、
その心を受け継いでいく素晴らしさが継続につながると思います。

 

弊社も「広がる空間・家族の和」をテーマにいつまでも頑張っていくことが、
お世話になっている皆様への安心なのかな?と思うこの頃です。

 

毎年の恒例行事が終わると……

さあ!秋の建前シーズンに向けても頑張っていこうと社員と共に張り切ってます!

これから「馬肥える秋」で食べ物も美味しい季節を迎えます。
そういえば……中津川名菓「栗きんとん」も初物が売り出しされました!
皆さんも中津川にお越しの際には「栗きんとん」もご賞味下さいね!

ありがとうございました。